エアースティックプラス 〜アンダーゼロ〜 | Tomochan's Area Diary

Tomochan's Area Diary

Mukai Fishing フィールドスタッフの友野がお送りする釣りブログ。
釣行記やイベント情報を発信しています☆


テーマ:

いつも閲覧ありがとうございますニコニコ

 

ムカイロッドの新シリーズ、エアースティックプラス星


前回はテクニカルについてご紹介しましたが、今回は私が使っているもう1本のエアースティックプラス、

アンダーゼロについてご紹介したいと思いますルンルン


~基本情報~

6.1フィート、2ピース、レギュラーテーパー

1g以下のマイクロスプーンやスロークランキングに向いたモデル

オススメ適合ルアー:トレモスリム、スパイス等

 

前回のテクニカルの紹介同様、上記がフライヤーの紹介文。

 

 

私の使用感は以下の通り星

 

アンダーゼロの名前の通り、軽量ルアー全般を扱いやすいロッドに仕上がっていますルンルン


ベリーまではしなやかにスッと入りますが、バット部分はしっかり残るセッティングとなっていますニコニコ

先代のアンダーゼロとコンセプトは同じロッドですが、バットを含めて全体的な張りが強くなりましたねニコニコ

 

 

私は主にスパイス1g0.8g、キャンパス0.9、キャンディ0.9、ポワロ0.6gなど軽量スプーンの巻きに使用しています。


アンダー1gのスプーンの釣りは私にとって数を伸ばすため、試合で勝つための生命線ともいえる重要な釣りであり、大会ではこの釣りの精度の差で勝敗が決まるということも決して珍しくはありません。

 

私の中では今かなり重要なポジションをアンダーゼロに担ってもらっていますグッ

 

 

そんなアンダーゼロに合わせるラインの一番のオススメはMsトラウトラインの2lb


軽量ルアーを難なくキャストでき、ナイロンの伸びとアンダーゼロのしなやかさで絡めとるようにキャッチすることができますニコニコ

ティップからベリーのしなやかさを活かし、竿先をわずかに振れさせる誘いやシェイクを入れやすいのも私的にポイントが高いですキラキラキラキラ

(マイクロスプーンの釣りにおいて意外とこの釣りがしやすいロッドって少ないんです)

 

 

沖のマイクロスプーンのアタリをダイレクトに取りたいときや少ないモーションで合わせを入れたい方にはエステルセッティングもありですね星


エステルセッティングであれば僅かにティップを跳ねさせる繊細なスプーンのボトムメソッドまで対応できちゃいます。


エステルって意外と合わせるロッドを選ぶのですがエアースティックプラス、さすがの懐の深さですねニコニコ



ですが、ラインセッティングは迷ったらまずはナイロンセッティングで使われることをオススメします星



スプーニング以外にも軽量クランク(トレモスリムやザンム28など)にもベストマッチ!

表層に食いあげてくるバイトに対してもしなやかなブランクで乗せることができちゃいますニコニコ


使うルアーのウエイトでの使い分けはもちろん、さらにパワーのあるロッドではバイトを弾いちゃうシチュエーションにも使っていただきたい1本です星



現場からは以上です!笑

 

ーーーーーーーーーー

 

 

現在ラインナップの4機種はテクニカル、アンダーゼロ、レガーレ、クランキング。



そして今月、エアースティックプラスに

リバーブレーターが追加でラインナップ!

 

リバーブレーターといえば…

先代のエアースティックシリーズにもラインナップされていましたが、そう、ボトムの釣りなど操作性を求められる釣りに特化したモデルです星



さらに広がるエアースティックプラスのラインナップ!


皆さんの好みの1本、組み合わせを是非見つけてくださいねニコニコニコニコニコニコ

 

Tomochanさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ