先日、インターネットからお問い合わせいただいた低圧太陽光4区画のメンテナンスに

お伺いしました。

 

ご相談内容

 

①4区画のうち一つが発電量がおかしい

②今の電力量監視システムがうまく作動しない。

 

ということで、事前に先に監視システムからデーター解析をしました。

確かに、ご指摘の第一区画は発電があまりしていません

そして、第三区画もおかしくありませんか?と指摘させていただきました。

第一区画は、パワコンのソフトフェアーの更新がおかしくことが、

事前にわかりましたが、

実は別々発注をしているために、相談できるところがないというのが、

本当のところでした。

最近時々あるのですが、別々発注。。。。

これ経費は安くなるかもしれませんが、トラブルが一度発生すると、

どうにもならない事が多いのです。

①責任のなすりつけ合い

②商品は、商流ルートからの修理依頼をお願いしてほしいと、メーカーからの返事。

 だから、すぐの回答来ない。

③ごみの処理など、責任者がいないから近隣とのトラブルが発生しても、対応できない。

④そもそも荷受けをしてくれる人がいない

などなど。

工事前、発電開始後などトラブルに弱いのです。

今回もこのケース。。。

責任者不在状態でした。

 

とりあえず、そもそも工事が悪いので、すでに施工しているところが信頼できませんでしたから、

パネルが地絡してないか、パネル専用地絡計で測定。

これを持っていない業者が多いです。。。

合わせて、アレイテスターでも検査。

 

どちらも異常ありませんでした。

そして、電力量監視システム。。。

RS485配線が外れていました。

これは、太すぎる電線を使用しているので、

うまく基盤に噛まないのが原因です。だから、監視システムがエラーを起こしていました。

 

次に、施主様は気づかなったですが、弊社で指摘した区画に。。。

ところが、すでによくブレーカーが落ちる症状が出ていました。

原因は

端子が焦げています。すでに煙がでていました。

いわゆる締め付け不足です。

ほとんどしまっていませんでした。。。。

 

そして、こちらも念のためにパネル、パワコン全部を検査。

パワコン1台のコネクターが焦げ付き、焼き付けを起こしていました。

コネクターの施工不良。。。

 

別々の発注は、だいたいトラブルがつきものです。

それを避けるためには、

しっかり責任とれる業者に施行依頼してくださいね。

20年間の事業ですので。。。