チュニス旧市街 〜 悲しみの世界遺産 | フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

フロム・世界遺産写真家 富井義夫のブログ

世界遺産写真家 富井義夫のブログ


18日にチュニジアの首都チュニス
で起きたテロ事件には衝撃をうけた



チュニジアのルーブル博物館ともいわれる
バルドー博物館が銃撃されて19日未明までに
死者数は22人に上っている



日本人も死者3人、負傷者3人が
巻き添えになったという



チュニジアはジャスミン革命で
(2010年から2011年)
民主化を成し遂げた国



私はマグレブ(北西アフリカ諸国の総称)の
なかでも
特にチュニジアが好きで
ジャスミン革命以前も以後も訪れている



美しい街並みで治安も良く
世界遺産もたくさんある国だ



卑劣極まりないテロ行為に強い憤りを覚える



チュニス旧市街とグランド・モスク





グランド・モスク内観





シディ・ユセフ・モスク





メディナのスーク
(旧市街のバザール)





ドゥッガで出土したモザイク
(オデュッセウスとセイレーン)
バルドー博物館