前回の続きです。





さて、わざわざホームエンジニアさんに呼び出され、説明されたトラブルとは。




ヒントはこちらです。







家の中に入って


わーー!!フローリング完成してるー!

という感動はあったものの、




ん?養生しなくてええの?真顔



と疑問が湧き上がりましたアセアセ

まだお風呂以外の設備も石膏ボードもない我が家。

養生しないと作業する時傷つかへん?と気にはなっていたのですが


とりあえず久々に家の中に入れたので、見学したり、細かい変更を打ち合わせしたりしてました






で、うちの方から言いたいことは伝えたので、改めてホームエンジニアさんに


UMAくんクマムシくん「今日、確認したいことって何だったんですか??」

と聞きました。




ホ「実は金曜日に大工さんから連絡がありまして、屋根のルーフィングが1枚風でめくれてしまい、2階の寝室が雨漏りしてました」



棟梁!!!!実は来てくれてたん!?

 


というのは置いといて、




なんと我が家、雨漏りしてしまったようです雨滝汗



先週の木曜から金曜の深夜、うちの地域は台風こそ直撃していないものの、少し影響があって、雷と大雨が降り続け、強い風も時折吹いていました。



まぁあの天気だったら、人災ではなく天災だな、という感じですガーン


 


ホームエンジニアさんも連絡を受けてすぐに来てくれ、雨漏りしたところを大工さんと拭いて対処してくれたそうで、実際雨漏りの跡とかは全然わかりませんでした。




というか既に1階に降りてから聞いたから、よく見てないのですけど滝汗
パッと見、大丈夫だと思う。






雨漏り後の床については、含水計で水分量を測定し、報告書も作ってありました。


通常、13%以下が正常らしいですが、金曜日は24%くらい、昨日が16%、現在19%ぐらいとのことでした。
現在は1階の湿気が上に上昇してるので、2階寝室の床が影響を受けているみたいですが、徐々に乾燥はしているようですニコニコ



今後も正常値になるまで、しっかり確認してくれる、と言ってくれましたニコ


2階だけでなく、多分1階まで染み込んだようなので、リビングも養生を外して乾燥させていました。



ちなみに1階のリビングや床下も念のため全て測定してくれてましたが、

今日打ち合わせの時点で、1階リビングのフローリングは既に含水率0%でした。





雨漏りとか起きては欲しくないことでしたが、



迅速に対応してもらえたこと

報告しなければ、きっと我が家は気づかなかったのに、きちんと現場で説明してもらえたこと

経過報告書をきちんと作成してもらってること




以上を考えると、これ以上我が家がとやかく言うことは何もないので



雨に濡れた床は今後も問題ないかだけを聞き、対応にお礼を言って終わりましたニコニコ



ルーフィングがめくれたところは、新しいものに張り替えてもらえるそうですキラキラ







早く屋根がつくといいなー、と思っているのですが



うちは外壁も屋根もガルバです。




全国的に板金屋さんが不足していて、手一杯だそうで、


うちの工事もまだいつ入れるか分からない、って言われてるそうです笑い泣き




まさかこんなところにガルバの落とし穴があるとは!!!




ちなみに棟梁はここ最近、他の家の上棟応援に行って不在だったようです照れ


私の中で体調崩してる説が浮上してたので、無事を確認出来て良かったです笑