古代日本ピースツアー 7 日光 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

都内にある、「王子神社」にも、立ち寄りました。

 

{1B29C6DD-7558-45A7-9DD7-F56FABE4A7F2}

 

 

{CE8FE9ED-EF11-42D0-8B0C-698649EAFE02}

 

 

文字通り、「王子たちの神社」ですね。

おそらく、「イザナギ」と「イザナミ」の子孫である、99人の王子のグループが、関東で拠点をつくった場所だと思います。

 

拝殿です。

 

{419E2F5F-6D1F-48CC-8ABC-B8B8E90542DA}

 

 

「三つ巴」ですね。

 

{F4ECF4F5-2F39-4023-A100-34F29E06DB75}

 

 

「土俵」の跡のようなものもありました。

 

{D544D05A-8D87-4F7F-A71B-3A224D1C7BF1}

 

 

摂社に祀られている神様は、おそらく、本当の正体は、

 

「神の中の始祖であり、天地開闢の神、イザナギとイザナミ」

 

というのが、真実だと思います。

 

{DB781254-4688-4E89-96C4-4D0E9573ADF6}

 

 

{C6E1EFD6-4935-4F09-B130-4B18AEB01D2B}

 

 

 

 

埼玉県日高市の「高麗川神社」にも、行って来ました。

 

image

 

 

拝殿です。

 

image

 

 

境内には、大きな御神木がありました。

 

image

 

 

その御神木の根元には、小さな祠が、置かれていました。

 

image

 

 

「丹生宮」と書かれていますね。

この土地も、「天照派」の拠点だったみたいですね。

 

image

 

 

 

近くには、「野々宮神社」もありました。

 

image

 

 

屋根には、「三つ巴」がありました。

 

image

 

「三つの石」が、御神体みたいですね。

 

image

 

 

「土俵」もありました。

image

 

 

 

さららに、その近くには、「熊野神社」もありました。

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

中を覗くと、「三つの扉」のある祠がありました。

 

image

 

 

屋根には、「三つ巴」もありました。

 

image

 

 

境内には、こういう祠もありました。

名前も書かれていませんが、この半分、扉が開いている祠は、「天の岩戸開き」の意味だと思います。

 

image

 

 

 

 

関東においては、「天照派」が、「黒潮ロード」に乗って、小舟で漂着した場所が、

 

「千葉県」&「茨城県」&「神奈川県」&「東京都」

 

主に、この4ヵ所だったようです。

 

それから、「埼玉県」を通って、北関方面の「群馬県」と「栃木県」に向かったのが、大きな流れだったようです。

 

 

京都の「丹後」から始まり、関西を経由して、和歌山県の「熊野」から、小舟で、「東日本」を目指した「天照派」のグループの主なルートを、シンプルに書くと、赤線のようなルートになります。

 

image

 

 

 

さらに、特筆すべきことがあります。

 

 

私は、「補陀落渡海」を調べていて、

 

「九十九里浜のあたりから、日光まで歩いて移動した時は、大変な道のりだったに違いない」

 

と思っていたのですが、実際には、小舟で、流れに逆らいながらも、上流へと向かうことができたようです。

もしかしたら、追い風の時には、とても楽に行けたかもしれません。

 

 

現在の千葉県銚子市のあたりから、栃木県日光市まで、古代においては、「香取浦」という大きな湾と無数の川があり、なんと、太平洋から、「日光」のあたりまでは、「鬼怒川」を使って、舟で一気に行くことができたようです。

 

1000年前の想像図だそうです。

 

{2F260198-FD33-46E3-88E6-6DA293D9AA3A}

 

 

なるほど…、ですね。

 

「補陀落渡海」の僧たちが、後に、「補陀落寺」や「雷神神社」や「熊野神社」などを建てた場所は、この川沿いが多いですね。

こうやって、地形で推測すると、かなり正確な歴史が、把握できますね。

 

そして、「補陀落渡海」のグループは、いったん、栃木県の辺りで落ち着き、定住したようです。

その中の一部は、さらに、北上して、現在の「東北地方」に向かったようですね。

 

 

 

 

先月、宇都宮市にも、「補陀落渡海」の痕跡を探しに行きました。

 

 

「雷電神社」という名前の神社は、群馬県に一番多いようですが、栃木県にも、いくつかあります。

 

気が付いたのですが、「宇都宮」という地名を分解すると、「宇」+「都」+「宮」なので、

 

「宇宙から来た、三十八の子供の中の三十八」

 

という意味になりますね。

 

「男の中の男」というニュアンスかな?

 

「宇宙から来た、正真正銘の三十八人の子供の子孫が住んでいる土地」

 

こういう意味かもしれませんね。

 

 

栃木県宇都宮市平出町にある、「平出雷電神社」にも行ってきました。

 

{C0065293-6B32-4CD1-AC0F-1AEB79EA8B35}

 

 

{B7B8F1AD-7A80-4342-9EE3-A384A650C775}

 

 

拝殿で参拝しました。

 

{904CDD3A-F2B1-4CFD-B8D9-48D412698780}

 

 

 

宇都宮市内には、他にも、「雷電神社」がありました。

場所は、細谷町です。

 

{EE9AD328-48B0-4C52-B32A-905FB4025269}

 

 

小さな神社ですが、境内には、とても良い氣が充満していました。

 

{A1DCA361-3822-42B3-B7F9-EFD7C2FCBB6F}

 

 

この文字を見ただけで、感動しました。

 

{570A0463-42D1-4F4A-9A94-9DB0143EC5EF}

 

 

 

 

宇都宮市内をまわっていたら、この神社の名前が、目に飛び込んできました。

 

「二荒山神社」

 

ビックリしました。

 

以前に、ネットで調べた時に、名前だけは知っていたのですが、まさか、その神社が、ここにあるとは思っていなかったのです。

 

{95232513-1E87-40AC-B44B-D4007B777BED}

 

 

「二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」と発音するそうです。

 

{EDFF5CDB-D741-4B6C-B0B0-F3547A4BF575}

 

 

もうわかりましたね。

 

「補陀洛山寺(ふだらくさんじ)」=「二荒山神社(ふたあらやまじんじゃ)」

 

こうなるのです。

 

この神社は、和歌山県の「補陀洛山寺」と、完全に繋がっているのです。

 

つまり、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町の「補陀洛山寺」の僧侶たちは、小舟で、「黒潮ロード」を渡って来て、関東の地へ上陸した後、栃木県宇都宮市にある、「二荒山神社」にも、辿り着いたということです。

 
 
記念撮影です。
 
{9DB25263-CEE7-461A-8705-585E7D55A500}
 
 
拝殿で参拝しました。
 
{F2B16004-8337-428D-AF02-2DBA77CEABEB}
 
 
灯篭の中に、不思議なシンボルがありました。
 
なんと、神紋が、「菊の三つ巴」です!
私は、いろいろ調べた結果、この神紋が、日本の古代史において、最重要なシンボルだと思っています。
 
{F9B70791-F4D8-4C78-99DA-76AD068B4E85}
 
 
この神紋は、「三つ巴」と「菊花紋」が、合わさっていますね。
 
「日本という国家の中枢や奥底には、天照派のグループがいますよ」
 
こういう意味だと思います。
 
凄いシンボルですね~~!!
 
{5C5F0A80-9C3C-463C-9C55-AF0F7CDDBCBD}
 
 
神馬にも、「三つ巴」がありました。
 
{B79D9915-4B03-400B-8F8A-65962DCD8308}
 
 
 
それから、しばらくして、別の日に、栃木県日光市にも行きました。
 
ここにも、同じ名前の神社があります。
 
「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」
 
という神社です。
 
有名な「日光東照宮」の隣にある神社です。
 
 
ここにも、「三つ巴」がありました。
 
{2E4D4B81-6DBD-47AB-B7DD-495AFBFE3117}
 
 
記念撮影しました。
 
{8209DA4C-A05C-42DD-86FC-6916BE62439C}
 
 
ここも、和歌山県熊野のお寺と、密接に繋がっているのです。
 
だから、こうなります。
 

「熊野 補陀洛山寺」=「宇都宮 二荒山神社」=「日光 二荒山神社」

 

 

一説によると、「日光」という名前は、弘法大師空海が、この地を訪れた際に、「二荒」を、「にこう」と読み、「日光」の字を当て、この地の名前にしたとも言われています。

 

「補陀洛」→「二荒」→「日光」

 

こうなったそうです。

 

和歌山県の「補陀落山寺」、それから、栃木県の二つの「二荒山神社」が、見事に繋がりましたね。

 
 
やはり、「天照派」のグループが、終の棲家に選んだ土地が、ここだったのです。
ここで、メインのグループは、ここで、居住を始めたと思います。
「日光」の土地で、日本の歴史は、いったん落ち着いたのだと思います。
 
 
 
そして、大切なことは、「日光」という太陽の光は、古代において、いったん、ここで隠れるのですが、「日食」が、暗くなったあと、再び輝きだすように、そして、「天の岩戸開き」の天照大神が、籠ったあとに、再び顔を出すように、日本という国は、「不死鳥」というのが、シンボルマークでもあり、特性なのです。
 
「外国から、どんなに叩かれても、戦争で負けても、経済が悪くなっても、必ず復活する」
 
これが、「日本」という国の底力なのです。
 
そして、それを裏で支えているのが、裏の古代史に登場する、この旅行記の主役、「天照派」の人々なのです。
 
今年から、また、「丹の光」を放つ日本」が、再び浮上してくると思います。
楽しみですね。
 
 
 
拝殿で参拝しました。
 
{11F6DFA4-333D-47E6-A93D-3A0492CC6F33}
 
 
やはり、扉が三つありますね。
 
「植物」-「動物」-「人間」
 
この三つの神殿ですね。
 
{7BD7B395-00D7-46D4-B0FE-47A58D2A0826}
 
 
 
どうですか?
 
壮大なスケールの脱獄劇だったのですね~!
 
この旅行記のメインテーマである、「ピース」には、「平和」という意味がありますが、他にも、ジグソーパズルの「ピース」の意味も含んでいます。
 
今まで謎だった、日本の歴史の欠けていた穴に、パズルのピースが、パチン、パチンと音をたてながら、適切に、そして、綺麗にハマっていくのを、感じると思います。
 
 
 
「補陀落渡海」の痕跡は、関東地方の西側、神奈川県にも残っていました。
 
次回、「古代日本ピースツアー」、フィナーレです。
 
 
 
 
 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

 

トーマ

 
 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

 

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。