パンが好き過ぎて、パン職人として腕を振るった経験を持つ私が、

昨今の高級食パンブームに乗ってみました。

 

今話題の高級「生」食パン、麻布十番にある「乃が美」。

どれだけのものか、元パン職人としては、

一度は食べてみなければと思っていました。

しかし、生まれも育ちも下町の私。

「麻布」というセレブ感あふれる土地に足を踏み入れることに恐れをなし、

しかも毎日大行列、とあればおのずと先延ばしになるというものです。

が、このブログ記事担当を機にお尻に火が付き、いざしゅぱーつ!

 

休日昼下がり、行列目印(どの店舗もひっそりとした路地裏にお店を構えている)に

お店を探し当てると、想像より並んでない。

30分以上は並ぶ覚悟だったのでラッキー!

 

 

 

店内には有名人の写真やサインがズラリ。

そして、整然と並べられた100本以上はあろうかという食パンたち。

圧倒されます。

 

 

ようやく私の順番がやってきました。

14本まで」のお断り。

何も考えずに「4本下さい!」

思わずMax買ってしまいました。

麻布の空気が私の気を大きくさせたけど、1800円の高級食パン。

我に返って震えます。

 

 

気を取り直し、早速実食。

乃が美の「生」食パンは耳までやわらかく、卵不使用、はちみつのやさしい甘み、

子どもからお年寄りまで飲み物なしでも美味しく食べられる、がコンセプト。

 

期待に胸を膨らませながら、パクリ。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・どんだけ柔らかいのよおおおお!!

 

 

 

 

ほのかに甘くて、スポンジのようにふわっふわっ。

食パンの前に「生」が付くだけあって、しっとりやさしい。

パン屋さん用語で「ケービング」「腰折れ」を恐れることなく、耳が白く柔らかい。

そーっと持たないと四角形を維持できません。

 

 

・・・・・・・・まずい、手が止まらないっ!

 

 

このパンはスポンジ、スポンジは空気、空気は0カロリー、と自分に言い聞かせる。

手は動き続ける。

気が付けばあっという間に1本ないっ! 800円がっ!

これはまずいぞ。

まずいまずいまずいまずいっ・・・・・でも幸せ。

おいしいものを食べられるって、なんて幸せなんだろう。

 

材料、捏ね、発酵、焼成。

工程の一つ一つに、元パン職人は「うむ」と唸ります。

感服いたしました。

 

おかげで、久しく忘れていた美味しいパン屋さん巡りが再燃。

 てことで、

荻窪の「どんだけ自己中」。

このお店も、高級食パンの専門店です。

 

午後になってのんびりと店に出向くと、近所の親切なオジサマが

「今頃来てもダメだよー 整理券は朝、取りに来ないとー」

と教えてくれたのでした。

あら、残念。

美味しいものを手に入れるには、労力がつきものです。

 

リベンジを誓う。

 

 

 

(トミザワのかあちゃん)

 

■□■□■□-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■□■□■□-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+■□■□■□

この文章を書いた、「トミザワのかあちゃん」

富沢印刷で偽造防止つきチケットの売り上げに日々目を光らせています。

この話にご意見・ご感想・ご質問のある方は、メールでお送りください。

「STOP!不正コピー」の富沢印刷株式会社 E-mail : tm-print@10330.co.jp

既製品「ぎぞら~ず」の詳細はこちら→ http://10330.co.jp/core-products/copy-guard/