兵庫県三木市にて設置予定の自社の高圧太陽光2基の先端設備導入計画を、

先日三木市に認可して頂きました。

 

1箇所目は、来月5月末設置

もう1箇所は今秋設置予定での計画です。

 

認可書は、、、

 

 

こんな感じです。

先端設備導入計画とは、生産性向上特別措置法において措置された、中小企 業・小規模事業者等が、

設備投資を通じて労働生産性の向上を図るための計画です。

国・市町村が一体となって、中小企業の生産性向上を後押ししてくれます。

 この計画は、所在している市区町村が国から「導入促進基本計画」の同意を受けている場合に、認定を受けることができます。

 

要するに、設備投資しようとする自治会に申請して、国から同意を得たら、認可されるということです。

 

認可されると、申請した設備の固定資産税の特例措置を受けることができます。

3年間対象設備の固定資産税が0円になります。

 

今回は、この制度を利用して、三木市で行う2箇所の高圧太陽光発電設備の認可をとりました。

対象は、太陽光のすべての設備ではなく、パネルとパワコンとキュービクルです。

 

三木市の場合、申請が独特で、三木市中小企業サポートセンターで、申請内容についての相談、

計画、添削指導があります。

こちらの指導がないと、三木市は受理してくれません。

 

そこで、中小企業サポートセンターに行き、指導を受けました。

指導受けること6回。

なんとか、サポートセンターのOKをもらったあと、

経営革新等支援機関からの確認書の交付申請をします。

 

通常なら融資してもらう金融機関が手っ取りばやいのですが、

今回の融資してもらう金融機関は、確認書の発行認定機関でなかったので、

三木市の商工会議所にお願いしました。

すると、確認作業が早い!!

申請して、3日程で確認書も頂き、

最後は三木市へ申請。

 

すると、サポートセンター、商工会議所が連携していますから、これまた早く、

すでに三木市から国へ相談済みらしく、申請して2日で認可!!

 

びっくりなスピードです。

 

個人的な感想ですが、サポートセンターの指導がしっかりしているので、

そこで時間がかかりますが、指導者からOKでれば、すごく早いです。

 

私自身、お客様の先端設備導入計画の申請のお手伝いを過去4回ほどお手伝いをしましたが、

三木市みたいなサポートセンターはありませんので、申請してから1か月は認可にかかっていました。

 

いいのか、悪いのかはわかりませんが、三木市のサポートセンターもしっかりしているんだなと感じています。