古代日本ピースツアー 4 房総半島 | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

続きの話です。

 

「西日本」 ⇒ 「東日本」

 

これを繋ぐメインストリートが、海だったというのは、驚きですね。

しかも、大きな船ではなく、「小舟」だったというのも、ビックリです。

 

image

 

 

私たちは、歴史においては、必ず、「民族大移動」という大人数でのイメージがありますが、それは、大陸の話です。

 

聖書には、そう書かれていますが、日本では、全く状況が違い、秘密裏に、一人づつ、長い年月をかけての移動だったようです。

 

その期間、聖徳太子の時代から、江戸時代にかけて、なんと、1000年間くらい続いていたそうです!

 

これだけの長い年月をかけて、少しづつ、「天照派」の僧侶、つまり、本当の天皇家の一族を、東日本に逃がし、そこで、おそらく、現地の女性と結婚して、子孫を、広げていくという活動を、していたのだと思います。

 

目的は、「平和」と「愛」の遺伝子を、未来の日本に残すためです。

 

image

 

 

西から東に移動したパイオニア達のルートは、研究している学者も、ほとんどいないと思います。

もしかしたら、ここまで、突っ込んで調査してまわったのは、私が初めてかもしれません。

 

まだ、名前も付いていないので、「シルクロード」のように、「黒潮ロード」と名付けようと思います。

カッコイイ名前でしょう。

 

image

 

 

 

 

さて、ここまでの重要なキーワードを、まとめておきますね。

 

 

「イザナギ」と「イザナミ」=宇宙の源から地球にやってきた、ツインレイの男女

 

片足の仏像=下半身がヘビの宇賀神=イザナギ&イザナミ

 

京都の丹後半島に舞い降りた場所=「籠(この)神社」

 

天皇家の始祖、「大丹生(おおにゅう)家」=「鬼」

 

その子供の数=「三十八」

 

その子供たちの拠点だった場所=「都」=「宮」=「三(み)+八(や)+子(こ)」=「三十八の子」

 

同じく、その子供たちの拠点だった土地の名前=三重県員弁(いなべ)=忌部(いんべ)

 

その長男の名前=「別雷尊」=「雷」

 

その長女の名前=「玉依姫」=「玉」

 

その子孫のグループの数=「99の王子のグループ」

 

絶対平和主義=「天照派」=「チベット」=「シャンバラ」=「琉球」

 

「三つ巴」のシンボルマーク=「三つの石」=「植物」と「動物」と「人間」の調和

 

「小舟」=「天照派」が乗って来た小舟

 

 

実は、「東日本」にも、これらのキーワードが、たくさんあったのです。

では、これから、名探偵になったつもりで、一緒に、この状況証拠を繋げる旅にでましょう!

 

 

 

まずは、房総半島の痕跡です。

 

 

まずは、「西日本」から、「小舟」で辿り着いた場所に、行ってきました。

 

ここには、

 

「玉依姫という名前の神様が、陸に上がってきた場所」

 

という伝説が残っています。

 

 

 

場所は、千葉県の「九十九里浜」です。

 

もうわかりましたね。

 

「九十九人の王子のグループが辿り着いた浜」

 

こういう意味だったのです!

 

 

さらに、この「九十九里」という漢字を分解すると、

 

「九」+「十」+「九」+「十」+「口(くに)」+「土」

 

となり、意味は、

 

「三十八の国土」

 

という意味になります。

 

 

 

着く場所が、どうして、港ではなく、ただのビーチだったのでしょうか?

 

砂浜だからいいのです。

 

砂浜だと、大きな船は、接岸できません。

沖に錨を下ろして、小舟で来ることになります。

砂浜という地形は、小舟じゃないと、上陸できないのです。

 

大きな船が接岸できる港だったら、すぐに、追っ手に見つかってしまいます。

このプロジェクトは、秘密裏の脱出劇だったことを、忘れないでくださいね。

 

 

昔、ここで、「天照派」の僧侶が、「小舟」から、仲間によって救助されて、上陸したと思ったら、大感動でした。

「浜鳥居」という名前だそうです。

 

{179C2100-AD07-493D-88AD-A13488494401}

 

 

思い出してください。

 

和歌山県の「補陀落山寺」の隣にあった神社にあった案内板です。

99番目の王子の拠点、「浜の宮王子社跡」です。
 
「浜の宮王子」⇒「浜の鳥居」
 
こう繋がるのです。
 
{B23F8EF8-6EFC-4FC4-9A1B-F9CEBD890A77}
 

 

海水でビショビショに濡れながら、上陸したのだと思います。

 

{EB68DE23-7DF9-4FF5-95A2-DA5BB8974447}

 

 

 

「九十九里浜」に上陸した後、僧侶たちは、だいたい、このルートを歩いたようです。

 

「浜鳥居」→「神洗神社」→「神埼神社」→「玉前神社」

 

大まかな地図です。

 

{C188DFC8-F33F-4046-BB09-CC330723FEBF}

 

 

この鳥居から、車で、ちょっと走った所に、「神洗神社」があります。

そこに、「神洗池」という池があります。

真っ先に、ここで、ベトベトに張り付いた海水を洗い流したようです。

 

{1476B8AC-862E-4114-8C4F-9B6E4A37BF02}

 

 

この池で、身体を洗ったそうです。

 

{C932AA37-C1BE-410D-B053-B0C8C78BC591}

 

 

それから、「玉崎神社」の辺りで、休憩したようです。

 

{C4E8308B-6A20-4CF9-8E85-403F32869A6F}

 

 

「玉崎神社」の「玉」は、「玉依姫のグループ」だという意味だと思います。

「三つ巴」のマークがありますね。

「天照派」の拠点だった所という証拠です。

 

{26B32490-0989-4845-9745-095D6BAA2DAD}

 

 

そして、房総半島においては、「玉前神社」のあたりに、一旦、落ち着いたグループもいたようです。

あるグループは、ここを定住の地に決めたようです。

 

{238EF5D7-3E76-452A-8BDA-4710870564BF}

 

 

拝殿です。

黒色は、珍しいと思います。

いろいろ考えたら、この色は、漆黒の闇、つまり、「宇宙」を表現していると思います。

 

{F2E92922-B870-487D-8731-65CAA88C974C}

 

 

そう思いながら、拝殿の屋根のあたりを見て、

 

「うわ~~!!」

 

と、大声で叫んでしまいました。

 

「宇宙の源」から、ツインレイである、「イザナギ」と「イザナミ」の魂が、最初は、「繭」のような形から、二つに分かれて、それから、二人の男女になる様子が描かれています。

 

{14B5EF9F-92A0-4F20-84B2-418B8308E280}

 

 

大感動でした~!

やはり、ここは、「イザナギ」と「イザナミ」の子孫たちの拠点だったのです。

 

 

「千葉神社」にも、立ち寄りました。

境内には、「千葉天神」という神様が、祭られていました。

 

{59C8AF0A-3A27-4FFD-B147-6E68F3677901}

 

 

そこで、気が付きました。

 

{A4EAA190-F163-4CAC-A65A-F2701B670760}

 

 

「千葉」という文字を見ていたら、「千葉」の「千」という文字の縦線を、横に並べ替えてみたのです。

 

すると…

 

「三葉天神」になるではないですか!

 

わかりましたか?

大ヒットしたアニメ、「君の名は。」の主人公の女の子、「三葉」です。

 

 

そして、和歌山県の那智の「補陀落山寺」の近くには、「那智の滝」がありますね。

もう一人の主人公の男の子、「滝君」ですね。

 

つまり、

 

「那智の滝」 ⇒ 「千葉」

 

これが、「黒潮ロード」の暗号だったのです。

 

「滝君が、三葉に会いに行った」

 

こういう意味になるのです。

 

 

アニメ映画の「君の名は。」です。

これも、「イザナギ」と「イザナミ」の二人の話を、現代風に、描き直したのだと思います。

 

{9326880D-F524-4023-8FC6-8F65123E30A5}

 

 

そういえば、このアニメの監督の名前は、「新海」でしたね。

 

「新天地を目指して、海を越えて行った人々」

 

この名前には、この意味も入っているかもしれませんね。

 

これは、全て偶然でしょうか?

 

いや、違います。

 

そもそも、

 

「偶然は神である」

 

というのが、この世界なのです。

 

 

 

そして、「千葉神社」の神紋です。

 

image

 

 

これの意味を、いろいろ考えてみたのですが、これは、「太陽」と「月」を表現している意味も、含んでいると思います。

 

古代史においては、歴史の期間が長いので、その間に、いろいろな出来事があり、意味も、一つではなく、重層的に、複数の意味が重なっていることも、多いのです。

 

そして、「太陽」と「月」の二つで行われる天体ショーが、「日食」なのです。

 

わかりましたね。

 

そうです。

「日食」とは、光が闇に隠れて、再び、光出す現象ですね。

 

{DC29AE0D-5F21-426B-8518-363B8E0DFA64}

 

 

ハイ!

 

「天の岩戸開き」ですね。

 

「天照派の拠点だった所」

 

という意味です。

 

 

 

房総半島の南端、館山市には、「那古寺」というお寺があるのですが、ここの山号が、「補陀落山」なのです。

明らかに、和歌山県の「補陀落山寺」と関係ありますね。

 

ここにも行きました。

 

{3BBD1E23-259A-4E43-8045-3F6872E9C833}

 

 

記念撮影しました。

 

{C5B44140-AB08-4986-A0DA-716DF383A035}

 

 

 

参道を歩いて、本堂まで来た時に、その屋根を見て、驚きました。

 

{89620587-BFF0-4FBA-9C60-0E9F5488C85A}

 

 

見てください!

「鬼」です。

しかも、恐ろしい形相ではなく、かわいい姿の鬼なのです。

ここに、「大丹生家」、つまり、「天照派」の人々が住んでいた証拠ですね。

 

{AC7C8520-4144-4BB2-8E18-8AA12237A52F}

 

 

屋根には、他にも、「菊花紋」もありました。

この花も、可愛いですね。

 

{B269166B-A3ED-4295-A16D-210E9CEF945D}

 

 

本堂の中は、写真撮影が禁じられているので、写真はないのですが、この本堂の天井には、なんと、下半身がヘビで、上半身が、お爺さんの人形が、飾られていました。

 

「エンキ=宇賀神=イザナギ」ですね。

 

これにも、感動しました。

 

この写真は、イメージ写真です。

 

{B23C15A8-239A-495B-B542-0286B754ACCE}

 

 

同行してくだった皆さんとも、記念撮影しました。

 

{4A74432B-3F0F-4624-9C76-06C63E26634D}

 

 

 

このお寺の近く、同じ館山市には、「安房(あわ)神社」もあります。

 

{F3427E5C-0529-4522-A281-C237114AE2E4}

 

 

{B5BCE76E-D3E7-4B96-986F-B464B9B9F776}

 

 

ここは、三重県の「員弁(いなべ市)」から、四国の「阿波国(あわのくに)」に逃げた、「忌部氏」が、その後、さらに、舟で「黒潮ロード」を利用して、房総半島に、やってきた所だと思います。

 

 

この神社の近くには、「忌部塚」という場所もありました。

 

{C609AA95-7D39-4913-AE25-E9FA1FFD63CD}

 

 

{6FEE33E5-4D3B-44E7-9B3C-8B24308B8C85}

 

 

亀の甲羅みたいですね。

 

{9F5E21AD-C603-47D8-B830-04D3B6607CC1}

 

 

「忌部氏=天照派」でしたね。

ここにも、痕跡が残っていました。

 

 

館山市は、興味深いところが、いろいろあります。

他にも、「海南刀切神社」という神社にも、立ち寄りました。

 

{B1AEAF1E-E22D-473F-BBAE-A5D9D4E5E937}

 

 

ここの拝殿には、木彫りの彫刻があり、なんと、珍しく、「天の岩戸開き」が、彫られていました。

 

{0AE0AD63-39CA-41DE-913C-5781B7665EC1}

 

 

「天照派」の土地ですね~!

 

{CD7EF1D4-194F-40F1-B079-37B4414C41CD}

 

 

拝殿の横には、小さなお稲荷さんの祠もありました。

 

{7865BA46-2DB7-4F2E-BDF4-9F47AD6A4BC8}

 

 

この祠の瓦には、やはり、「三つ巴」のシンボルが、刻まれていました。

 

{F983BCF4-4B0C-4488-8D8F-9E4810BDE4D0}

 

 

このように、「房総半島」にも、「天照派」の痕跡は、たくさん残っています。

 

これらの痕跡を見るたびに、古代において、「補陀落渡海」という脱出劇が、いかに凄かったのかが、わかると思います。

 

 

 

この日の房総半島のツアーでは、皆で、「日本寺」にも、立ち寄りました。

 

{DA75C4E9-D059-48E7-AF7B-AB3E0F5B853F}

 

 

{F71D9B77-DD2C-4079-8E1C-FC0AB4CE73C2}

 

 

ここも、凄く面白かったです。

こんな所が、日本にあったのですね~!

 

{1A96C3AB-F714-4098-AF1D-A085A5C60415}

 

 

{29CE9B8D-92DF-46A5-854D-779603C07DDB}

 

 

海辺の夕日を見ながら、最後に、皆で、お茶しました。

お疲れ様でした。

 

{305E5D2B-75D5-4BD7-A8CA-DA49330EAC73}

 

 

とても美しい日没でした。

 

{79AFFE91-BAF3-4ECD-91D2-D4BC0C748B98}

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。
こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 
 

 

トーマ

 
 
toma_atlas@yahoo.co.jp
 

 

 


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
 

 

 

☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

 


☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。