変わってほしくない一線。

テーマ:
ブログデビュー4338日目。

お盆の飾りのラストスパートを終え、早めにお墓参りに行ってきました。お墓参りは毎週行っていますが、お盆となるとやはり特別な気がします。

個人的には、人間は死んだら終わりで霊魂など存在しないと考えていますが、それでもお墓参りを欠かさないのは、その行為によって脳内のアーカイブから当時の記録を抽出し、脳裏というスクリーンに映像化するためです。


霊園内に漂うお花の香り、お線香の香り、土の香り、風の香りと肌触り、空の青さ…。そんなレイヤーによって味付けされた情報群が、時空を飛び越えて当時の自分に戻るトリガーとなります。

そして、「お天道様が見ている」とか「ご先祖様に恥をかかすな」などの道徳観は、お墓参りでこそ養われる。海洋散骨ではこうはいかないのではないか?やはり伝統は伝統として守っていくべきだと思います。


今日も無事に過ごせました。
この一瞬、この命に感謝。

コメント(2)