質問

 

回答

私であれば、子どもがイライラしたときはゲームをして楽しみます。
(黒板で「絵しりとり」などよくやります。) 
 
 
そして、良い雰囲気で安定しているときに褒めたり認めたりして行動を上向きにさせていきます。 
 
「楽しい状態」は、子どもも安心感をもって先生の言うことが入るので、些細なことでも褒めると素直に受け入れてくれます。
 
 
一方、調子が悪いマイナス状態では、褒めても認めてもマイナスのリカバリーにしかならず子どもの行動も変わりません。
 
もし、子どもと先生の信頼関係が未形成の場合は、リカバリーすら不可能です。
 
 
まずはミニゲームでも、アイスブレイクでも良いので楽しい雰囲気づくりから始めることが良いと思います。
 

==============================================

 

授業実践、子ども対応をまとめブログ→https://teachers-job.com

Twitter→https://twitter.com/tomo_haruuu

 

(第2版販売開始しました!)

特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則 特別支援教育の知識で全員を育てる! ユニバーサルデザイン学級への6原則

1,480円

Amazon

 

小学校教育 ブログランキングへ 

 

にほんブログ村 教育ブログ 小学校教育へにほんブログ村