思えばCBR600RR(PC40)を購入したのは2008年のことであった。結婚したら新車なんか買えなくなるってんで、結納前に急いでCBR600F4iから買い替えたんだよね。このバイクはイメチェンとしてカウルを色々と取り替えて遊んたなぁ。納車してすぐは無限マフラーいれてましたしね。

ノーマルカウルに飽きてきて、中華製カウルのフォルトゥナカラーに変えましたね。まぁCBR600F4iは純正カウルをペイントしてフォルトゥナカラーにしたのに対してCBR600RRは中華製カウルの出来合いなので意外と安く仕上がりました。カラーリングに合わせてマフラーはアクラポビッチに。

中華カウルの精度と耐久性は低いので3年で新たな中華カウルのカストロールカラーにしました。高速走行中にビリビリを変な風切り音と振動が癪に障る感じでした。

だけどやっぱり中華の精度の悪さ、耐久性の無さに愕然としてHONDA純正のレースベースカウルを装着。そしてマフラーはモリワキに変更しましたね。やっぱり純正はカウルの継ぎ目からの変な隙間風みたいのが無くていいですね。

色々とPC40には楽しませてもらいました。私の思い出の愛車です。走行距離は4万キロちょっとでした。

そして今年(209年)の7月にCBR600RR(PC40)からバトンタッチしてCBR650Rです。

まだ350キロしか乗ってませんが、これからも無事故無検挙を目指して楽しみたいと思います!