魂手形 | とくひさ書店〜石川県能美市寺井町の書店 小松空港から車で15分~

とくひさ書店〜石川県能美市寺井町の書店 小松空港から車で15分~

新商品、話題の本、日常のいろいろを書いてます。

宮部みゆき最新刊!



江戸は神田の袋物屋・三島屋で行われている風変わりな百物語。



「語って語り捨て、聞いて聞き捨て」が原則だが、従妹のおちかから聞き手を引き継いだ富次郎は、語られた話を墨絵に描き封じ込めることで聞き捨てとしていた。


美丈夫の勤番武士が語る、摩訶不思議な力であらゆる火災を制す神器の真実「火〓太鼓」。


馴染みの団子売りの娘が打ち明けた、一途な愛が引き起こした悲しき事件「一途の念」。


木賃宿に泊まったお化けの復讐譚「魂手形」。


三人の語り手の物語と、三島屋に届いた慶事の報せをきっかけに、富次郎は自らの行く末に思いを巡らせていく―。