5/19 八海フィッシングスペース(2019春大会) | Tomochan's Area Diary

Tomochan's Area Diary

Mukai Fishing フィールドスタッフの友野がお送りする釣りブログ。
釣行記やイベント情報を発信しています☆


テーマ:

いつも閲覧ありがとうございますニコニコ

 

この日は恒例の八海フィッシングスペースさんの春の大会に参加してきました星


当日は群馬や栃木などあちこちで大会が行われていたのですが、八海FSさんの大会は定員オーバー、満員御礼とのことびっくり


地元新潟の方はもちろん、県外からは群馬、長野、埼玉、東京…と、県外の方もたくさん参加されており、いろんな方に愛されている釣り場さんなのだと感じました星


 

大会はA組、B組に別れ、1ローテ目と3ローテ目の放流ラウンドは15分間、2ローテ目と4ローテ目は25分間、トータル4ローテ計80分間の総釣果で予選を競いますグー

 

大会の様子星


途中放流は八海名物、自分で自分の釣り座に放流キラキラ


撮影協力M岸さん、ありがとうございますニコニコ

 

 

主に使用したルアーは放流ラウンドにはクラウン2.5、ルーパープラス1.8!

放流ラウンド以外にはトレモF、トレモスリムFを使用して予選トータル20本で無事決勝へ進出!ニコニコ

 

 

ちなみに小満屋ドラグを載せたタックルでの試合は初めてだったのですが、バラシはほとんどありませんでしたキラキラキラキラ


魚の頭を向けるのが早く、フッキング時にもドラグが無駄に滑らないのでフックにしっかりパワーが伝わり、大会にも相性は抜群でしたねラブラブ

 

 

さあ決勝戦!星

決勝前半はグリメタ/グロー系のスプーンの巻きでボトム少し上の魚と中層の魚を取って3本!


この時点ではまだ後半次第で表彰台に絡める位置にいたのですが、後半ローテは巻き、クランク、ボトムと反応がなく、トップウォーターで事故的に釣れた1本のみ…


表彰台サドンが6本だったので、表彰台争いには絡めずに終了となりましたショボーンショボーンショボーン

 

 

なんとな〜く釣れてるけど、ビタッとハマる感じを得られないまま予選を終えてしまったこと。


この日はいつも以上にタナがバラけていて、水面から中層、ボトムまで何から何まで反応があり、なおかつ釣り座ごとに強いメソッドが分かれる状態だったので、基本的なことですが巻きでもクランクでも初めからもっと幅広く探れるアプローチをしておけばもう少し結果は違ったのかなーと思うところですショボーン


ということで、反省会でした星

 

 

この日の表彰台の皆さま!

準優勝のO庭さんからはスマッシュSSのトモちゃんブラウンで釣果を伸ばせたと嬉しい報告がありましたおねがい


おめでとうございます!

 


表彰式の後はお待ちかねの豪華じゃんけん大会!


 

ムカイフィッシングからは八海FSさんで抜群の相性を誇るスマッシュFとマルチケースを組み合わせて5名様へニコニコ

おめでとうございます爆笑キラキラ

 


新潟県は米どころ、酒どころ星

ということで…

私はちゃっかり?

八海山の一升瓶をいただいてきましたラブラブ

(写真は八海FSさんのフェイスブックからお借りしました)



そんな大会終了後は小満屋ドラグお試し会を開催ニコニコ


驚きの声、感動の声、すぐにでも欲しいという声、たくさんのお声をいただきましたキラキラ

小満屋ドラグ搭載タックルで釣ってご満悦の湯沢のT橋さん星

 

実際に触っていただくのが一番わかりやすいと思うので、どんな感じか気になるという方は是非お気軽にお声かけくださいね星

 

 

大会に参加された皆さま、協賛の皆さま、会場の八海フィッシングスペースさま、楽しい大会をありがとうございました!爆笑キラキラ



また秋の大会にお邪魔させていただきたいと思います星