行政の役割

テーマ:
行政がはたす社会的役割を

3つの視点からおはなしせていただきたいと思います。

 市民目線からの行政の役割関係は市民税だったり、地方税に対する納税の義務、議会を形成する投票
直接請求、住民投票、住民監査請求及び住民訴訟の制度が保障されています。

 また行政サイドからは、市民にたいする、公共性サービス(あまり言い方として好きではない)、情報の提供、生活インフラを支える役割を担っていると考えられます。
市民は行政に依存する意識を改革し、自らが積極的に行政へ参加する意識を持つ必要があるのではないでしょうか?

ただ、税収の増加が見込めない今日にあって、国、県、自治体は財政的に厳しくな
り、これまでのように公共サービスすべてを行政中心で行うことが困難になり
つつあります。と同時に、生活スタイルの多様化、核家族化の進展などの生活
環境の変化に対応した、新たな公共サービスも模索される時代になりました このような時代背景をふまえて、これからの社会を考えると、「公共」とい
う概念を問い直し、「新しい公共」の概念を考える必要があります。その中
軸にあるのが今回の3つの視点である「市民、企業、NPOの行政の協働」という考え方です。
 行政は、市民との協働、民間へのPFI、PPPや、企業への委託等によって、これまで自らが担ってきた「公共」の範囲を縮小し、「新しい公共」空間の創出に努める必要があると考えられます。
いままでのように弱点でもある国からの多恵割り行政で対応していくのでない市民の声に耳を傾けて市民の為に何かを作り上げていくという、新しい施策展開をする為のきっかけとしてこれから市民目線行政の社会的役割会役割があるのではないかととではないかと思います


二つ目の視点企業は行政に対してです。
納税の義務だけでなく、これからの形は利益最大化だけでなく、より社会的な尺度で評価される社会性を重視しながら市場で活動する事業体でありうるべきであると思います。
行政は企業に対して専門的人材の不足を補完しあい、専門的な知識を吸収し
民間活力刺激をあたえあう関係でり、役割でなければならないと行政は法律にしたがって活動しますが、その法律を実際に運用しているものが行政(政府)です。わたしたちが、健康に(えいきょう)のないものやサービスをてにいれたり、企業が安心して仕事をするためにも、行政は大事な役割を果たします。

3つ目はNPOから見た目線で市民活動の延長ともいえ、包括的でよりさまざまでセクターに足してこれから密接し、連携してしていかなければならないと思います。
 NPOとは、なによりも、「市民の発意に基づき、市民によって担われる、市民のための活動」であることが基本的な姿です。
 行政の施策に基づいて作られたり、節税のために
多くのNPOは、独自の価値観に基づき、行政とはパートナーシップを持たない状況で活動してるNPOもございますが、
 ややもすると、行政とパートナーシップを持っているNPOが、行政とパートナーシップを持っていないNPOよりも、いわゆる立派なNPOと考えてしまいがちですが、このような基準でNPOを判断すべきではありません。
ですから、まず、NPOと行政の関係の基本は、お互いに独立した別個の存在として  あるということを理解することが重要です。
 その上で、独立した存在としての二者ではありながら、共通の目的に取り組むために、適切なパートナーシップを築くことでこれからは重要になっていくのではないでしょうか?



3つの視点からみた行政のこれからの社会役割は市民、NPO、企業をはじめとする多様な主体が、互いに支えあい、補完し合いながら、健全な社会
を作って運営できる担い手になっていく活動内容領域をひろげ、しっかりと共同していけるようになることが大切であると考えられrます

市民ニーズへの対応・行政サービスの効率化・公共サービスの質の向上・市民参加の促進・新しい地域社会のしくみづくり - See more at: http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/%E5%AE%98%E6%B0%91%E9%80%A3%E6%90%BA/812/#sthash.mBDjpVfD.dpuf

国が決めたことをそのまま実施していればいいという旧来型の地方公務員の仕事のスタイルではなく、市民の声に耳を傾けて市民の為に何かを作り上げていくという、新しい施策展開をする為のきっかけとして「協働」という言葉は面白い使い方ができるのではないかと思います。行政が市民活動・NPOと協働するということは、正に行政の内部が変わっていくことだと私は見ています。そういう視点で皆さんにも協働を捉えていただければと思います - See more at: http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/%E5%AE%98%E6%B0%91%E9%80%A3%E6%90%BA/812/#sthash.mBDjpVfD.dpuf

国が決めたことをそのまま実施していればいいという旧来型の地方公務員の仕事のスタイルではなく、市民の声に耳を傾けて市民の為に何かを作り上げていくという、新しい施策展開をする為のきっかけとして「協働」という言葉は面白い使い方ができるのではないかと思います。行政が市民活動・NPOと協働するということは、正に行政の内部が変わっていくことだと私は見ています。そういう視点で皆さんにも協働を捉えていただければと思います - See more at: http://tkfd-shumatsu-gakko.jp/%E5%AE%98%E6%B0%91%E9%80%A3%E6%90%BA/812/#sthash.mBDjpVfD.dpu国が決めたことをそのまま実施していればいいという旧来型の縦割りスタイルではなく、市民の声に耳を傾けて市民の為に何かを作り上げていくという、新しい施策展開をする為のきっかけとして「協働」という言葉は面白い使い方ができるのではないかと思います。行政が市民活動・NPOと協働するということ