沖縄ニライカナイツアー 1 シーサー | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

お待たせしました~!

今月の上旬に、沖縄に行ってきましたが、その旅行記の始まりです!

 

今回のテーマは、「ニライカナイ」ですが、これの意味については、後ほど、少しづつ解説していきますね。

 

 

 

3月5日(月)に、沖縄の那覇空港に、最終便で到着したのですが、夜だというのに、暖かいのに、ビックリしました。

東京での生活が長いので、たまに、生まれ故郷に帰ってくると、その気候の温暖さに、まず驚きます。

 

{23C44780-6894-48FC-BB54-66300203714F}

 

 

{B21FBF89-D928-48B2-918E-EE6237E4A2D8}

 

 

沖縄は、真冬の時期でも、夜から散歩ができます。

沖縄に住んでいた頃は、これを、なんとも思っていませんでしたが、これは、素晴らしい環境です。

東京だと、夜は寒すぎて、とても散歩の気分になりません。

 

考えてみたら、沖縄という場所は、

 

「日本の中で、唯一、一年中、夜の散歩ができる場所」

 

と、言えるかもしれません。

夜型の私には、とても嬉しいです。

 

逆に言えば、こういう環境で、子供の頃に育ったから、夜型のライフスタイルになったのかもしれません。

そういえば、世界中どこでも、暑い地方は、夜型で、土地によっては、「シエスタ(昼寝」がありますね。

 

 

住んでいた頃は、なんとも思わなかった、「ハイビスカス」も、久しぶりに見ると、とても綺麗に見えました。

 

image

 

 

沖縄の滞在は、4日間と、とても短ったのですが、とても充実していました。

特に、日本の裏古代史の秘密が、どんどん解けていくのが、とても楽しかったです。

 

 

 

この旅行記は、前作の「古代日本ピースツアー」の続編になりますので、まだ読んでいない方は、ぜひ読んでください。

これから先の内容を、より理解できると思います。

 

とりあえず、前作までのストーリーを、速足で駆け抜けましょう。

まず、「アヌンナキ」の一族について、簡単に、おさらいしておきましょう。

 

 

太古の時代、地球を訪問した宇宙人のグループは、たくさんいたようです。

その中でも、一番、地球の歴史に深く関わったのは、何度も紹介している、「アヌンナキ」の一族です。
 
このグループは、「レプティリアン(爬虫類人)」のグループに、属すると思いますが、この一族は、「シェイプシフト」、つまり、変身能力があるために、いろいろな姿形になることが、できたようです。
 
 

一説によると、「二ビル」という名前の惑星から、50万年前くらいに、地球にやってきたとも言われています。

 

「アヌンナキ」という男性の神様から、地球人類の歴史は、主に始まっているのです。

彼が、地球の計画書みたいなものを作成して、そのプラン通りに、歴史は動いているのです。

 

だから、「his story(彼の物語)」なのです。

 

この二語を組みわせた造語が、「history(歴史)」だということです。

 

「歴史」の秘密は、そのまま、文字に表現されていたのです。

そのまんまなのです。

素直に解釈すればいいだけの話です。

 

 

 

こちらは、「シュメール文明」の遺跡から、発見された粘土板の絵です。

背中から、翼が生えていますね。

「アヌ王」だと言われています。

この存在が、「天使」の源流かもしれません。

 
{8DA17019-BF42-413D-9756-B2C6FD278F92}
 
 
次の写真は、鳥の姿に、「シェイプシフト(変身)」した時の姿だと言われています。

同じく、「アヌ王」です。

 

{C32A81EF-6547-44D0-A29B-68AE63DFBD6E}

 

 

こちらも、「アヌ王」だと言われている壁画です。

 

{58DC698A-4DA3-436B-9BF9-029FD8EB045D}

 

 

彼は、「ゾロアスター教」の最高神、「アフラ・マズダー」でも、あったみたいです。

全ての宗教団体の源流を辿ると、この神様に、辿り着くとも言われているくらい、地球においては、絶対神だったようです。

 

{62B67C8B-707F-4814-BD90-ED33279A0FC0}

 

 

これは、シュメール文明の壁画です。

上空を飛んでいるのが、父親の「アヌ王」で、下の二人が、息子たち、「エンキ」と「エンリル」だと思います。

 

{58E61391-AF08-4B64-A265-0FE9E807938B}

 

 

 

面白い話があります。

 

「アヌ王」は、歴史上の様々な人物に、生まれ変わったようなのですが、日本では、「神武天皇」としても、生まれていたようなのです。

 

そして、沖縄には、その「神武天皇」が、9歳くらいまで住んでいたという伝説が、口伝で残っているのです。

 

「神武天皇」は、特に、幼少期の頃、沖縄本島の北部のあたりを、拠点にしていたようです。

「伊是名島」にある、「伊是名ピラミッド」のあたりで、生まれたという伝承も、沖縄には残っているのです。

 

このピラミッドです。

ここは、歴代の琉球王国の王族の墓です。

 

150520_112549.jpg

 

 

「神武天皇(アヌ王)」は、よく、沖縄本島の上空を、UFOで飛び回っていたとも言われています。

なんと、その時代の「皇居」は、現代では、沖縄県島尻郡八重瀬町にある、「南部工業高校」の土地にあったそうです。

 

伝承によると、「神武天皇」は、沖縄から、九州に向かったのだそうです。

九州への行軍は、那覇市の与儀十字路から、始まったとも言われています。

 

私は、いろいろな状況証拠から、九州へは、海を航海する船ではなく、やはり、UFOに乗って、飛んでいっただろうと考えています。

 

 

これは、世界遺産にも登録された、沖縄本島の北部にある、「今帰仁城跡(なきじんじょうあと)」です。


150519_141006.jpg

 

 

「今帰仁」と書いて、「なきじん」と読むのですが、

「どうして、こういう読み方をするだろう?」

と思って調べてみました。

 

すると、「今帰仁(なきじん)」という地名の由来は謎で、学者たちによる定説が、まったくないそうです。

…ということは、古い沖縄の言葉よりも、さらに古い時代の言葉の可能性があるということですね。

そこで、最初は、「泣き人」や「亡き人」なのかと思って、いろいろ考えていたのですが、シックリきませんでした。

 


しばらくして、閃きました。

「なきは、ナキで、じんは、神だったんじゃないかな…?」

「なき」は、「アヌンナキ」の「ナキ」だったんじゃないかということです。

「じん」は、「神」ですね。

「今帰仁(なきじん)」=「ナキ神」=「アヌンナキの神」

という等式が、成立するかもしれないと思ったのです。

「今帰仁城跡」=「太古の時代に、アヌンナキが治めていた場所」

かもしれないということです。
 

 

「神武天皇」は、その後、九州を拠点にしたようですが、大分県の「宇佐神宮」にも、彼の正体が、「アヌ王」だったという痕跡が残っています。

 

{7E86CACC-7C73-4B3D-935F-98374E6355C3}

 

 

この神宮の本殿の周りをウロウロしていたら、拝殿の近くに、御神体の写真が飾られていました。

 

その写真に、目が釘付けになりました。

 

そして、

 

「うわーー!!」

 

と、大声を上げしまいました。

 

この写真です!

 

{826578D3-187D-45BC-934F-1B6DA2BA27E5}

 

 

わかりましたか?

 

明らかに、「UFO」ですね。

これが、UFOじゃなかったら、何なんでしょうか?

 

間違いなく、「神武天皇=アヌ王」が、沖縄から九州に来た時に乗っていた、スペースシップだと思います。

 

「宇佐神宮」の正真正銘、本物の御神体は、「UFO」だったのです。

この「UFO」の形をした石は、模して作ったものではなく、本物のUFOが、役目を終えたので、石化したのだと思います。

 

 

興味深いのは、最近、これとそっくりな石が、ロシアでも発見されているのです。

 

{2E83C79B-9DDB-42B7-A1D4-D5F33B59ECBC}

 

 

スイスのコンタクティー、ビリーマイヤーが、遭遇したUFOにも似ていますね。

「プレアデス系」の宇宙人グループですね。

 

image

 

 

 

これも、「今帰仁城跡」の写真です。

城壁は、ペルーの「マチュ・ピチュ遺跡」にも、似ている気がします。

150519_164831.jpg


早朝などの霧の中では、本当に、マチュ・ピチュ遺跡のような景色になるようです。

150519_164304.jpg

 


ご存じのように、ペルーの「マチュ・ピチュ遺跡」には、部屋のような建物に、屋根がない部屋ばかりです。




昔は、この屋根については、

「当初は存在していたのだが、後から、天災などの理由で、無くなったのではないか?」

と言われていたようですが、最近の新説では、

「ペルーのマチュ・ピチュ遺跡には、最初から、屋根がなかったのではないか?」

という意見も、ちらほら出てきているようです。

「では、それは、どうしてなのか?」

ということですが、

「当時、宇宙人たちが、人間たちを、何らかの理由で、その場所の囲いの中に拘束していたのではないか? そして、これも、何かの理由で、必要な時に、上空から、UFOで引き上げていたのではないか? そのために、屋根が邪魔だったために、無かったのではないか?」

こんな意見も、出てきているようです。

要するに、

「マチュ・ピチュ遺跡というのは、古代の時代、宇宙人たちが、人間を、奴隷や家畜のようなかんじで、飼っていた場所だったのではないか?」

という仮説です。

宇宙人たちにとって、地球における、「動物園」や「遺伝子実験場」のような場所だったかもしれないのです。
この動物とは、モチロン、「人間」です。


私には、「マチュ・ピチュ遺跡」に似ている、この「今帰仁城跡」が、太古の時代にも、似たような城壁のような建造物が、すでにあって、そこで、宇宙人たちが、動物園や実験場の動物として、人間を囲っていたような気がするのです。
それから、何らかの理由で、そこが無くなり、13世紀頃に、人間が自力で、再び、お城として建造した。
このようなビジョンが、見えるのです。

 

もしかしたら、この宇宙人が、現在の今帰仁城跡のあたりで、人間を囲って、動物園や実験場のようなものを、つくっていたのかもしれません。
 

 

 

さらに、「アヌ王」の二人の息子たちである、「エンリル」と「エンキ」の痕跡も、この城の近くにあるのです。
つまり、人類の誕生に関わった、「エデンの園」が、今帰仁城跡の近くにあるのです。

 


今帰仁城跡の近くに、「古宇利島(こうりじま)」があります。
ここは、人気グループの「嵐」が、JALのCMで、ロケ地としても使ったことで有名です。
二つの岩が重なると、ハートの形になる、「ハートロック」がありますね。

150518_181328.jpg


沖縄版の「アダムとイブ」の神話が、言い伝えられている場所でもあります。
だいたい、こういう内容です。

 


大昔、この島に、裸の男女が、住んでいました。
二人は、天から降ってくる餅を食べて、暮らしていました。
ある日、二人は、「餅が降ってこなくなると、大変だ」と考えて、餅を少しずつ蓄えました。
すると、餅は、降らなくなってしまい、二人は、狩猟や穀物の栽培を始めて、生活の苦労を知ります。
また、別の日に、二人は、ジュゴンの交尾を見ました。
そして、裸でいるのが、恥ずかしくなり、恥部を、蒲の葉っぱで隠すようになりました。
その後、二人の子供達が、島から出て行って、琉球人の祖先になりました。

 


面白いですね。

 

宇宙考古学的な解釈をすると、この神話に出てくる、「ジュゴン」は、そのまま、「人魚」だっただろうと思います。
「人間+魚」のハイブリッドの生命体だったと思うのです。
もしかしたら、「アヌンナキ」という宇宙人たちだったのかもしれません。


聖書の創世記によれば、最初のアダムは、神が、土から造ったという表現がされています。
これは、昔は、馬鹿馬鹿しいと思われていたようですが、最先端の科学では、見なおされてきています。

人間の身体は、80%は水分で、あとは、蛋白質やカルシウム、その他の物質でできているようです。
さらに、水は、水素と酸素から成っています。
蛋白質は、炭素、水素、窒素、酸素、硫黄などから、成っているようです。
他にも、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、塩素、リン、鉄、マンガン、ヨウ素、亜鉛、コバルト、フッ素などの物質が含まれています。
これらが、有機的に結合しているのですが、興味深いのは、これらの元素は、全て、地球の地殻の中に存在しているもので、ごくありふれた元素だということです。

聖書の中の記述は、科学が進歩するとともに、聖書の内容が、科学的な事実だということが、どんどん、わかってきているのです。
人間の身体というのは、ほとんどが、「土」なのです。
だから、死んだら、土にかえるのです。

創世記によれば、その後、神は、アダムの鼻に、いのちの息(霊)を、吹き込んだと書かれています。
それから、神は、アダムの肋骨から、イブを造ったそうですが、これも、最先端の細胞学では、見なおされているようです。
肋骨のような比較的短い骨の骨髄は、赤色骨髄で、盛んに細胞分裂して、急激に増殖する骨髄細胞を含んでいるそうです。

 

最先端のクローン技術では、モノクローン抗体というのを造る時には、この盛んに分裂増殖する骨髄細胞を利用することが多いそうです。

ようやく、人間も、神のテクノロジーに、追いついてきたということです。

もし、現代の科学で、人間を造ろうとしたら、やはり、創世記の記述通りの作業をするだろうとも、言われているそうです。

先に、男性から造ったのも、染色体の数と特徴を考えれば、合理的なのだそうです。
男性は、XY、女性は、XXというような話を、学生時代、聞いたことがあると思いますが、細胞学的に見ると、男性の中に、女性の基本的な特質が、事前に含まれているのです。

それで、神は、最初に、男性から造ったようです。
このXとYの組み合わせは、確率的に言っても、XYとXXが、ともに50%になり、人口の半々を、男と女にできるようになっているようです。
人間というのは、ここまで考えられて、設計されているのだそうです。
 

 

 

宇宙考古学のゼカリア・シッチン博士によると、「アヌ王」には、二人の息子、「エンリル」と「エンキ」がいたそうです。

 

「エンリル」のほうが、父親である、「アヌ王」から、「エデンの園」と言われている場所で、「アダム」と「イブ」の管理を任されていたようなのです。

当時の「エデンの園」は、世界中に、たくさんあったようですが、遺伝子の実験場のような所で、沖縄においては、「古宇利島」のあたりだったと想像します。

 


「エンリル」は、人間の姿で、「エンキ」は、上半身は人間で下半身はヘビ、こういうハイブリッドの姿だったようです。

左が「エンリル」で、右が「エンキ」です。




聖書の中で、ヘビが、途中から、「アダム」と「イブ」に、「知恵の木の実」であるリンゴを、食べさせたという話は、この「エンキ」の仕業だったとも、言われています。




日本でも、「宇賀神(うがじん)」という名前で、親しまれています。
頭部が人間で、身体がヘビの神様です。

150101_160839.jpg
 

 

 

ご存知のように、二体の神様がワンセットになっている像は、世界中の神社や神殿にありますね。

いろいろな姿に、シェイプシフト(変身)していますが、それらの像の正体が、「エンリル」と「エンキ」という二人の兄弟神なのです。

 


「有翼人面の牡牛像」です。
メソポタミア文明(イラク)のあたりの像です。

 


これは、有名なシュメール文明の「レプタリアン(爬虫類人)」ですね。

140930_001012.jpg


日本では、「金剛力士像」が、やはり、ペアです。




韓国にも、同じような像があるみたいです。

 

 

どうですか?
バラバラに見えるものも、こうやって、共通項でまとめて見ると、法則性や類似性に、気がつくのではないですか?
これらの二体が、「エンリル」と「エンキ」の二人の兄弟を、表現しているということです。

 

 

 

これは、中近東で発見された壁画だそうです。

 

前述したように、「アヌンナキ」の宇宙人たちは、洋服やアクセサリーを取り替えるように、自由自在に、自分の身体を変えられたのが特徴です。

 

シュメール文明の時代では、彼らは、頭部を、「ライオン」にして、活動していたようなのです。

特に、エジプトの土地では、この姿だったそうです。

そして、彼らの姿を、石像で残したのが、「スフィンクス」みたいです。

 

{331642CA-F60E-43E6-BF06-5840FCAE41D3}
 
 
「エンリル」は、もともとは、人間の姿をしていたのですが、おそらく威厳を保つためだと思いますが、ある時期から、自分の頭部を、「ライオン」の姿にすることを、好んでいたようなのです。

「ライオンが、地球の地上の動物で、一番強そうだ。人間たちに、ナメられないように、ライオンの顔をしてやれ!」

こう思ったかもしれません。
プロレスラーが、強そうに見せるために、覆面をかぶり、「覆面レスラー」になるようなものです。
 
この壁画のような姿だったようです。
 
{74F83A3A-63B1-48E0-9B0E-046C719DF41C}
 
 
日本では、「獅子舞」も、「エンリル」みたいです。
 
{068E4A27-FBB7-4EF1-A962-510A9A3C7637}
 
 
一方の「エンキ」のほうも、最初は、半分人間で、半分蛇の姿だったそうですが、次第に、いろいろな姿を試し始めたようです。

最初は、「エンリル」の真似をして、同じように、「ライオン」の頭部にしていたようなのですが、あとから、キャラがかぶったのを嫌ったのか、他の姿に変えています。

その姿が、どうやら、「ユニコーン」だったようなのです。
 
{EF417116-8731-43DB-BDF8-1E5611A17B98}

 

 

まとめると、この二人の兄弟の姿が、最終的に、落ち着いた姿が…

 

「エンリル」=「ライオン(獅子)」

「エンキ」=「ユニコーン(一角獣)」

 

こうなったようです。

 

 

 

日本では、「狛犬」が、有名ですね。
沖縄では、「シーサー」です。

一般的に、「ライオン」だと言われていますが、そもそも、ライオンが生息しているのは、アフリカとインドです。
中国や日本、そして、沖縄には、「ライオン」などいません。


「狛犬」や「シーサー」は、二体で、ワンセットですが、これらの二人の神様も、「エンリル」と「エンキ」なのです。

 


これは、靖国神社の狛犬です。
口をあけて、角がないほうが、「エンリル」だと思います。
「ライオン」を表現しています。


口があいているのは、父親から、
「オマエが、人間たちに、いろいろ命令しろ!」
と言われたからかもしれません。
 

{19535F43-5E64-43CD-9196-714F18C09B28}



口をとじて、角があるほうが、「エンキ」だと思います。
「ユニーコーン」を表現しています。


口がとじているのは、父親から、
「オマエは、黙っていろ!」
と言われたせかいもしれません。(笑)
 

{97700F53-EB0D-4599-B2C3-CE8AC3D599E4}

 

 

 

これは、2年前の沖縄旅行の時の写真です。

那覇市の壺屋に行ったのですが、そこの「壺屋焼物博物館」に、面白い「シーサー」が、展示してありました。

額に、「王」のマークが刻印されているのです。
これは、名前は忘れましたが、沖縄で一番のシーサー作りの名人が、作ったものだそうです。
地球の「王」である、「エンリル」のシンボルですね。

 

{FB90F0A2-44F6-4728-8C07-301C617486E2}

 
 
ちなみに、昔から、世界中で目撃されている、「王」の文字が入ったUFOです。
「エンリル」は、これに乗って、地球を飛び回っていたんじゃないかな?





オマケの話です。
 
 
日本における神社の数のランキングです。
 

多い県です。

 

1位 新潟県 4786

2位 兵庫県 3859
3位 福岡県 3417
 
そして、少ない県です。
ダントツで、少ないのは、沖縄県です。
 
45位 和歌山県 442
46位 愛媛県 116
47位 沖縄県 13
 
 
数字だけを見ると、沖縄県民は、他の土地に比べて、神様への信仰心が、薄いような気もしますね。
しかし、数字だけからでは、真実は、わかりません。
 
沖縄を旅行した方は、よく知っていると思いますが、沖縄県内のお土産屋さんでは、至る所で、「シーサー」が売られています。
 
もちろん、これは、地元の人々も買います。
そして、自分たちの家の門の上などに、飾るのです。
 
{D70E72DC-96E4-4188-8D09-B1682DE32676}
 
 
{20DCAFCD-5E8D-4EB1-8F6A-34C58B44A137}
 
 
{6EC2CC40-1C35-43C9-99FC-30C8C804E0C6}
 
 
 
そうです。
 
沖縄県という土地は、登録されている神社こそ、13カ所と、とても少ないのですが、実は、たくさんの家が、そのまま、「神社」になっているのです。
 
「家庭」が、そのまま、「神社」になっているのが、沖縄県なのです。
 
だとしたら、いったい、神社数は、どのくらいになるんでしょうか?
数えきれませんね。
沖縄には、「シーサー」という神様が守護している、「家庭」という名前の神社が、星の数ほどあるのです。(笑)
 
 
 
 
次回に続きます。
 
 
 
 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

トーマ

 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。