背骨の歪みについて | 恵比寿のカイロ、マッサージ、鍼灸 たまり治療室のブログ

恵比寿のカイロ、マッサージ、鍼灸 たまり治療室のブログ

腰痛、肩こりの改善など臨床を通して発見したことを書いてゆきます。


テーマ:

背骨の歪みについて

 

背骨が歪んでませんか? と質問をされることがあります。

 

電車で立っている時に両足で均等に立っていると仙骨が水平になり背骨の歪みは最小限になります。

片足立ちが多いと、体重がかかる方の足の骨盤が後方に回旋し、体重のかからない方の足の骨盤は相対的に前方になります。

これにより仙骨に傾きが出て腰椎に側彎が生じるのです。 このように書くと歪みは何か恐ろしいもののように感じます。

しかし、ずっと片足で立っている方はいないので、通常歩くことや姿勢を変えることで歪みがリセットされるようにできています。

 

ここで問題となるのは、歩いたり、姿勢を変えたりしてもリセットされない歪みです。

背骨が歪んでいる状態というのは、

①歪みがあり、可動性のある状態 

②歪みがあり、可動性がなくなった状態

の二種類があります。

 

ここで問題となる歪みは

②の歪みがあり、可動性がなくなった状態です。

①の歪みがあり、可動性のある状態は、特に問題ありません。

 

背骨には頸椎7コ、胸椎12コ、腰椎5コ、仙椎とそれに伴う関節がありこれらの関節に可動性があることでからだがスムーズに動くようにできています。 カイロプラクティックでは、歪みがあり可動性がなくなった状態をチェックして調整しています。

 

たまり治療室

 

ともと院長さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス