山路智恵 絵手紙ブログ

1988年4月、小学校入学の日からはじめた絵手紙。
現在は、ハガキはもちろん、畳数畳もの大きな作品を描いています。このブログでは山路智恵絵手紙美術館の情報や、山路智恵の絵手紙や創作風景、日々の出来事などをご紹介します。


テーマ:



2017年度 山路智恵絵手紙美術館のパンフレットは、素桜神社の神代桜(長野市)が表紙で三つ折りです。

素桜神社の神代桜は、エドヒガンザクラで唯一国の指定を受けた天然記念物。根回り約9m、推定樹齢1200年の巨木。

伝承では、スサノオがこの地で休んだとき、手にしていた桜の木の杖を池辺に差したところ、それが成長したものとされています。

神様や桜の精霊の息づかいが伝わってくるような一本桜。

自分で手作りした額に入れて、新企画展『智恵の城と桜ーめぐる季節 夢のあとー』の会場内で展示しております。




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:





亀戸天神社の藤まつりへ行ってきました。

境内一面に咲き誇る藤の香りに包まれ、心が春色に染まります。そして同時に夏へ向かうまなざしを感じました。
太鼓橋を背景に心字池に写る藤の花、藤棚を見上げた時に降り注ぐような藤の花房がキラキラ輝き、美しい藤娘が舞い踊る姿が浮かんできます。
藤の蕾をついばんでしまう鳩を追い払うため、鷹やフクロウ、マレーワシミミズクたちが藤棚の下でスタンバイしていました。時々はばたいて、大活躍。明日まで来ているそうです。
クロロウバイやキバナフジなど境内にはかわいい花が咲いていて、自然の中でほっとしました。
人出が多く、連休中はさらに混むようです。藤に誘われて人だけでなく、蜂や鳥たちも集まってくる不思議な魅力に引き込まれました。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




高さ333mの東京タワーにちなんで、4月5日(水)~5月7日(日)まで、1階正面玄関前に、カラフルな「鯉のぼり」が333匹泳いでいます。
また細長い見た目の「さんまのぼり」と大漁旗もはためいています。
この「さんまのぼり」と大漁旗は、秋の恒例行事「三陸・大船渡 東京タワーさんままつり」を通じて友好関係にある岩手県大船渡市へ、復興のエールがこめられました。
夜になると鯉のぼりのライトアップも行われます。
滝ではなく東京タワーを登っていくような勢いある鯉のぼりとさんまのぼり。
特にさんまのぼりと大漁旗は風がないとしぼんでしまうので、風を待ちながら、スケッチ。
もうすぐ子どもの日。東京タワーで季節の風を感じてきました。





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。