古代日本パイオニアツアー 8 黒潮ロード | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

前回の記事、大反響ですね~!

 

 

続きの話です。

 

「西日本」 ⇒ 「東日本」

 

これを繋ぐメインストリートが、海だったというのは、驚きですね。

しかも、大きな船ではなく、「小舟」だったというのも、ビックリです。

 

image

 

 

私たちは、歴史においては、必ず、「民族大移動」という大人数でのイメージがありますが、それは、大陸の話です。

聖書には、そう書かれていますが、日本では、全く状況が違い、秘密裏に、一人づつ、長い年月をかけての移動だったようです。

 

image

 

 

西から東に移動した、パイオニア達のルートは、研究している学者も、ほとんどいないと思います。

もしかしたら、ここまで、突っ込んで調査してまわったのは、私が初めてかもしれません。

 

まだ、名前も付いていないので、「シルクロード」のように、「黒潮ロード」と名付けようと思います。

カッコイイ名前でしょう。

 

image

 

 

 

さて、ここまでの重要なキーワードを、まとめておきますね。

 

 

「イザナギ」と「イザナミ」=宇宙の源から地球にやってきた、ツインレイの男女

 

京都の丹後半島に舞い降りた場所=「籠(この)神社」

 

その子供の数=「三十八」

 

その子供たちの拠点だった場所=「都」=「宮」=「三(み)+八(や)+子(こ)」=「三十八の子」

 

その長男の名前=「別雷尊」

 

その長女の名前=「玉依姫」

 

その子孫のグループの数=「99の王子のグループ」

 

絶対平和主義=「天照派」=「チベット」=「シャンバラ」=「琉球」

 

「三つ巴」のシンボルマーク=「植物」と「動物」と「人間」の調和

 

「小舟」=「天照派」が乗って来た小舟

 

 

実は、「東日本」にも、これらのキーワードが、たくさんあったのです。

 

では、これから、名探偵になったつもりで、一緒に、この状況証拠を繋げる旅にでましょう!

 

 

 

その痕跡は、千葉県にもありました。

先月、そこに行ってきました。

 

 

千葉県の「上総一ノ宮」という駅で、集合しました。

 

「総ての上(神)が見守る、宮(三十八)ノ(の)一(始まり)」

 

と解釈しました。

 

{1420B3AE-039A-4E78-A539-9D1AD7F139C0}

 

 

皆で、記念撮影しました。

 

{396FC3FA-EF79-4461-87B0-D3F1F7C3AB98}

 

 

古代史の調査は、私一人だけでは、難しいです。

車を運転してくれたり、地元の土地に詳しかったり、写真を撮影してくれる方がいて、初めて、いい旅行記が出来上がるのです。

 

今回も、たくさんの方々に、サポートしていただきました。

ありがとうございました!

 

 

まずは、「西日本」から、「小舟」で辿り着いた場所に、行ってきました。

 

ここには、

 

「玉依姫という名前の神様が、陸に上がってきた場所」

 

という伝説が残っています。

 

 

 

場所は、「九十九里浜」です。

 

もうわかりましたね。

 

ハイ!

 

「九十九人の王子のグループが辿り着いた浜」

 

こういう意味だったのです!

 

 

さらに、この「九十九里」という漢字を分解すると、

 

「九」+「十」+「九」+「十」+「口(くに)」+「土」

 

となり、意味は、

 

「三十八の国土」

 

という意味になります。

 

 

 

着く場所が、どうして、港ではなく、ただのビーチだったのでしょうか?

 

砂浜だからいいのです。

 

砂浜だと、大きな船は、接岸できません。

沖に錨を下ろして、小舟で来ることになります。

砂浜という地形は、小舟じゃないと、上陸できないのです。

 

大きな船が接岸できる港だったら、すぐに、追っ手に見つかってしまいます。

このプロジェクトは、秘密裏の脱出劇だったことを、忘れないでくださいね。

 

 

着きました。

 

昔、ここで、「天照派」の僧侶が、「小舟」から、仲間によって救助されて、上陸したと思ったら、大感動でした。

 

「浜鳥居」という名前だそうです。

 

{179C2100-AD07-493D-88AD-A13488494401}

 

 

思い出してください。

 

和歌山県の「補陀落山寺」の隣にあった神社にあった案内板です。

99番目の王子の拠点、「浜の宮王子社跡」です。
 
「浜の宮王子」=「浜の鳥居」
 
こう繋がるのです。
 
{B23F8EF8-6EFC-4FC4-9A1B-F9CEBD890A77}
 

 

ここから、海水でビショビショに濡れながら、上陸したのだと思います。

 

{EB68DE23-7DF9-4FF5-95A2-DA5BB8974447}

 

 

それから、この道を歩いて、移動したと思います。

 

{132C28A6-D417-4E81-BDF9-DDCF6170BE54}

 

 

 

「九十九里浜」に上陸した後、僧侶たちは、だいたい、このルートを歩いたようです。

 

「浜鳥居」→「神洗神社」→「神埼神社」→「玉前神社」

 

大まかな地図です。

 

{C188DFC8-F33F-4046-BB09-CC330723FEBF}

 

 

この鳥居から、車で、ちょっと走った所に、「神洗神社」があります。

そこに、「神洗池」という池があります。

真っ先に、ここで、ベトベトに張り付いた海水を洗い流したようです。

 

{1476B8AC-862E-4114-8C4F-9B6E4A37BF02}

 

 

{7B451AC5-DF77-4A6F-9785-D14E57BBF398}

 

 

この池で、身体を洗ったそうです。

 

{C932AA37-C1BE-410D-B053-B0C8C78BC591}

 

 

{B37C48D3-4491-4E96-933C-15240F656CD1}

 

 

 

それから、「玉崎神社」の辺りで、休憩したようです。

 

拝殿です。

 

{C4E8308B-6A20-4CF9-8E85-403F32869A6F}

 

 

「玉崎神社」の「玉」は、「玉依姫のグループ」だという意味だと思います。

 

{F5854FDC-A154-434E-87B1-3A6971FDDCDD}

 

 

見てください!

 

「三つ巴」のマークがありますね。

「天照派」の拠点だった所という証拠です。

 

{26B32490-0989-4845-9745-095D6BAA2DAD}

 

 

 

ここで、「三つ巴」について、もう一度、書いておきます。

 

 

地球には、「超巨大循環システム」が、存在しているそうです。

そして、このシステムを動かしているのが、「ガイアの意識」なのだそうです。

この意識は、昔から、日本でも、「神様」と呼ばれてきました。
「ガイア」でもいいのですが、「神様」という表現のほうが、日本人には、なじみが深いと思います。


日本の土地を、「神様」の視点で、上空から見てみましょう。

まず、山の上で、「キツネ」や「タヌキ」などの動物たちが、糞をします。

雨が降ってきて、それが地面に流れ込みます。

その糞を、植物が根から養分として吸収し育ちます。

そして、その育った植物を、また、動物や人間が食べます。


そうしているうちに、それらの栄養分は、川に流れて、だんだん、上流から下流に流れ、やがて、海に流れだします。

地球には、引力があるので、

「高いところから、低いところに、栄養(エネルギー)は流れる」

という大原則が、あるからです。

その栄養分は、大陸棚などでは、海草が吸収し、さらに、小魚がそれを食べ、また、その糞を、海草が吸収するというかたちで、海の中でも循環しながら、だんだん、海の深いところに、流れていきます。

そうやって、どんどん、栄養は、低いところに流れていくのですが、最終的に、流れ着くのが、「海溝」なのだそうです。


そうです。

引力の法則により、地球上で、一番栄養(エネルギー)が、蓄積されているのは、「海溝」という場所なのです。
特に、「マリアナ海溝」の底は、栄養が、豊富に溜まっているそうです。

さて、ここからが、面白いのです。

 

このままだと、栄養は、海溝だけに溜まって、循環が停滞してしまいます。

そこで、登場するのが、深海魚だそうです。
「提灯アンコウ」などですね。
彼らが、この海溝に溜まった栄養を、食べるのだそうです。


さらに、活躍するのが、クジラたちです。
ご存知のように、「マッコウクジラ」などは、かなりの深海に潜ります。
それは、この栄養を食べるのが、目的なのだそうです。




深海魚を、中層魚たちが食べたりして、体内にそれを溜めこみ、その栄養を、海の中間層に、戻すように運んでくれるそうです。

クジラも、ちょうど中間層あたりで死んで、死骸を、中間層の魚たちに、食べさせたりするそうです。
それから、表層魚が、中間層の魚たちを捕食して、栄養を、海の表面に上げてくれるそうです。

それらを、人間が釣ってから、陸に戻したりもするのです。

ここで、山登りをする魚が、登場します。
その魚は、「サケ」や「マス」、「ウナギ」などの「川に帰る魚」です。
北海道などで、サケが、海から帰ってきて、川を登り、山に向かうシーンを、テレビなどで見た方も、多いと思います。




実は、それは、

「深海の栄養を、再び陸に運ぶ」

という大事な役目のためなのだそうです。

 

そして、ここからが、さらに面白いのですが、そのサケよりも、もっと大事な働きをする、キーパーソンが、いるそうです。

それが、北海道だと、「ヒグマ」なのだそうです。


テレビや映画なので、ヒグマが川で、サケを手で、

バシャ! バシャ!

と跳ね飛ばしているのを、見たことがあると思います。

いつも、不思議に思っていたのですが、自分や子供たちが、食べる分だけだったら、数匹で、いいところを、けっこう無駄に、何十匹も、川岸に跳ね飛ばしています。

これは、キツネやタヌキなどの山の小動物たちに、食べさせるためなのだそうです。
彼等は、身体が小さいので、サケが、思うように獲れません。
ヒグマは、それを助けていたのだそうです。

「クマ」って、とても、大切な存在だったのですね。




それから、「キツネ」や「タヌキ」は、その場で、その「サケ」の死骸を食べずに、わざわざ、山の上にくわえて持っていき、そこで、食べるのだそうです。
その後、山の上で糞をして、雨が降ってきて、地面に流れ込みます。

そして、見事に、また最初から、植物の根から吸収され、川から海溝への循環に、入るわけです。
見事な「超巨大自然循環システム」ですねー。
地球も植物も魚も動物も、無駄なことは、一切やっていなかったのですねー。


子供の頃から、

「なぜ、ヒグマって、無駄にサケを殺しているんだろう?」

と不思議に思っていたのですが、これを知ってスッキリしました。

「キツネ」や「タヌキ」→「植物」や「人間」→「海草」や「小魚」→「提灯アンコウ」→「マッコウクジラ」→「サケ」→「ヒグマ」→「キツネ」や「タヌキ」

こういう流れですね。
「栄養」をバトンにした、見事なリレーを、地球規模でやっていたのですね。

そして、彼らに、このリレーの全ての指令を出しているのが、「ガイアの意識」であり、「神様」なのです。

 

地球が存在し続けている間は、ずーっと永遠に、「栄養(エネルギー)」は、大自然の中を、回転し続けているのです。

 

これが、「神の愛」です。

 

何の見返りも求めずに、これだけのことを、太古の昔から、やっていたのです。

そして、これから先も、やってくれるのです。

無償で…



この話、感動しませんか?
昔の人は、こういうことを、当たり前のように、知っていたそうです。

たとえば、昔から、日本では、「榊の葉」を、神棚などに捧げる習慣があります。
これは、「榊(さかき)」という植物が、デリケートで、なかなか育たないからなのだそうです。

日本という土地で、自然循環システムにおいて、「榊の葉」が、一番のシンボルやバロメーターになっていたということです。

つまり、榊という植物が、よく育っているということは、

「日本の自然循環システムが、正常に機能していますよ」

という証になるのだそうです。


神主さんなどが、神社に、榊の葉を供えるのは、このことを、「神様」に報告するためだそうです。
ちなみに、「榊(さかき)」の語源は、もともとは、「神と人の境の木」の意味から、「境木(さかき)」だったそうです。
現在の文字も、そのまま、「神の木」ですね。

昔の人たちは、「榊」を介して、「神様」と対話していたのですね。
昔の人々の知恵って、凄いですねー。

私たちは、太古の昔から現代まで、常に、「ガイアの意識」でもある、「神様」によって、見守られてきていたのです。


 

 

つまり、結論を言うと、地球において、人間が、やるべき、一番大切な仕事は、この循環システムを管理して、問題があれば、それを修正することです。

 

「植物」と「動物」と「人間」のバランスに、目を光らせるのが、人間の仕事なのです。

 

「天照派」の人々は、神社に、「榊」の葉を定期的にお供えすることで、このシステムの管理をするのが、最重要な使命だと、知っていたのだと思います。

 

「神武派」と違い、人間の社会での出世や金儲け、権力闘争などには、全く関心が無かったのです。

 

 

 

そして、房総半島においては、最終的には、「玉前神社」のあたりに、一旦、落ち着いたグループもいたようです。

あるグループは、ここを、定住の地に決めたようです。

 

 

この神社にも行ってきました。

 

{238EF5D7-3E76-452A-8BDA-4710870564BF}

 

 

鳥居の前で、記念撮影しました。

 

{17FCEA12-8A29-42FB-A254-D5715A77AC51}

 

 

拝殿です。

黒色は、珍しいと思います。

いろいろ考えたら、この色は、漆黒の闇、つまり、「宇宙」を表現していると思います。

 

{F2E92922-B870-487D-8731-65CAA88C974C}

 

 

そう思いながら、拝殿の屋根のあたりを見て、

 

「うわ~~!!」

 

と、大声で叫んでしまいました。

 

見てください!

 

「宇宙の源」から、ツインレイである、「イザナギ」と「イザナミ」の魂が、最初は、「繭」のような形から、二つに分かれて、それから、二人の男女になる様子が描かれています。

 

{14B5EF9F-92A0-4F20-84B2-418B8308E280}

 

 

大感動でした~!

やはり、ここは、「イザナギ」と「イザナミ」の子孫たちの拠点だったのです。

 

{59E8CA27-C73C-459D-88D7-2653EF3070CD}

 

 

 

房総半島には、「舟(船)」や「川」の名前が付く地名が多いのですが、小舟でやってきた、「天照派」の影響もあると思います。

 

茂原市には、「天の川」という名前の小さな川もありました。

 

「七夕」の「織姫」と「彦星」の話ですね。

「イザナギ」と「イザナミ」ですね。

 

{2C09F9EC-6C7A-4701-8EF5-9C6695226BD6}

 

 

さらに、「船着神社」という小さな神社もありました。

 

{6F228668-4D65-40A6-AF15-11AD75E0477D}

 

 

「千葉神社」にも、立ち寄りました。

 

{D2BACB94-CE98-41B3-B35C-790B77A1D122}

 

 

境内には、「千葉天神」という神様が、祭られていました。

 

{59C8AF0A-3A27-4FFD-B147-6E68F3677901}

 

 

そこで、気が付きました。

 

{A4EAA190-F163-4CAC-A65A-F2701B670760}

 

 

「千葉」という文字を見ていたら、「千葉」の「千」という文字の縦線を、横に並べ替えてみたのです。

 

すると…

 

「三葉天神」になるではないですか!

 

わかりましたか?

 

そうです。

 

大ヒットしたアニメ、「君の名は。」の主人公の女の子、「三葉」です。

 

 

そして、和歌山県の那智の「補陀落山寺」の近くには、「那智の滝」がありますね。

もう一人の主人公の男の子、「滝君」ですね。

 

つまり、

 

「那智の滝」 ⇒ 「千葉」

 

これが、「黒潮ロード」の暗号だったのです。

 

「滝君が、三葉に会いに行った」

 

こういう意味になるのです。

 

 

 

アニメ映画の「君の名は。」です。

 

これも、「イザナギ」と「イザナミ」の二人の話を、現代風に、描き直したのだと思います。

 

{9326880D-F524-4023-8FC6-8F65123E30A5}

 

 

そういえば、このアニメの監督の名前は、「新海」でしたね。

 

「新天地を目指して、海を越えて行った人々」

 

この名前には、この意味も入っているかもしれませんね。

 

これは、全て偶然でしょうか?

 

いや、違います。

 

そもそも、

 

「偶然は神である」

 

というのが、この世界なのです。

 

 

 

 

次回は、東日本における、その他の上陸地点の話題です。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

 

 

トーマ

 
toma_atlas@yahoo.co.jp

 


☆私のメインサントです。 

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス