沖縄ニライカナイツアー 8 ミルク神 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

沖縄に滞在中、「沖宮」にも行きました。

 

ここは、友人の北西さんがいる神社ですが、北西さんから、

 

「3月7日(水)に、沖宮で、お祭りがあるので、よかったら、遊びにきませんか?」

 

と言われたので、さっそく、友人たちを誘って、参拝に行きました。

 
あとで、調べたら、「二十日正月(ハチカソーグヮチ)」というお祭りでした。
 
 
朝から、友人と一緒に、「沖宮」に向かいました。
 
場所は、那覇市の奥武山公園内にあるのですが、駐車場のゲートで、
 
「沖宮に参拝に来ました」
 
と、守衛さんに告げると、そのまま、車で、近くまで行けます。
 
入口の近くの駐車場に駐車して、徒歩で向かうと、遠くて大変です。
 
 
着きました。
鳥居の前で、さっそく、いつもの記念撮影です。
 
{4879CB80-7993-4733-830A-69C5BE6E7422}
 
 
拝殿の前でも、パチリ。
 
{1BD53527-1AA3-4549-B235-27EEBC874373}
 
 
「三つの扉」がありますね。
 
{2C01A005-CA83-4375-8F9E-0A2B2EC33709}
 
 
{BCB71100-5AF0-4A0B-BC89-BF5DB7A53F0E}
 
 
ここでも、不思議な御縁がありました。
なんと、「日秀上人」の絵本を書いている方とも、お会いすることもできました。
 
{6BE48B6B-C749-4A5A-85DD-CC14431EF041}
 
 
北西さんとのツーショットです。
私の新刊、「地球を創った魔法使いたち」の本を持っていますね。
 
{B0808049-D9EA-4754-AC78-2F0F2E72C1B2}
 
 
 
大切なことだと思うので、ここで、再度書いておきます。
 
 

宇宙考古学や古代史の最近の流行として、

 

「共通項を探す」

 

という動きがあります。

 

数学でいえば、それまで、「違い」を探して、どんどん、「展開」していった流れから、現在は、「共通項」を探して、「因数分解」するような作業に、流れが変わっているのです。

 

時代や土地、それから、神話や伝説、また、人間と神々など、時空間や存在に関わらず、「似たような人生」、「似たような名前」、「似たようなシンボルマーク」、「似たような服装」など、どこかが似通っていたら、それらの複数の人物たちは、とりあず、「同じ魂のグループ」、もしくは、「生まれ変わり」だと見なすのです。

 

このやり方だと、面白いことがわかったり、意外な事実に気が付いたりして、最高に面白い作業になります。

 

 

たとえば、事実かどうかは、とりあず横に置いて、一般的な伝承によれば、「キリスト」は、「馬小屋」で生まれたと言われています。

 

image

 

 

同様に、「聖徳太子」も、「馬小屋」の近くで、生まれたと言われています。

だから、別名では、「厩戸皇子」とも、呼ばれていますね。

 

image

 

 

このことから、

 

「キリストと聖徳太子は、同じ魂の生まれ変わり、もしくは、同じソウルグループのメンバーだった可能性がある」

 

こういう仮説が成り立つのです。

 

「キリスト」=「聖徳太子」

 

だということです。

 

 

他にも、こういうものもあります。

 

ロシア正教の宗教画には、「キリスト」が、不思議なハンドサインをして描かれているものがあります。

 

image

 

 

そして、京都の広隆寺にある、「弥勒菩薩半跏思惟像」も、同じようなハンドサインで、彫られています。

 

image

 

 

よく見ると、この二人の人物の指の形が、同じですね。

 

image

 

 

image

 

 

このことから、

 

「キリストと弥勒菩薩も、同じ魂の生まれ変わり、もしくは、同じソウルグループのメンバーだった可能性がある」

 

こういう仮説も、また成り立つのです。

 

「キリスト」=「弥勒菩薩」

 

だということです。

 

 

これらを、合わせると、

 

「キリスト」=「聖徳太子」=「弥勒菩薩」

 

こうなるのです。

 

いつの時代でも、画家や彫刻家が、いろいろな作品を作るのですが、意識しているか無意識かに関わらず、天界の神々が、未来の人々に、いつの日か、神の世界のカラクリを、解き明かしてくれる日のために、暗号のように、様々な仕掛けをしていたということです。

 

 
 
さて、旅行記に話を戻します。
 
 
お祭りが始まりました。
 
拝殿の裏側に、小さな丘のような高台があり、そこを、皆で、階段を登って行きました。
 
最初に、神様に捧げる祭事を行いました。
 
{3148B4FD-F968-445E-9435-E75B02F89E5F}
 
 
本土では、「獅子舞」ですが、沖縄的な表現をすると、「シーサー舞」かな?
左側の二人のお婆ちゃんたちは、90歳以上になる、沖縄の「ノロ(巫女さん)」だそうです。
 
{B8BD2DAA-0827-4618-8611-E0552AFA9B2F}
 
 
「アヌンナキ」の一族の表の王様、「エンリル」が「赤鬼」で、「エンキ」が「青鬼」になるのですが、このシーサーは、「赤鬼」と「青鬼」が融合した色である、「緑色」になっているのが、興味深いです。
 
{F0339F14-8411-4497-BD6C-83598CCA38B3}
 
 
「エンリル&エンキ」のシーサーですね。
「陰と陽」の統合ですね。
 
{A4724BD9-3C3B-48D3-9BBD-7A7AA90F1D3D}
 
 
琉装をした、3人の女性も登場して、踊り始めました。
 
{468C43B0-AFB1-464E-AC8A-307487C1F599}
 
 
「三人の女性」というと、私は、すぐに、「宗像三女神」を思い出します。
 
一説によると、実は、この三人の女性神も、
 
「植物」-「動物」-「人間」
 
この三つの存在のシンボルなのだそうです。
 
 
ここで、真打の登場です。
沖縄では、有名な神様、「ミロク神」です。
 
{30B24E10-B6D9-4065-9E46-1D8C2950E4F9}
 
 
この神様は、「ニライカナイ(補陀落浄土)」から、やってくると言われている神様です。
 
沖縄の救世主伝説のような存在なのですが、この神様の正体が、「ミロク菩薩」だと言われています。
名前の音も似ていますね。
 
相撲の行司さんが持つような物を、持っていますね。
そして、よく見ると、「日」と「月」が描かれています。
 
「日」と「月」は、「日食」のシンボルでしたね。
 
「いったん、闇に隠れて、それから、再度、光の世界を復活させる」
 
と言う意味ですね。
 
「アマテラスオオミカミ」のシンボルですね。
ここでも、「天照派」の垣間見えました。
 
 
祭りのクライマックスでは、主催者や参加者、それから、「シーサー」、三人の女性」、「ミロク神」など、皆で、入り乱れて、カチャーシーを踊りました。
楽しいお祭りでした。
 
{5A7DB80A-1D75-4974-87CE-03DCBE6AE013}
 
 
 
「ミロク神」の顔を、よく見てください。
これは、別の祭りの写真ですが、普通の人よりも、「耳」と「口」が大きいかんじがしませんか?
 
image
 
 
古代において、政治をする役人たちは、
 
「よく聴いてから、口に出す」
 
つまり、
 
「相手の主張を、十分に聴いてから、自分の主張を、大きな声で、皆に聞こえるように、口にだす」
 
こういう姿勢が、尊ばれたそうです。
 
だから、「目」や「鼻」も大きいけど、「口」は、特に大きく、「耳」は、さらに、巨大である。
こういう顔が、「いい政治家」のシンボルになっていた時代があったそうです。
特に、それは、外交の仕事をする、現代風の表現だと、「外務大臣」の地位の役人には、この姿勢が、求められたそうです。
 
そのシンボルが、現代では、日本の「菊花紋」になっているそうです。
 
{07BC7FBE-5A30-4B11-ACB0-65033A49A284}
 
 
「菊(聴く)」
 
この意味も、込められているのだそうです。
 
これは、外交だけでなく、全ての人間関係に言えることですね。
相手の主張や意見を、「よく聴く」という姿勢が、交渉や外交において、最重要なのです。
 
 
勘の良い方は、そろそろ、気が付きましたね。
 
そうです。
 
相手の主張を、よく聞いてから、その後に、自分の主張を口に出す。
 
これができる王様が、「聖人」なのです。
 
「聖」の文字を見てください。
 
image
 
 
そして、この「聖」の姿勢を大切にして、「徳」のある政治を行い、「一(はじめ)」から「子(おわり)」まで、それを、一貫して持続した、「太(宇宙の創造主)」だった人物がいたのです。
 
そうです。
 
「聖徳太子」
 
という人物です。
 
{2762792B-9665-4B90-8FF8-1618551D8BD7}
 
 
 
今までの話を全部まとめて、結論だけをシンプルに書きます。
 
「キリスト」=「聖徳太子」=「弥勒菩薩」=「ミルク神」=「アマテラスオオミカミ」=「天照派」
 
こうなります。
 
これらの存在は、皆、同じ目的をもった魂のグループだったということです。
 
 
 
祭りが終わった後、この祭りの会場になった場所の裏側にも、行ってみました。
 
 
「世界平和之島という文字が刻まれた石碑がありました。
 
ちなみに、「不動明王」の正体は、地球の表の王様である、「エンリル」です。
 
{96049537-B53D-4BC9-87F3-9C0A9E919B2D}
 
 
{AA88EB4A-D4F8-41B4-B3B2-ACA289ACF797}
 
 
 
ここに祀られている神々も、「天照派」のグループだと思います。
 
{8D3C9BDE-794A-42E8-A3FE-31CB54EC8D20}
 
 
この神様の正体は、「イザナミ(ニンフルサグ)」だと思います。
 
{D57A470E-8FE4-4D3F-B5A1-D43BDC39BF86}
 
 
この神様は、「恵比須様」ですが、同時に、「イザナギ(エンキ)」でもあります。
「陰陽のシンボルマークである、「二つ巴」ですね。
 
{79B4A20F-FD64-4289-9E09-7665FF738A95}
 
 
 
同じ境内には、お寺もありました。
 
ここは、明治の神仏分離までは、「沖山三所権現(沖の寺)」とういう名前でもあったそうですね。
 
{7E5451CA-8063-49A3-8382-5BCEB4BF7224}
 
 
やはり、「三つ巴」もありました。
そういえば、「巴」の形は、数字の「6」でもあり、「三つ巴」は、「666」のシンボルでもありますね。
つまり、「ミロク(弥勒)」の意味です。
 
{21540A0C-100C-4EBD-8537-BF5B0384A064}
 
 
これもありました。
「コンパス」と「定規」の意味だと思います。
 
{58BF7CB9-22AA-4E36-A581-7ED9ED218C24}
 
 
 
 
次回に続きます。
 
 
 
 
 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

トーマ

 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。