$Tommy's Jazz Caf'e ジャズブログ
原宿駅渋谷方向線路沿い/11月18日(木)

原宿界隈の銀杏も色づいてきた
スケッチブック持って山手線
久しぶりにクロッキーしてみた

デッサンの本を作っていたら、「そうか、元々絵描きの基礎もあるんだ」と実感。ブログも少しアート色を強くして行こうかな?と思ったりしています(笑)・・・だって、何もやっていないのにアートや芸術だと騒いでいる人が多過ぎるでしょう?アート・コンプレックスが強い人が多いよね。そういう人に限って分かったようなことをいっているけど、センスがいいのならブログやホームページだってもう少しカッコイイんじゃないの?アートなんてそういうものだよ。自分のやることに反映されてこそアートや芸術に近づくことでしょう。
音楽も絵も、やっぱり自分でやるのが一番楽しい。やると見えてくるのも違ってくるんだよ。

$Tommy's Jazz Caf'e ジャズブログ
クロッキー(croquis/仏):速写(速写画)と言い、対象を素早く描画すること。スケッチ(写生)とも言うが、特に短時間(10分程度)で描かれたものをクロッキーと称する。主に動物や人体など動きのあるものを素早く捉える訓練として行われる。

先日、山手線に乗ってクロッキーをしました。学生の頃は、トレーニングとしてよくやっていましたから、35年ぶりのクロッキー・・・大人になるとかなり恥ずかしい!
本来、鉛筆でのクロッキーは好きではありません。サインペンで描くのが好きです。書いたら消せない一発勝負。その潔さがジャズと似ているかもね?山手線内回り一周で5~6枚くらい描きました。

●針亜連さんからのコメント
■お見それしました
tommyさんが絵描きだとは知りませんでした。
クロッキー、ご謙遜なさってますが、
素敵ですよ。
芸術は、自分でやってみないとわからないとの
お考え、まったく同感です。
ご存知の通り、私は下手ながらサックスを
吹きます。
自分でやってみるからこそ、
プロのすごさがよくわかります。


◎針亜連さん、こんにちは。
いえいえ、最近はゼンゼン描いていなかったのでガッカリ、20代の頃はもっと上手かった(笑)。
そうですよね。「自分もやってみる」が、アートを理解するには一番いいように思います。

●じゃこのめさんからのコメント
■おー、スゴイ!
法廷画家でも大活躍して下さい(笑)。


◎あっ、そういう感じしますね。はっははは!ビンゴ。こういうクロッキーの画風は、小中学校の頃、授業中にスケッチしていたのが始まりでした(笑)。昔から進歩がありませんね!
じゃこのめさんだって上手いでしょう?バランス感覚は身に付いているので、描けば上手く表現できると思うよ。ホント、Macを使うようになってから描かなくなったよね。www~

●yukiさんからのコメント
■イチョウとデッサン
原宿のイチョウもきれいですね~^^
デッサンも素敵です。
別の何枚か見せていただきたくなります。
ブログが芸術の秋になりましたね!

あたくしも写真だけでなく、油絵で楽しんでみます。


◎んじゃ~、もう1点、今度はサインペンで描いたもの。

$Tommy's Jazz Caf'e ジャズブログ

●いっきさんからのコメント
■2枚目も
いい絵ですね。
何て言うんだろう、1枚の絵にストーリーを感じます。
1枚目の真中のおじさんも、2枚目の奥のおじさんも、吹き出しを付けてセリフを書き込みたくなります。
「さて、会社に戻ったら会議だな・・・。」
「ダルビッシュと紗栄子、離婚か・・・。」
みたいな感じです(笑)。

いっきでした。


◎こういうクロッキーって、絵を描く練習ですから。実際に目にすることは少ないでしょうね。
そう絵のトレーニングは、楽しくできるんですけどね。他のトレーニングは無理(笑)。