正直やめてほしいです。

 

台風が8月24日に引き続き、兵庫県南部に上陸。

 

今回は神戸市。(前回の20号は姫路市)

 

わが街三木市も、強風にさらされました。

 

報道でもありましたが、大阪ではかなりの被害。

関空では、瞬間最大風速58m。

第2室戸台風並みだそうです。

58年ぶり?の「非常に強い」で上陸した台風。

 

ただ、太陽光のパネルにとっては、台風が通過するまでは、南東の風に

さらされますので、真南方向に向いている太陽光だと、

とりあえずは、パネルが押さえつけられる方なので、基礎部分がしっかりしていれば、

耐えられます。

しかし、通過後、北西から、だんだん西からの風に変わりますので、

パネル裏側へ吹き付けてきます。これが、きつい。

弊社の架台の設計は、風速36mから40m。

場所によって、使い分けています。

アルミ架台については、40m以上の設計はできないと、メーカーに言われています。

 

時々、他社でみる、風速32mとか34mの設計。

大丈夫なのか?と思うのですが、価格が安いからと選ぶ人もいます。

パネル飛んだら、保険対応すればいいと思っている人もいますが、

もし人命奪ったら?と思うとぞっとします。

そもそも、事故を起こした場合、周りの方々の反対など出て、再建できないリスクも

あるので、事故を起こさない設計が求められます。

 

今後も、太陽光は推進していきますので、より台風に強い設計を求めていかなくてはと、

思いました。

 

台風の事を考えたら、弊社の支店がある米子の方が、

中国山地で、台風の勢いなくなりますので、日照も兵庫南部と変わらないから、

いいなぁーと、改めて思いました。

いろいろ考えさせられた、今回21号の通過でした。

 

それで、肝心の被害ですが、台風通過後の昨日夕方より、また見回りです。

 


 

約3年前に連系した、当時32円の低圧太陽光。

基礎はコンクリート。

基礎の間隔が3m切っているので、

今のJIS2017より架台強度があります。

画像の通り、裏が県道なので、強度を上げたのですが、、、、

 

朝一、出張前だったので、今朝は3か所ぐらいしか回れませんでしたが、

今のところ兵庫は被害なし。

滋賀でも、何か所か設置販売しているので、そこの被害が少し心配です。