時計の針と糸 | 山路智恵 絵手紙ブログ

山路智恵 絵手紙ブログ

1988年4月、小学校入学の日からはじめた絵手紙。
現在は、ハガキはもちろん、畳数畳もの大きな作品を描いています。このブログでは山路智恵絵手紙美術館の情報や、山路智恵の絵手紙や創作風景、日々の出来事などをご紹介します。


テーマ:



時計の針が糸を縫うように丁寧に進められたらいいなぁと願いを込めて…
来年の干支(酉)の吊し雛をかきました。
年の瀬の慌ただしい時間の流れに、深呼吸するも、なかなか余裕がありません。

tomoeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス