障害者雇用法 水増し事件! | トミー稲垣のブログ

トミー稲垣のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

 



 

皆様は、障害者雇用法をご存知だろうか?




 

法定雇用率とは、一定の従業員数を超える企業や自治体が、法律で決められた障害者を雇用しなければならない人数の割合のことを言う。
 

障害者の雇用促進に関する法律(障害者雇用促進法)に基づき、少なくとも5年に1度、見直しが行われているのが現状だ。
 

また、100名以上の社員数をこえる民間企業に関しては、障害者の採用人数を満たしていない場合、罰金が義務付けされている。
 

2013年4月から2.0%とされていたが、

2018年4月からは2.2%へと法定雇用率が定められて

いるのだ。



 

たとえば1000名の会社の場合、今までは20人障害者を雇わなければいけなかったのが、今回の法定雇用率アップにより22人に増やす必要があるという事だ


 

このような法律を政府は指導・強要しているにもかかわらず、模範を示す全ての中央省庁が4000人を超える水増し違反をしている事が先日判明した。




 

1番は国税庁の水増し嘘!およそ1,020人!

次に国土交通省がおよそ600人、

法務省が540人といった人数を水増ししていたのだ!


 

最も問題なのは、福祉・介護・雇用・労働・年金といった事に関する政策分野を所管する厚生労働省でさえも水増しをしていた事だ!





 

さらに、裁判所でも水増しをしている事が発覚している。

法を守る立場の人間が、嘘をついているとは何事だ!

いったい日本はどうなっているんだ!




 

法治国家(法律より強いルールのない国)という日本はこのままでは崩壊していくであろう!


 

政府は一刻も早く、襟を正し今まで自分達が行ってきた事を直ちに見直し、ペナルティーとして厳罰に処すべきである!




 

真面目に取り組んできた、我々民間企業は中央省庁に対して呆れて物も言えない!!
 

民間企業に法律を守らせなければならない立場の人間が、法律を守らずに何年も水増しをするとは非常に許しがたい事である!


今まで真面目に法律を守ってきた我々に対する侮辱であり、今後法律を守る気になんて到底なれる気がしないではないか!


これは平成最後に起きた事件であり、私は今でも怒り心頭中である!


 



 

稲垣俊勝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス