古代日本パイオニアツアー 1 シンクロ | 精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

今年に入ってからは、旅行ばかり行ってました。

あちらこちらを、飛び回り、とても楽しい毎日を過ごしました。

日本列島は、大雪になった所もあったようですが、私の行った所は、毎回、いい天気に恵まれて、わりと快適な旅でした。

 

 

これは、先週、新幹線の中から撮影した富士山です。

 

富士山を見ていると、

 

「日本で、生まれ育ってよかったな…」

 

と、しみじみ思ったりします。

 

image

 

 

やっぱり、日本という国は、素晴らしいですね。

 

image

 

 

 

先月は、大阪と名古屋で、「地球文明セミナー」を開催して、どちらも、大盛況で終了しました。

 

大阪セミナーの会場の前の看板です。

 

{ED8D4F59-6277-42B5-B37F-AF2A79727084}

 

 

それから、懇親会の時の写真です。

 

{16155D2F-8C18-48E1-866F-96FD0D4D6F53}

 

 

{03377F83-4821-47A7-B0EF-C286B5BF287B}

 

 

懇親会が終わった後、駅の構内での記念写真です。

 

{BD2BEE48-D78D-4A78-B122-ED204B3ACADC}

 

 

{BDC96168-E4F3-4CEF-93F2-6BC3A072DEEF}

 

 

大阪でのセミナーの後、いつものように懇親会をやったのですが、その時の最後の話題が、「出口王仁三郎」でした。

ご存知の方も多いと思いますが、大本教の教祖で、凄い霊能力をもち、いろいろな予言も残しています。

私は、大本教の信者ではありませんが、王仁三郎とは、いろいろな御縁があり、とても尊敬しています。

 

{35E1BDF8-81AD-4C98-AE92-8AA1252F4525}

 

 

懇親会で、いかに、この人物が、凄い能力をもっていたかという話題で、盛り上がったのですが、懇親会を終えて、ホテルに帰る途中に、急に、コンビニに立ち寄りたくなって、お店の近くのコンビニに入ったのですが、レジで会計をしようと思ったら、その場で、あまりの驚きで、身体が凍りついたように、動けなくなりました。

 

なんと!

そこで買い物した時の、レジ打ちのバイトの人の名札が、「出口」だったのです!

 

「うわー!」

 

と、声をあげてしまいました。

 

「佐藤」や「鈴木」と違い、「出口」という苗字は、あまりないと思います。

そのタイミングで、この苗字というのは、奇跡的な確率です。

 

 

そして、セミナーの受けた方々に、その話をしたら、その場にいた全員も、驚愕していました。

 

「えー! うそみた~い!」

 

こう言いながら、皆で、その「シンクロ」について、語り合いました。

 

 

こういうのを、

 

「ただの偶然だよ」

 

と言って、一言で終わらせる生き方もありますが、それは、とても勿体ない姿勢だと思います。

 

古神道の教えの中には、

 

「偶然は神である」

 

という考え方が、大昔からあるそうです。

そうだと思います。

 

 

 

ここ最近では、「シンクロ」という単語も流行って、世間一般でも、この現象について、深く考えたり、このプチミラクルである体験を、楽しんだり、自分なりの解釈で、楽しむ人も増えていますね。

 

 

シンクロニシティ(共時現象)」について、再度書いておきますね。

 
この単語は、心理学者、カール・グスタフ・ユングによる造語らしいのですが、いろいろな解釈や定義があるようです。
 
ユングです。
 
{7CDF4AA4-4D1E-411C-A76F-F636053D254F}
 
 
簡単に言えば、
 

「自分の意思とは関係なく、何か大きな力により、状況が変わること。また偶然にしては、確率的に奇跡に近く、あまりにも一致しすぎていて、何か意味があるとしか解釈できない現象」

 

ということです。

 

例えば、電話をかけようとしたら、そのかけようとした友人から、電話がかかってきて、驚いたといった経験は、たくさんの人がしていると思います。

 

他にも、喫茶店で、「スマップ」の話をしていたら、有線放送で、「スマップ」の歌が流れてきたりと、いろいろな状況があります。

 

 

ユングは、「シンクロニシティ」の一例として、エミール・デシャンという詩人の体験談の例を、著書の中で、紹介しています。

 

デシャン氏は、中学生の頃、フォルジビュという人物と、当時珍しかった、プラム・プリンを食べたそうです。

 

それから、10年して、偶然入ったレストランで、プラム・プリンを見つけ、それを注文するのですが、そこで偶然、フォルジビュという人物と、10年ぶりに再会したそうです。

 

それから、さらに長い年月がたち、プラム・プリンがでるというディナーパーティーがあったので、興味を惹かれ出席したそうです。

 

そして、そのパーティーの主催者や参加者に、

 

「きっと、プラム・プリンがあるから、フォルジビュさんという名前の人物が、このパーティーに出席しますよ」

 

と冗談を言いながら、自分とプラム・プリン、そして、フォルジビュという人物との関係を話して、笑っていたそうです。

 

すると、その時、そのパーティー会場に、一人の老人が現れ、「フォルジビュ」と名乗ったそうです。

その場にいた、全員が、声を失ったそうです。

 

 

プラム・プリンです。

 

{13191750-E748-4B87-B583-56609E914575}

 

 

 

このように、「シンクロシティ」は、世界中で、様々な学者によって、事例を集められ、考えられてきています。

しかし、これは、科学的な思考で、考えられるような話ではないようです。

 

単に、「偶然だ!」というだけでは、考えられない、何かがあるようです。

 

 

 

「シンクロ二シティ」は、30年ほど前から、生物学者の間でも、たくさん報告され、議論されているようです。

 

有名なのは、九州の幸島という島の話です。

 

ニホンザルの一匹が、サツマイモを洗って食べることを発見し、その島の仲間たちも、真似をするようになったそうですが、そのうち、海という障壁も乗り越えて、他の島のニホンザルたちも、なんの連絡もとっていないのに、皆が、サツマイモを洗って、食べるようになったそうです。

 

{C9480F48-225A-45EA-944D-A2473499F462}

 

 

他にも、100年以上前は、「ニトログリセリン」という物質は、熱しようが凍らせようが、絶対に結晶化しなかったそうですが、20世紀の初頭、ある船が、ウイーンから、ロンドンに、ニトログリセリンを郵送中に、ビスケー湾において、運悪く、記録的な台風に遭遇したそうです。

 

その時、わずかの振動でも爆発するというのに、何故か爆発しなかったそうです。

 

{C2984EDE-BB79-4525-9719-0EFC633BBDA2}

 

 

港に着いて、船員達が、樽を開けてみたら、その中には、それまでに見たこともない見事な「ニトログリセリンの結晶」が、できていたそうです。

 

そして、不思議なことに、その日を境にして、世界中の「ニトログリセリン」が、次々と結晶化していったそうです。

 

 

このように、一見無関係に隔絶さえた物質や生物、思想が、地球規模で、同時、同様の変化を起こすという現象は、歴史上、よくあったようです。

 

特に、歴史の変動期、節目には、よくこういうことが、起こるようです。

 

ユングという学者は、この現象に初めて着目し、これを、学問的に研究した学者だと思います。

 

 

去年、面白い本を読んだので、紹介します。

大好きな秋山先生の本です。

 

〇「シンクロニシティ 意味ある偶然のパワー」 秋山眞人・布施泰和 著 1600円 成甲書房

 

{2F7019EA-779A-4671-AEA7-3DCE6FB6A100}

 

 

この本は、「シンクロニシティ」という現象を、とても深く掘り下げた内容です。

しかも、とてもわかりやすいです。

 

 

私は、この本の中で一番印象に残ったのは、「100円玉」の話でした。

 

 

「シンクロというのは、道端に落ちている100円玉のようなものだ」

 

というのです。

 

しかも、その「100円玉」は、普段から、100個くらい落ちているのだそうです。

 

でも、ひたすら仕事に追われて、日常に忙殺されている人や、心ここにあらずで、過去に囚われ、その出来事を悔いてばかりいる人、それから、まだ起こってもいない、将来の心配ばかりする人、これらの人たちは、目の前に落ちている、「100円玉」に気がつく余裕はありません。

 

もしかしたら、1個くらいは、目に入るかもしれませんが、残りの99個は、見逃してしまうのです。

 

 

逆に、意識を今の自分に向けて、

 

「100円玉は、必ずあるはずだ!」

 

こう確信して歩いていれば、数十個の100円玉を、見つけることができるのです。

 

 

「シンクロ」というのも、これと同じだというのです。

 

「シンクロという現象は、必ず起きる!」

 

と確信して生きていれば、たくさんの現象に、気がつくことができるというのです。

 

 

そうなのです。

 

たまたま手にした本、何気なく入った店、思いがけない出会い、偶然手にした、切符やカード、他にも、言い間違い、ど忘れなど、これらに意味があると感じることが、大切なのです。

 

「運命の歯車」という表現がありますが、「シンクロ」は、人と人、人とモノ、人と自然、そして、心と物質の溝を、絶妙のタイミングで、結びつけます。

 

それが起こるのは、人生の大切な局面だったりすることも、多いです。

 

その時に、その宇宙からのメッセージの意味を、しっかりと解釈することが大切みたいです。

そういうことに、気がつけるかどうかで、その後の人生の展開が、天と地ほど、違ってきたりするのです。

 

「宇宙は、意味で溢れていて、その意味ある偶然の一致が、この宇宙には、普遍的に存在する」

 

こう思って生きることが、人生を豊かにするのです。

 

「自分は、どれくらい真摯に、そして、真剣に、毎日を生きているのか?」

 

このバロメーターにもなるのが、「シンクロ」なのです。

 

 
なにも考えずに、ただ生きていれば、「シンクロ」という現象は、どんどん起こらなくなるそうです。
 
「人生がつまらない…」
 
と感じている人は、一度、
 
「つまらない人生があるのではなく、つまらない人間がいるのである」
 
と考え直してみるといいかもしれません。
 
 
「シンクロ」というのは、真剣に生きていて、この世界に、常に感謝して生きている人への神様からのご褒美なのかもしれません。
 
 
 
去年に、この本を読み終えた後、また、この世界が、新鮮で面白く感じ始めました。
 
 
それから、数日経った日の夜のことです。
 
なぜか、突然、発明家の故・政木和三先生のことが、頭に浮かびました。
政木先生とは、お会いしたことはないのですが、凄い人物だったという話を、いろいろな人から聞いて、気になっている存在です。
 
 
以前、政木先生の本で読んだ話で、先生の少年時代のことが、頭に浮かびました。
 
先生の子供時代のあだ名が、「なんでやねん」だったことを、思い出したのです。
学校の授業で、いろいろなことを習った時、他の級友たちは、ただ、それを丸暗記するだけだったのに、先生は、つねに、
 
「なんでやねん?」
 
と、疑問をもち、その物事の本質を、考えるようにしていたというのです。
あまりにも、その言葉を発するので、皆から、「なんでやねん」という、あだ名をつけれたというのです。
 
 
この話を思い出し、
 
「そうだよなー、生きていくうえで、一番大切なのは、この姿勢だよなー、そうやって、なんでも、本質を考える癖があるかどうかで、成功する人と、そうでない人に、わかれるんだよなー」
 
こう思って、いろいろ考えていました。
 
 
あとから、ネットで調べてみたら、正確には、政木先生のあだ名は、「なんでやろう」だったのですが、その時は、この「なんでやねん」という言葉が、やけに気になりました。
 
 
 
それから、いつも行くレストランに、食事に行ったのですが、席について、メニューを見始めたら、店内で、大きな音量で、ある歌が流れてきました。
 
その歌詞が、
 
「なんで、なんで、なんでやねんねんねん」
 
というのです。
 
「なんでやねん」
 
という歌詞が、なんども繰り返される歌の内容に、1人で笑ってしまいました。
 
「あはは、何だこの歌は?」
 
その場で、スマホで調べると、
 
「浜田ばみゅばみゅ - なんでやねんねん」
 
という歌だったみたいです。
 
 
こういう歌があったことを、その時に、初めて知ったのですが、
 
「凄いシンクロだな~~!!」
 
と、改めて大感動しました。(笑)
 
 
 
昔、ある友人が、
 
「シンクロというのは、究極の自己満足ですね~!」
 
という名言を吐いたのを思い出しました。
 
 
最高に面白い「シンクロ」に限って、自分、もしくは、その当事者だけしかにしか、面白さがわかなりのが、「シンクロニシティ」なのです。
 
その場で、大笑いした後、いろいろな人に、
 
「こんなに面白いことがあったよ!」
 
と、伝えようとしても、自分や当事者以外の人たちは、
 
「それの何が、面白いの?」
 
という不思議そうな顔をするのです。
 
でも、その理解できない人たちと自分の思いのギャップが、また笑えたりするのです。
 
 
 
 
「シンクロニシティ」という現象の魅力や面白さというのは、一言で言うと、
 
「その現象に気がついた瞬間、神を感じる」
 
ということだと思います。
 
 
この「なんでやねん」のシンクロというのは、まず、「なんでやねん」という言葉から、いろいろ考えていた、「私」という存在がいます。
 
それから、この歌の「歌詞を作った人」、さらに、「歌っている人」がいます。
さらに、そのレストランで、無意識に、「歌を店内に流した人」がいるのです。
これらの人々の思惑の全てを、知りつくしていて、絶妙なバランスとタイミングで、その「シンクロ」を起こした存在が、「神」なのです。
 
 
その「神」は、おそらく、とてもイタズラ好きで、昔のテレビ番組の「ドッキリカメラ」など、比較にならないくらい、壮大で、宇宙的なスケールのユーモアで、私を笑わせてくれたのです。(笑)

 

 

 

 

さて、今回の旅のテーマは、「パイオニア」です。

「パイオニア」は、「開拓者」や「先駆者」とも訳されますね。

 

これは、歴史において、新しい土地へ向かい、その新しい土地で、いろいろなことを、試みた人たちがいた出来事も、もちろん、意味しますが、個人のレベルでも、例えば、職場を変わったり、転職したり、学校の卒業して、新しい学校に入学したり、引っ越したり、結婚したり、離婚したりすることも、ある意味、「開拓」です。

 

環境が変われば、否応なく、新しい出会いがあり、そこで、新しい人間関係が始まり、新しい自分に気が付いたリしますね。

人生というのは、このように、常に、「選択」の連続なのです。

 

振り返ってみて、

 

「あの時、あの決断をしなかったら、現在の自分はないな…」

 

こう思える出来事が、たくさんあると思います。

そして、それは、ほんの小さな出来事であったり、とても小さな勇気だったり、小さな一歩だったりするのです。

 

 

そして、その小さな一歩は、よくよく考えてみれば、自分の意識で決めたようにも見えますが、広い視点から眺めてみると、実は、とても大きな存在に、導かれていたり、前述したような、「偶然」、つまり、「シンクロ」によって、さりげなく、

 

「ここでは、この選択をしなさい…」

 

囁くような声で、選択肢を、指し示してくれたりするこもあるようです。

昔の人たちは、これを、「虫の知らせ」と言っていました。

 

 

 

今回の旅行記は、古代の日本において、古い土地から、新しい土地へ向かった、「パイオニア」の人々に、フォーカスします。

 

特に、大昔から、「西日本」から「東日本」に移ってきたグループがいます。

このグループについて、詳しく書かれている書物は、とても少ないのです。

 

よく知られているように、「古事記」や「日本書記」には、「西日本」や「九州」の話は、たくさん出てきますが、「東日本」に関する記述は、ほとんどないのです。

「富士山」の記述もないのです。

 

というとは…

 

何者かが、「東日本」の歴史を、意図的に隠ぺいしているということです。

特に、「西日本」と「東日本」を繋ぐルートは、ほとんど、わかっていません。

 

しかし、今回、私は、これを解明することに成功しました。

 

 

先月下旬から今月上旬にかけて、西日本では、主に、「三重県」と「愛知県」と「和歌山県」に行き、調査してきました。

東日本では、「千葉県」と「東京都」と「神奈川県」、それから、「埼玉県」と「群馬県」と「栃木県」にも、調査に行きました。

凄い歴史の秘密が、どんどん繋がり、最高に面白い旅でした。

 

 

 

この旅行記は、前回の旅行記、「古代日本オリジナルツアー」の続編になります。

まだ、これを読んでいない方は、ぜひ、この旅行記から、読み始めてくださいね。

 

 

これから、驚天動地の裏の日本史を探る旅が、始まります。

脅かすわけではありませんが、今から、心の準備をしておいてくださいね。

もしかしたら、今までの旅行記の中で、一番面白い内容になるかもしれません。

 

では、はじまり、はじまり~!

 

 

 

 

 

☆精神世界のランキングです。

1日1回、ポチッと、応援クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

 
 
 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

 

 

トーマ

 
toma_atlas@yahoo.co.jp

 

 


☆私のメインサントです。 

http://www.tomaatlas.com/

 

 

精神世界の鉄人さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス