From:ハルシュタット/オーストリア 〜 ヨーロッパ取材 | フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ

ヨーロッパの取材から帰国して10日以上経つが
昨夜はようやく眠剤をのまずに眠ることができた


数え切れないほどの海外取材を経験したが
私にとって時差ボケは苦痛の種だ


こればかりは慣れることがない


プリトヴィッチェで満足のいく写真が撮れたあと
スロヴェニア国境を越えてイドリアへ


この町は、世界最大規模の水銀鉱山を持ち
1490年に水銀の生産を開始して繁栄したそうだ






中世以来の可愛らしい街並みが
水銀関連遺産として世界遺産登録されている






翌日、オーストリアの
ハルシュタットへ向かう


谷間から光が差す
逆光の時間に間に合わすため
300㎞以上の道程を4時間で走らなければならない


国境を越えるときに
入国審査で時間がかかり気をもんだが


なんとか間に合い思い通りの絵が撮れた






以前来たときは雨模様であったが
今回は好天に恵まれリベンジに成功する






朝の光りで見る街並みは
昨日以上に美しかった