古代日本ピースツアー 5 日月神示 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

千葉県の話題の続きです。

 

 

「ウィキペディア」によると、「補陀落(ふだらく)」とは、観音菩薩の降臨する霊場であり、観音菩薩の降り立つとされる伝説上の山と、定義されています。

そして、その山の形状は、「八角形」だと言われています。

 

つまり、「補陀落渡海」に関係のある場所は、「八角形」や「八」の数字が、多いのです。

 

 

先月、千葉県では、木更津市にも行って来ました。

ここに、「八剱八幡神社」という、「八」の文字が、ダブルで入っている神社があるのです。

 
 
鳥居の前で、記念撮影しました。
 
{3AA06978-84FB-4939-BB2A-7F453B3C43AE}
 
 
拝殿です。
 
{3BBF700E-E579-4280-99D2-1D5437388E30}
 
 
{BBC84740-50D8-42B0-A93B-9DC3769FF91B}
 
 
やはり、ここにも、「補陀落渡海」の痕跡が、いくつか、見つかりました。
 
まず、「三つ巴」のシンボルが、ドーンと飾られています。
 
{B710D9C1-4995-4578-AF5C-716AF95BC874}
 
 
 
お祭りの神輿ですが、「三つ巴」と「八」の文字が、刻まれています。
 
{2E449C84-88CF-4DDA-A642-10E706DA8644}
 
 
 
境内には、小さな摂社がありますが、ここも、興味深いです。
 
{E00FC298-9FA7-4032-848B-573E32C567D2}
 
 
「祖神社」、つまり、この土地の「祖先の神社」だと言っているのです。
 
そこには、「屋形船」の文字が、ハッキリと入っています。

 

{7BA0D224-5E08-4DF2-9375-D715438ACEEA}

 

 

普通の「舟」や「船」という単語ではなく、「屋形船」という表現が重要です。

 

ハイ!

 

間違いなく、「補陀落渡海」の小舟の意味だと思います。

 

この土地の先祖たちは、太古の昔に、熊野からやってきた、「天照派」、つまり、本当の天皇家の子孫だと思います。

 

image

 

 

 

他にも、小さな摂社がありました。

 

{809E32B8-FC9C-4D32-9079-F08011517F10}

 

 

「三社神社」という名前だそうです。

これも、おそらく、「三つ巴」の意味です。

つまり、「植物」と「動物」と「人間」の3者を祀っているという意味だと思います。

 

{8AE635D7-DE1A-48E0-B22A-59B726F2C91B}

 

 

 

この木彫りの彫刻は、「七夕」の「彦星」と「織姫」にも見えますが、「イザナギ」と「イザナミ」にも見えますね。

もしくは、ヤマトタケルと、その妻となったオトタチバナヒメかもしれません。

 

いずれにしろ、仲のいい二人の神様を表現していると思います。

 

{240941F3-7B65-42FE-9D0B-445C4E71C3BD}

 

 

 

 

ここから、車で、ちょっと走った場所には、「吾妻神社」もあります。

 

 

{154C9C72-E547-4FC8-9024-9683BC155E9F}

 

 

{2CEF4E6D-DF07-4E24-857A-815D832400E9}

 

 

有名な話ですが、ヤマトタケルの東国征伐の時、船で上総国に渡ろうとした時に、一行は海上で嵐に襲われ、その時に、その妻、オトタチバナヒメが、海に身を投じることで嵐を静めようとします。

そして、その祈りが通じたのか、嵐が収まり、一行は、無事に上総国に渡る事ができたという話です。

 

その後、ヤマトタケルは、この地に、しばらく留まり、死んだ妻のことを思って歌にしたそうです。

 
それが、

 

「君さらず 袖しが浦に立つ波の その面影をみるぞ悲しき」

 
この歌の一節、「君さらず」が転じて、「木更津」という地名となったとも、伝えられているそうです。
 
 
 
木更津市の太田山公園には、山の上に、「きさらづタワー」という大きな建物があり、その頂上には、この二人の夫婦の像も、建っています。
 
これだけの期間、語る継がれるということは、きっと、素晴らしい愛で結ばれた二人だったのでしょうね。
もしかしたら、「イザナギ」と「イザナミ」の生まれ変わりだったかもしれませんね。
 
{0D1BC788-9F3B-4605-B185-D6E9F1C68F40}
 
 
「橘神社」という小さな神社もありました。
 
{8C690855-CAA3-4C09-8843-FE3C809EB704}
 
 
ちなみに、一説によると、「補陀落信仰」の中で、ユートピアと言われてる理想郷には、このミカンの一種である、「橘」があるという伝説もあるそうです。
 
 
 
木更津市では、「証城寺の狸囃子(しょうじょうじのたぬきばやし)」という童謡で有名な「証城寺」という寺にも、立ち寄りました。
 
image
 
 
image
 
 
この歌詞ですね。
 
しょ しょ 證城寺

證城寺の庭は

ツ ツ 月夜だ

みんな出て 來い來い來い

おいらの友達ァ

ぽんぽこ ぽんの ぽん

 
image
 
 
image
 
 
境内には、なぜか、「親鸞聖人」の像がありました。
 
image
 
 
あとから、調べてみると、親鸞は、聖徳太子を、とても尊敬していたそうですね。
記録によると、夢の中で、聖徳太子の霊体と、何度もコンタクトしているようですね。
 
つまり、ここも、「天照派」の拠点だったということです。
 
 
 
この日も、また、面白いシンクロがありました。
 
お腹がすいたので、同行したメンバーで、ランチを食べに入った店の名前が、なんと、「伊勢元」でした。
 
{156D5A6C-9ACD-4137-8855-C09BD9CD7508}
 
 
「元伊勢」である、「籠神社」から始まった旅の途中での出来事でした。
 
{944240BF-1BC8-41FC-83D0-D18BA054EAB4}
 
 
 
 
「九十九里浜」において、熊野からの「補陀落渡海」のもう一つの上陸地点だと思われる海岸にも、行って来ました。
 
{E184EC2F-4293-4F27-AEA5-79C6A447583F}
 
 
雄大な眺めですね。
古代において、ここで、「補陀落渡海」というドラマが、展開していたと思うと感動します。
 
{4185BC06-E3F6-47CC-BF65-6E2DBA7243B8}

 

 
記念撮影です。
 
{172BC9FD-FAC5-46AB-B209-653EB7539534}
 
 
 
どうして、この辺りが、上陸地点だと思うかというと、この海岸から、内陸にかけて、「熊野」や「天照派」に関係のある名前の神社があるのです。
 
たとえば、「熊野神社」もあります。
裏の古代史がわからないと、どうして、千葉県の海岸沿いに、「熊野神社」があるのか、さっぱりわからないと思います。
 
{39FD9483-2127-43D5-8A80-29775F39B6EB}
 
 
見てください!
鳥居の柱に、「熊野大権現」と刻まれています。
 
{E602D78F-90BA-4567-A225-CE8B3A38CF5B}
 
 
拝殿の屋根には、「三つ巴」もありました。
 
{4B5D0E97-0B3B-4A3D-88B8-329319D4EC96}
 
 
{C4278381-AE99-4EF3-AC33-5974B4D141EB}
 
 
 
「武雷(たけいかづち)神社」という名前の神社もありました。
 
{A5AD240F-81B2-4A7E-AD3B-45CA5A54E97D}
 
 
ハイ!
 
「イザナギ」と「イザナミ」の長男、「別雷尊(わけいかづちのみこと)」の神社ですね。
 
拝殿です。
 
{AA804D6B-AE76-4832-8077-019BEE2CA169}
 
 
拝殿の中は、「三つ巴」の神紋、それから、天皇陛下の写真が、飾られていました。
 
{69C07F83-B87D-44DF-8B5B-FE52C3906F0C}
 
 
このように、「補陀落渡海」の痕跡が、この辺りの土地に残っているのです。
 
 
その確実な証拠は、海岸から、この痕跡を辿ると、一つの小さなお寺に、辿り着くのです。
 
このお寺です。
 
{861B2E06-2617-433C-8BD4-1F9619E8BA2A}
 
 
表には、何も書かれていません。
しかし、郵便ポストには、名前が書かれています。
 
ハイ!
 
「補陀落寺」ですね。
 
{11A5B88D-697A-4268-9DCD-C84FA8800CE5}
 
 
記念撮影しました。
 
{DA4E30DA-959A-4972-9244-5F3A30279CAD}
 
 
この寺の近くに、小さな祠のようなものが、建っていました。
 
{56D2C2BA-C01B-4844-BA45-6D4A61589071}
 
 
「祭神」など、何も書かれていません。
しかし、小さな文字が、貼られていました。
 
「深小川」と書かれています。
 
{BDCEBE1B-2EBE-4C6E-9B47-E785C8E5B05B}
 
 
「小川」というのは、普通は、浅い水位です。
それが、深い水位のものだとは、どういうことでしょうか?
 
すぐに、わかりました。
 
「太平洋を流れる小川」のことを、言っているのです。
 
深い海の底まで流れている潮流ですね。
 
「黒潮」です。
 
この寺は、「黒潮」を「神」として祭っている所なのだと思います。
 
 
この祠の下に、小さな石仏がありました。
 
{A04B0FA9-55A0-4C5C-93BC-8AF9003FA2C5}
 
ハイ!
 
片足を上げていますね。
「エンキ」、つまり、「宇賀神」であり、「イザナギ」だと思います。
 
 
 
この日は、帰り道の途中だったので、そのまま、成田市にある、「麻賀多神社」にも立ち寄りました。
 
{956899D4-DFE3-4B3A-AA64-A6C3496B90AF}
 
 
鳥居の前で、記念撮影しました。
 
{7882A2C4-681C-4774-8275-88081DCC7D09}
 
 
拝殿です。
 
{676FFD45-C369-43F2-BC95-571107653C4F}
 

 

境内には、「印旛国造神社」と書かれた摂社もあります。

 
{D4DC9A30-BBB7-4D13-A83D-7022D3C655C1}

 

 

ちなみに、現在の「千葉県」は、昔は、「木更津県」と「印旛県」の二つだったそうです。

あとから、合併して、「千葉県」になったそうですね。

 

この「印旛県」は、おそらく、「忌部」とも、関係していると思います。

「忌部氏」の子孫たちの拠点だったかもしれませんね。

 

 

境内には、「大杉」という御神木があります。

 

{1836FF24-457D-4207-B98C-DC026BD4F088}

 

 

{A3DE49EE-95EA-4724-9AAB-F7898B02AD32}

 

 

 

御神輿には、やはり、「三つ巴」がありました。

 

{800A40A6-6E1A-40B5-8118-41944B418159}

 

 

 

そして、ここが、知る人ぞ知るの摂社、「天日津久神社」です。

 

{10B184BA-950B-4F90-A246-67907A202097}

 

 

そうです。

 

ここは、岡本天明に、「日月神示」が、降ろされたとされる聖地です。

「ひふみ神示」や「一二三神示」とも、呼ばれていますね。

 

 

記念撮影しました。

 

{8B864361-D6EB-49A9-9E5E-03D8EF56F00D}

 

 

貫禄がありますね~!

 

{219B718F-A30A-442F-8AB8-8E04C73343C8}

 

 

 

この石碑を、よく見ると、シンボルの形は、「太陽」と「月」の織りなす天体ショー、「日食」にも見えますね。

 

{E1408D34-33B9-492E-9BB2-37E8AA5B6411}

 

 

もしかしたら、「日月神示」という啓示は、神界にいる、「イザナギ」や「イザナミ」などの「天照派」の神々が、その子孫である子供たち、つまり、私たち、未来の日本人のことを心配して、送ったメッセージかもしれませんね。

 

 

 

境内にある石の灯篭です。

 

{28824533-E846-4F54-8539-A71775B3D08B}

 

 

{E6727053-2D39-48B4-BB81-4765761A376C}

 

 

今までは、気づきませんでしたが、これは、明らかに、「日食」の意味もあると思います。

「天照派」のシンボルですね。

 

{7F40CDBB-F958-42DE-ABC5-3F1E59CD8D81}

 

 

{2A6D75A6-E3A9-432D-9D4B-9224E4AA6FEB}

 

 

「日食」の時の「ダイヤモンドヘッド」です。

 

image

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

 

トーマ

 
 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。