防災 | とくひさ書店〜石川県能美市寺井町の書店 小松空港から車で15分~

とくひさ書店〜石川県能美市寺井町の書店 小松空港から車で15分~

新商品、話題の本、日常のいろいろを書いてます。


テーマ:

日本中どこにいても、いつ災害に見舞われるかわからない時代になってます。ここ近年だけでも東日本大震災、熊本地震、西日本豪雨、北海道地震、台風による被害、水害、火山噴火など、さまざまな災害に見舞われている日本列島です。


被害にあった地域のみなさんにインタビューされているシーンをよく見ますが、皆さん口を揃えていう言葉が「生まれてからずっとここに住んでるけど、こんな事初めてです」という言葉です。もはや他人事ではないですね。


防災グッズも揃えておかなければならない時代になってます。


いろいろな本が発売されています。参考にしてください↓







小学生のみんなにも読んで欲しい↓

ドラえもんの地震はなぜ起こるどう身を守る


[要旨]

地震が起きたときに、家族や先生といっしょじゃなかったら、どうしたらいいの!?これから自分ひとりでも命を守れるように、ドラえもんといっしょに勉強しよう。まずは「頭を守って丸くなる」をおぼえよう。

[目次]

ひさい地の小学生からのメッセージ;まんが ドラえもんといっしょに、地震を学ぼう!(地震が起こったら、どうするの?;地震って、何?;地震にそなえよう;ふだんからできることは、何?;ひさい地のことを考えよう;地震とうまくつき合おう);ドラえもんの地震はなぜ起こるどう身を守る 子どもを災害から守る16か条;ひさい地の小学生へのメッセージ

[出版社商品紹介]

東日本大震災という未曾有の災害が起きたが、地震、津波というとっさの時に、子どもも自分自身で身を守れることが大切。





こどもぼうさい・あんぜん絵じてん

[要旨]

じぶんのいのちは、じぶんのちからでまもる。防災・安全に関することばと知識を学びながら、自分で考え、自分の身を守る力をつける絵じてん!幼児から小学校低学年むけ。

[目次]

1 いのちをまもるってどんなこと?;2 きをつけようこうつうあんぜん;3 みのまわりのじこやかじ;4 おおあめ、たいふう、かみなり、おおゆき;5 じしん、つなみ、かざんのふんか;6 はんざいからみをまもろう




とくひさ書店〜能美市寺井町の書店〜さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス