今期もあと半年。

 

今年なんて、あと4か月です。

 

太陽光の販売は、今期はすでに我が社は終了して、受注制限中。

 

今、注文いただいても来年4月以降にしか、着工できない状況です。

 

ですから、私は日々今期の工事や手配関係をし、

 

商談は来春以降の着工でお願いしますと申し上げています。

 

そんな中、金融機関さんと話すことも多く、太陽光の融資は2極化してきたな、という印象。

 

 ①今から太陽光をする人→融資は厳しい。

 ②個人より法人の方が確実に有利。

 ③今まで融資に積極的なところが、消極的

 

などなど。

先日、某政府系金融機関の方と話すことがあったのですが、

この金融機関さんの支店は、太陽光に消極的になりました。との事。

 

理由 経産省の認可遅延がひどいのが最大とか。

 

えっ!お宅も政府系でしょ?と思いながら、経産省がすでにリスクだそうです。

だから、支店的にはNGになりつつあるとのことでした。

(そんなNG支店から、低圧1基個人で融資してもらったのですが、、、)

 

確かに。

何をするのにも認可に6か月必要。

さらに、名義変更なんかは、申請写しで発電開始できるために、

認可前に売電収入が入り始めます。

しかし、JPEAの審査で不認可になり、事業自体が頓挫。

挙句の果てに、売電収入返金となります。

認可のトラブルが多いとの事。

さらに、名義変更やパネル変更がいつまでたっても、認可されず、金融機関として確認の手間がかかる。

経産省よる官民圧迫状態。

 

そんな状態なので、融資も消極的にはなりますが、

その中でも、まだまだ融資してくれるところがあります。

○○銀行 、△△信金 

理解ある銀行を見つけて、早急に審査した方がいいと、私自身が感じるようになりました。

 

理由

①頭金0円で大丈夫だったところが、1割→2割 と増やしてきている

②15年返済可能だったところが12年、10年と短くしてきている

③個人、法人ともに融資可能だったところが、個人は不可にしてきている

 

など、条件が悪く、門が狭くなってきているからです。

ただし、法人については門は広がってきていると思います。

(太陽光のみの法人は除く)

 

共通して言えるのは、お金持ちにお金を貸したい金融機関。

ですから、一日でも早く融資を獲得し、太陽光を建設し、

実績をつくり、好循環させるようにしないといけません。

 

私も、今期は2.3メガの融資決定を目指し、日々金融機関と交渉中です。