手漕ぎボートで低地クルーズ | 1歩・2歩・散歩♪

1歩・2歩・散歩♪

お散歩大好き!今日はどこに行こうかな?


テーマ:
東京でもっとも海抜が低い江東区を船で巡る「東京低地クルーズ」に参加しました。
(ツアーの詳細とコースはこちら

配布された資料、海抜ゼロメートル以下の地帯を示した地図によると
近年埋め立てられた海沿いの地域を除き、ほとんどが海抜ゼロメートル以下にあります。
低いということは知っていましたが、こんなに広範囲だったことに驚きました。

台風や津波などの際は大丈夫なのかしら?と不安になりますが
荒川と隅田川沿い、そして海側にかけて、
街を守るようにぐるりと大きな堤防で仕切ってあるのだそう。
そして、街中を流れる川との境には、水門がつくられています。

午前中は、深川や木場の街中を流れる狭い運河を手漕ぎのボートに乗りました。
1歩・2歩・散歩♪-越中島
越中島桟橋を出発し
1歩・2歩・散歩♪-水門
大島川水門で、手漕ぎのボートに乗り換えました。
1歩・2歩・散歩♪-乗り換え

ここからは、みんなで力を合わせて漕いでいかねばなりません。
1歩・2歩・散歩♪-スタート
水は思ったよりキレイです。
上流から雨水も流すようになってから、東京の川も大分キレイになってきたそうです。

西支川の入り口に、係留された船がいくつかありました。
1歩・2歩・散歩♪-係留された船
川をまっすぐ進むと清澄庭園。
その手前に突きあたったら、仙台堀川へ入ります。
この辺り、七福神巡りなどで、何度も訪れている場所ですが
川からの景色だけでは、まったくその面影はありません。
1歩・2歩・散歩♪-裏側
まるで川沿いは、街の裏側という感じ。

いくつか橋をくぐると
1歩・2歩・散歩♪-橋の下
桜並木がある場所を通りました。
1歩・2歩・散歩♪-桜並木
紅葉もキレイでしたが
春に花が咲く頃に船でまたここに来ることができたら、最高だろうな♪

ゆらゆらゆれる川面。
1歩・2歩・散歩♪-ゆらゆら水面
ツアーではなく、好きなだけ川遊びができたら楽しいのにと思ったら
意外にも川の使用に許可は必要ないのだそうです。道路と同じようなもの。
ということは船をなんとかできれば、いつでも、好きなだけ・・・なのだけど
なかなか個人で船を持つのは難しいですよねぇ。
貸しボートとかがあれば良いのにな。

なんてことを考えていたら、
このコース最大の目玉!都内で最も低い茂森橋に差し掛かりました。
1歩・2歩・散歩♪-茂森橋
この辺りは海抜2~0メートルくらいの場所で、
しかも満潮近かったので
1歩・2歩・散歩♪-茂森橋をくぐる
ボートの床に下りて身をかがめてやっと通れるくらいでした。

大横川に入ってしばらくした頃
1歩・2歩・散歩♪-あわあわ
ぶくぶくと泡が吹き出ている場所がありました。
生活排水の一部が流れ込んでいるよう。

最後に懐かしいものを見つけました。
1歩・2歩・散歩♪-かいまき
掻巻(かいまき)という着物状の寝具です。
子どもの頃、冬に祖父母の家に泊まりに行くと必ず敷いてありました。
すっぽりくれるから温かいのよね~。

最後に少しだけ生活感がある場所を通れて
ちょっと嬉しかったな。

大島川水門で、もとの船に戻り
晴海にある朝潮桟橋で船を下りました。

(→午後の部に続く)