補陀落渡海ツアー 5 神田明神 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

東京都内にも、「補陀落渡海」の痕跡は、たくさん残っています。

 

まず、都内の品川区にも、「補陀落山寺」があります。

東日本でも、この名前のお寺を中心に、各地で、いろいろな活動をしていたようです。

 

 

JR品川駅から、一駅の大井町駅から、車で5分くらいの所にあるお寺です。
名前は、「海晏寺」ですが、仏教の寺院に付ける称号である山号は、そのものズバリ、「補陀落山」です。
門の前で、記念撮影しました。
 
{2863BE21-BCC8-450F-AE42-D9F6A2A19C90}
 
 
八角堂がありました。
「八角形」は、「補陀落信仰」ですね。
 
{C1382C35-CB61-4978-A67A-A6586CDA607C}
 
 
もう一度、「ウイキペディア」からです。
 
「補陀落(ふだらく、梵: Potalaka)は、観音菩薩の降臨する霊場であり、観音菩薩の降り立つとされる伝説上の山である。その山の形状は、八角形であるという。インドの南端の海岸にあるとされた。補陀落山とも称す」
 
こう書かれています。
 
そうなのです。
和歌山県の「補陀落山寺」から、「小舟」でやってきた人々にとっては、ここが、観音菩薩の降り立つとされる、八角形の山だったのです。
 
 
屋根は、「鬼瓦」です。
 
「鬼」=「大丹生」=「天皇家」
 
でしたね。
 
{943C8174-AE84-4E21-AD6A-4AA49A43C981}
 
 
このように、「絶対平和主義」の「天照派」の子孫たちが、西日本から、「小舟」で、東日本に移住してきて、つくりあげたのが、「江戸」という町なのです。
だから、「江戸時代」が、260年くらい平和だったのです。
 
 
最近気が付いたのですが、江戸時代に、「お伊勢参り」というのが流行りましたね。
 
「一生に一度は伊勢詣」
 
昔は、こう言われたらしいですね。
 
他にも、「熊野詣」もありましたね。
 
「伊勢へ七度熊野へ三度」
 
とも言われていたそうです。
 
 
実は、あれの本当の意味は、大いなる里帰りだったのです。
 
旅行記の最初の頃に書きましたね。
日本人の始祖である、「イザナギ」と「イザナミ」が、最初に、結婚式を挙げたのが、「伊雑宮」だったことを…
そして、熊野から、「補陀落渡海」で、東日本へ亡命してきたことを…
 
江戸時代の人々は、DNAの中に、その記憶があり、その記憶が、騒いだのかもしれません。
 
「本当のお父さんとお母さんの故郷に帰りたい! 自分の魂のルーツに帰りたい!」
 
この気持ちが、「お伊勢参り」や「熊野詣」だったのかもしれません。
 
 
伊勢から始まった、生粋の日本人である、「天照派」の人々が、熊野の那智から、小舟で関東に流れ着いて、「江戸時代」をつくりあげ、そして、その時代に、天下泰平になった頃、故郷の伊勢に、また帰りたくなった。
 
こう想像したら、またまた、じわじわと、感動の波が湧き上がってきました。
 
{56742045-C42F-41D4-BAF5-00A2E7E3F478}
 
 
「江戸時代」が、なぜ、あれほど長い期間、大きな戦争がなかったかというと、この町の人々の遺伝子が、絶対平和主義の「天照派」だったからだというのが、真相だと思います。
 
壮大なスケールの歴史物語が、ここで生まれていたのですね。
 
 
 
 
関東に、「小舟」で流れ着いた、「天照派」が拠点にしていたと思われる神社や寺は、山ほどあります。
数が多すぎるので、今回は、一か所だけ例をあげます。
 
 
もう一度、前回紹介した、千葉県銚子市にある、「渡海神社」の「小舟」の石碑の写真です。
 
image
 
 
東京都品川区にある、「鹿嶋神社」です。
 
image
 
 
ここの境内に、大きな石碑があります。
 
ハイ!
 
「小舟」ですね。
 
image
 
 
そして、その横には、「ミカン」の木が植えてありました。
「橘」かな?
 
image
 
 
実は、「補陀落信仰」の中には、
 
「理想郷である、補陀落山には、橘の木がある」
 
という信仰があるのです。
 
そうです。
 
ここは、間違いなく、「補陀落信仰」の聖地なのです。
 
「天照派」のグループが、
 
「ここが、自分たちの探し求めていた、理想郷だ!」
 
と言っているのです。
 
感動しました。
 
 
 
 
そして、最初に大きな拠点にしたと思われる土地も、東京にあります。
ここから、江戸時代が、始まったと思われる所です。
 
 
再度、おさらいしますね。
 

西日本から、小舟に乗って、少しづつ、長期間にわたって、東日本の地に移住してきたパイオニアたち、彼らのグループは、「イザナギ」と「イザナミ」を始祖とする子孫たちでした。

 

彼らは、最初の38人の子供たちの子孫でもあるのですが、長男の名前が、「別雷尊」。

 

これは、生まれた時に、身体が、「丹生」という宇宙エネルギーで、輝いていて、まるで、身体に雷が落ちた時のように、発光していたから、この名前だったそうです。

現代風の表現では、「凄いオーラの持ち主」というかんじですね。

 

 

「天照派」のグループは、関東地方において、いくつの地点から、上陸したようですが、ある時期に、東京のある場所で、一堂に会する機会があったと思われます。

 

なんと、その場所は、「浅草」だったようです!

有名な「雷門」です。

 

{24FC506B-6577-4DAE-98B1-CBF02FCB9267}

 

 

「昔は、このあたりに、よく雷がよく落ちたから、雷門というのかな?」

 

私は長年、そう思っていたのですが、違うのです。

 

もうわかりましたね。

38人の子供の長男だった、「別雷尊」の名前から、これは、名付けられたのだと思います。

 

「別雷尊のグループの拠点だった場所」

 

それが、「雷門」の場所なのだと思います。

 

「天照派」のグループの本部が、おそらく、ここにあったのだと思います。

 

 

「金龍山」というのは、奈良県の吉野にある、「金峯山」とも関係していると思います。

 

{4B56A788-D0BE-417D-8E73-7AE43572C4CE}

 

 

ここの参道を歩いていて、一番驚いたのが、これです。

最初の「雷門」の次の門です。

 

なっ、なんと!

デ~ンと大きく、「小舟町」と書かれているではないですか~!!!

 

人目もはばからず、

 

「うわーー!!」

 

と大声を上げてしました!

 

今までに、これの意味に気が付いた人が、どれくらいいたんだろう?

 

ジャ~~ン!!

 

{5C044C57-5B7E-46A5-AFEF-3A7E9361672C}

 

 

見てください!

 

「小舟に乗って、関東にやって来た人々が住んでいた町」

 

こう言っているのです。

 

 

実は、日本国内において、隠している秘密などないのです。

歴史の秘密は、どうどうと、目の前に提示しているのです。

 

問題は、

 

「それの意味を、正しく解釈できるかどうか?」

 

だったのです。

 

この提灯の真下に、金色の紋章のようなものが、ありました。

これを見た時、またまた、大感動でした~!

 

{F27B17A5-6D56-4805-8C09-767D87D227A9}

 

 

ここが、「補陀落信仰」の最終地、「観音菩薩」のいる聖地だったのです。

 

{B2A13703-5F98-4243-AB04-33CA1848A5FF}

 

 

浅草の近くに、「日本橋小舟町」という名前の街もあります。

 

ここは、現在は、東京都中央区の地名になっていて、昔は、日本橋区にあたる日本橋地域内だったそうです。

地名に、「日本」がついている所は、それほどたくさんはありません。

 

まさに、ここが、「日本」の発祥だったのです。

「邪馬台国」や「大和」や「倭」ではなく、「日本」という共同体が、形作られたのが、ここだったのかもしれません。

 

「小舟町」=「日本」

 

もしかしたら、こう言ってもいいくらい、「補陀落渡海」で東日本に向かった僧たち、つまり、「天照派」の人々であり、愛と平和の一族、そして、「イザナギ」と「イザナミ」の38人の子供の子孫である、本当の「天皇家」、彼らが、「日本」の礎を固めたのだと思います。

 

「古代において、日本という国は、小舟から始まった!」

 

この驚愕の史実は、これから、少しづつ広がっていくかもしれませんね。

 

 

 

先日、仲のいい友人たちに誘われて、「神田明神」にも、行って来ました。

 

名前が、「明神様」ですね。

つまり、「日と月の神様」と言っているのです。

 

繰り返しますが、「日」と「月」の二つで、表現する天体ショーが、「日食」です。

つまり、「天照派」のシンボルだということです。

 

 

入口には、「神田神社」と書かれています。

 

{C61B0216-8285-4483-94AC-C8CD6CAD542E}

 

 

鳥居です。

 

{E65D73E6-7B42-413D-944A-05CEF5D20175}

 

 

「黒潮」だと思われる模様が、鳥居の下には描かれています。

昔は、この鳥居の近くまで、海だったのだと思います。

 

{D4202F9E-00DC-40F7-8776-BA13E63E42B6}

 

 

派手な色の門です。

 

{9036728B-3443-4245-B06B-D41AC0D92B43}

 

 

門の前には、「小舟」を表現している石碑が、建っていました。

 

{D1C10051-1034-481D-AF70-520FA033EB77}

 

 

 

拝殿です。

 

{EDDDCB11-AFC2-4DA0-B5F5-43B6E88E3FB0}

 

 

拝殿の周囲には、「天照派」のシンボルが、たくさんありました。

 

image

 

 

しかも、「三つ巴」に、「菊花紋」が合わさった、特別のシンボルです。

 

image

 

 

{5B4DA5BF-E12C-4ECF-994B-6387D59B92C7}

 

 

{B4C09440-5458-41CC-9D0C-1541D8CE8D2B}

 

 

思い出してください。

栃木県宇都宮市の「二荒山神社」にあったシンボルです。

 

{F9B70791-F4D8-4C78-99DA-76AD068B4E85}

 

 

「神田明神」も、間違いなく、「天照派」の大拠点だった場所なのです。

 

 

 

 

そして、境内には、このオブジェがあります。

 

これです。

これが見たくて、この神社に行ったのです!

 

{8130095A-F023-4A53-91BE-8BE77D976278}

 

さっそく、記念撮影しました。

 

{F8ACF2EE-A811-4BEB-8286-F7AA0B9E37A5}

 

 

比較的最近、つくられたものだと思いますが、よく見ると、「しめ縄」がかかっています。

よほど大事なものでないかぎり、これは、かけません。

「御神木」と同じ扱いなのです。

 

{8773820D-F43E-472C-B427-7910EF908A9C}

 

 

この人物が気になりますね。

 

{3080AD0E-1FD3-4D34-986D-8CE7FC5EDEB8}

 

 

説明書きには、「少彦名命=恵比須様」と書かれています。

 

{56FB11AC-6DA7-4CE4-8D5D-4909906FB75E}

 

 

ネットで調べると、

 

「少彦名命」=「恵比須様」=「一寸法師」

 

こうでてきます。

 

しかし、私は、さらに、この神様は、「聖徳太子=キリスト」でもあったと思っています。

同じ魂グループなのです。

 

子供の頃の「聖徳太子」に似ていませんか?

 

image

 

 

そうです。

このオブジェは、まさに、「聖徳太子」が計画した、「補陀落渡海」を表現しているのです。

近くにある、「神田川」からも、補陀落渡海の小舟が、ここに辿り着いていたのです。

 

 

 

境内には、興味深い摂社が、いくつかありました。

 

まずは、「魚河岸水神社」です。

 

image

 

 

御祭神に、注目してください。

 

image

 

 

「弥都波能売命」と書かれていますね。

漢字は、ただの当て字なので、気にしないでください。

「ミツハノメノミコト」とフリガナがふられています。

 

ハイ!

 

「三葉」ですね。

大ヒットアニメ、「君の名は。」の主人公、「三葉ちゃん」です。

つまり、「イザナミ」です。

 

{9326880D-F524-4023-8FC6-8F65123E30A5}

 

 

元々は、「水神神社」という名前だったと思います。

 

image

 

 

賽銭箱に描かれているシンボルが、凄いです!

 

見てください!

「黒潮の波」で、「三つ巴」が表現されています。

 

image

 

 

 

そして、さらに凄いのは、隣の摂社です。

「小舟町八雲神社」という神社です。

 

image

 

 

拝殿です。

 

{95288E03-A767-4D15-A895-795BD8F044FE}

 

 

image

 

 

{E8F82B42-4320-4DFE-A289-A60863A3BD78}

 

 

隣には、「小舟」の石碑もあります。

 

{91F1CCC4-2E2E-4EE2-8DAA-589000219E47}

 

 

案内板です。

 

image

 

 

この神社の中には、御神体が置かれています。

 

image

 

 

それが、この「神輿」なのです。

 

image

 

 

 

この土地では、「天王祭(八雲神社大祭)」という祭りが、昔から、4年に一度、行われているそうです。

 

「天王」とは、「牛頭天王=素盞鳴尊」のことだそうです。

つまり、「イザナギ」であり、アニメの「君の名は。」のもう一人の主人公、「滝君」です。

 

{3F3CC31C-E8E8-42BD-9EE4-D6E0200C108B}

 

 

モチロン、現代でも続いています。

 

{9946A7F8-605B-4D51-8A24-97678A6E33D3}

 

 

この神輿は、明らかに、「補陀落渡海の小舟」ですね。

四隅に朱い鳥居があります。

 

{86C27A1D-2670-4C27-9E86-FC95DAE595F4}

 

 

 

「神田明神」に行ったのは、2回目でしたが、今回、「補陀落渡海」を学んでから、再度、訪問したら、見る景色が、全く違っていました。

 

 

昔、「リサ・ロイヤル」というチャネラーさんが、こう言っていました。

 

「人類の進化とは、身体が変化して、別の生命体になることではありません。私の進化の定義は、視点が一つ増えることです。視点が増えれば、同じ風景を見ても、同じ状況でも、全く違う異世界を、体験することができます。それが、人類の進化なのです」

 

私は、今年になってから、「補陀落渡海」という視点をもったことで、本当に、「東京」という街が、それまでの景色と違い、異次元空間の異世界に見えてきました。

「東京」という街は、最高に面白いワンダーランドだったのです。

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

 

トーマ

 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。