生命保険料控除の改正について | 税理士法人富下会計事務所通信
2012-11-05 13:25:43

生命保険料控除の改正について

テーマ:税務顧問

今回は生命保険料控除の改正について、生命保険料控除証明書や記載書類の見方や注意すべきポイントについてお知らせします。


◎生命保険料控除の改正
生命保険料控除は従来「一般分」「個人年金分」に区分し、計算していました。改正では、これに介護や医療保障を対象とした「介護医療」の区分が新設され、所得税における各区分の控除限度額は各4万円(従前5万円)、生命保険料控除全体では12万円(従前10万円)が限度額となりました。この改正は、平成24年1月1日以後の契約等から適用されます。この契約等は転換や更新等の契約内容変更も該当するため、従前からの契約であっても改正後に契約内容変更を行うと改正後の計算になります。

◎書類の見方や注意すべきポイント
各保険会社から送付される生命保険料控除証明書に記載されている区分をもとに書類へ記載し、計算することになります。具体的には、証明書に記載されている“旧制度(旧生命保険料控除制度)”“新制度(新生命保険料控除制度)”に従い、保険料控除申告書へ記載し、計算を行います。この名称は各保険会社によって若干異なるものの、旧制度か新制度か、いずれかに応じた区分ごとに保険料(証明額)が記載されています。

富ちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス