皆さん、こんにちは
ゆめです



なんだこのタイトル
と思った方いるよね


「シンクロナイズド羽生結弦」

って別に

羽生くんがシンクロナイズドスイミング
するわけじゃないからね

んなことわかっとるわ




はにゅHOLIC継続中
今日も通常運転です




今日はですね~

またまた2016年のアイスジュエルズより



  NHKハイの時はスケートカナダから振付けを変更してまだ3週間でした。
  あの時はけっこう大変で、最初サルコウをやり始めた時はダブルにもならなかった。タイミングが合わず、アクセルのタイミングになっているんです。僕はジャンプのタイミングを音で覚えるのですが、どんなに調子悪くても「SEIMEI」の曲をかけると反射的にサルコウに入る、パーンと。それくらい覚えちゃうのでジャンプを変えた時に違和感がすごくありました。

~中略~

  (2015NHK杯と2015GPFは)全然違うものなんですよね。自分でもすごいと思うのは、比較動画を見ると、振付けは全部同じところで入っいて、ジャンプもほとんどずれていないんです(笑)。



こう語っている羽生くん


気になって気になって仕方がなかったので
はにゅHOLICなので


比較動画を作ってみました


かなりのシンクロ具合に
わたしも鳥肌立ってきちゃったびっくり

シンクロナイズド羽生結弦



左は2018平昌オリンピック
右は2015GPF







うぎゃっポーン

ビビるわマジで真顔

びっくりしました、本当に





羽生くんが「音」にこだわって

「音」に合わせて振り付やジャンプを
跳んでいるのがよーくわかる


バラ1とSEIMEIを比べると
バラ1は三拍子で
SEIMEIは四拍子だから
SEIMEIの方が音は取りやすいんだろうな
って思いますね



最初の4S見て思ったんですけど
GPFの時よりも
滞空時間が長いように見えるんだけど
気のせいかな??



とにかく、SEIMEIは
シンクロ具合が激ヤバ
だったということがわかりました


きっとほかのプログラムも
シンクロしてると思う


だってCwWであんなに昔の
ジュニア時代のプログラムを
完璧に覚えてるんだもん



きっと音で覚えるっていうのと

繰り返し繰り返し練習を
毎日毎日コツコツコツコツ
積み重ねてきたんだろうな


これって、自転車の乗り方を忘れないのとか
ピアノで一度弾いた曲を忘れない
っていうのと同じなのかな??



これはまさに



努力の結晶

羽生結弦という結晶







(スケート人生)18年間の一つ一つの結晶

一日とか一週間とか
そういう単位かもしれないですけど

その一つ一つのカケラをつなぎ合わせて
最終的に結晶として
作り上げる一年にしたい











その通りになったね


有言実行の男羽生結弦









いやいや、こんなに
しんみりする予定じゃなかったの


音ハメに関しての記事にしようt…



ま、いっか



終わり良ければ全てよし




今日も一日
皆さんが幸せでありますように




つながる羽の輪
ゆめ


今日も明日も明後日も
みんなでHAPPYになろうね
四つ葉をポチッとお願いします