人生100年時代に「高齢者」という言葉は死語にしよう! | トミー稲垣のブログ

トミー稲垣のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:







私はこのブログにて、高齢者」「後期高齢者

という呼び方を改めるよう、強く主張している注意


※詳しくは、社長ブログ『人生100年時代!「高齢者」という呼称をやめろ!!」

  をご参照いただきたい。

https://ameblo.jp/tommy-0402/entry-12367285026.html?frm=theme


この件で、先日私は嬉しいものを目にした目

東名高速を走行していた際、ある場所の陸橋に横断幕で

【70代を高齢者と言わない街 大和市】

と掲げられていたのだキラキラ

なんと素晴らしい文言だろうか晴れ


そこは神奈川県大和市という場所で、

ホームページを調べたところ

横断幕の内容が詳しく載っていたサーチ













大和市ホームページより一部抜粋↓

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「70歳代を高齢者と言わない都市 やまと」宣言


・「人生100年時代」を迎える超高齢社会では、

 一般に65以上を高齢者とする固定観念を

 変えていくことが必要。

・平成26年4月に

 「60歳代を高齢者と言わない都市 やまと」を宣言。

・平成29年1月には、

 日本老年学会・日本老年医学会により、

 高齢者の定義を75歳以上とすることが提言された。

・こうした流れを捉え、「高齢者と言わない」世代の認識を

 70歳代に引き上げる事とし、平成30年4月に宣言をした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

※詳しくは<大和市ホームページ>をご参照ください。http://www.city.yamato.lg.jp/web/kouhou/n20180411.html















地方自治体の動きとしては、

非常にポジティブ画期的なものである合格

しかしこれはあくまで一都市の宣言であって、

法律や条例ではないメガネ


私は是非とも、社会制度の定義としてほしいと思うビックリマーク

加えて、以前提案した『60歳以上を「功労者」、75歳以上を

「長寿者」と呼ぶ』考えも、 条文に入れてもらいたいひらめき電球















私の主張も大和市の宣言も、

根底には「高齢者という言葉に反対する意思があるメラメラ

政府は

「定年(65歳)まで働け」「人生100年時代」と言いながら、

いかにも”年寄り”というイメージを前面に出した高齢者

という呼び方を推奨している点に、矛盾が生じているのだ!!





稲垣俊勝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス