先日、難病指定されていない難病とも言われている【慢性疲労症候群】の患者さんのイベントとして、


オンライン講演会を開催いたしました。

代表の財部さん、自らも患者でありながらも患者会を立ち上げ、少しでも同じ思いの方々に届くようにということで、企画され、僕達もそこに賛同して実現しました。


慢性疲労症候群に詳しい三羽先生のご講演もとても患者目線のものだったと振り返っています。

少しずつ、一歩ずつ明らかになってきている慢性疲労症候群ですが、


まだまだ理由がわからず苦しんでおられる方もいらっしゃると思います。

次回もそんな方々に届けばいいなと思います。