精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

前回の記事、「日本人の始祖」、大反響でしたね。

 

その続きの話です。

 

 

「イザナギ(伊弉諾尊)」と「イザナミ(伊弉冉尊)」が、私たち日本人の純粋な始祖だという話までやりましたね。

 

その二人ですが、最初の頃は、中近東にあった、「エデンの園」に住んでいた、もう一組の人祖である、「アダム」と「イブ」のように、周囲には、植物と動物以外には誰もいないという環境で、二人っきりの童児と童女として、寄り添いながら、生きていったそうです。

 

小鳥たちや小動物たちしか、遊び相手はいなかったのです。

 

 

密生した桧の樹が、音を出して、きしみながら発火した時に、それを見て、火の起こし方を学び、魚や肉も、生よりも、火で焼いたほうが、美味しく食べれれることを知ったそうです。

 

それから、火の傍にあった粘土が、形をつくっているのを見て、素焼きをつくることも、学んだそうです。

 

 

 

ある日のこと、小鳥やリスが、交尾をしているのを見て、童女の方が、顔を赤らめたそうです。

 

それから、童女は、童児に、

 

「これからは、寝屋を別にしましょう」

 

と言ったそうです。

 

お互いに、異性を意識するようになったということです。

 

童児も、それに同意して、それが、きっかけで、二人は別々の場所で暮らすことになったそうです。

 

童女のほうは、自分の発言を、後に、凄く後悔して、自分を責め続けたそうです。

 

しかし、永遠の別れというわけでもなく、二人の約束は、

 

「ある程度の年齢になったら、また再会しよう!」

 

というものだったそうです。

 

 

現在の福井県小浜市にある、遠敷川の「鵜瀬」で、二人は、一旦、涙の別れをしたそうです。

 

 

童女のほうは、その後、現在の滋賀県の琵琶湖にある、「竹生島」で、初潮を迎えたそうです。

 

後世、成人した女性を守る、「弁天様」は、ここから発生しているそうです。

 

そういえば、多くの祠は、池の中にあったり、赤い鳥居や赤い祠、赤い橋などですね。

 

あれは、童女(イザナミ)が、琵琶湖に囲まれた竹生島で、赤い血を流したことが、始まりだそうです。

 

 

しかも、「ニンフサグ」でもあり、母親は、「竜(蛇)」の姿の宇宙人でもあったから、「龍神様」も、同時に祀られたりしているのですね。

 

なるほど…、ですね。

 

 

 

それから、童女は、滋賀県犬上郡多賀町のあたりで、しばらく暮らしたそうです。

 

有名な「多賀大社」の近くだったそうです。

 

そこで、麻の皮が丈夫なことを知って、そこで、自分の身体を保護する麻衣を編み出し、それを身に纏ったそうです。

これが、人類の衣服の始まりだそうです。

 

西洋の「アダム」と「イブ」が、「イチジクの葉っぱ」で性器を隠した話よりも、より高度ですね。(笑)

 

 

この話を知ってから、さっそく、「多賀大社」に行ってきました。

 

鳥居です。

 

{FD044D7E-6F10-466E-AED6-4C162ADEC8DA}

 

 

「多賀大社」の「多」は、二つの勾玉であり、「イザナギ」と「イザナミ」を表現しているような気がします。

 

そこから、後に、多くの日本人が、生まれたわけですから。

 

{08CD2FD6-2015-46D0-B93E-E84E253FE707}

 

 

鳥居の前のお店に、「しゃもじ」がありましたが、これも、「前方後円墳」の形であり、「アヌ王」のシンボルでもありますね。

 

{D29F11E4-4181-4908-9876-8D496639FCE5}

 

 

拝殿の前で、記念撮影しました。

 

太古の昔、ここで、「イザナギ」と「イザナミ」の恋のドラマがあったと思ったら、感動の波が、じわじわと、押し寄せてきました。

 

{D3545D68-D8D0-4D21-8D84-324725F541D0}

 

 

よく見ると、拝殿の形は、「プロビデンスの目」で、「エンキ(イザナギ)」のシンボルになっていますね。

 

{A67CFFE6-4742-4F23-B5FF-E4BCA8F5CD34}

 

 

拝殿の中にも、「しゃもじ」がありました。

 

{EB753E76-6FCD-416B-81DF-A3B2B8AAA079}

 

 

 

「イザナミ」は、その後は、三重県の員弁、そして、同じく、三重県の麻生田で、3年間ほど生活していたそうです。

ここでは、ひたすら、麻織物を織っていたそうです。

 

 

それから、「イザナギ」と再会を約束していた場所、現在の伊勢市宮後町にある、「伊勢神宮」の外宮の別宮、「月夜見宮」に行ったそうです。

 

そこで、二人は、お互いに成長した姿で、久しぶりの再会をしたそうです。

 

そして、ここで、結婚式を挙げたそうです。

これが、人類初の結婚式、つまり、「人祖の結婚式」になったそうです。

 

 

 

今年の初夏に、ここにも行きました。

 

ここは、そういう所だったのですね。

 

{22B2DCCD-D924-4CC7-B3E0-797C6B1559D7}

 

 

{14A8FD37-B9A2-4E03-BE28-B9841C6C22A8}

 

 

そこでは、「イザナミ」が、麻生田で織った、「白妙」を二人とも纏って、誓いの言葉を、神に述べたそうです。

 

「絶対に争ったり、殺し合ったりせずに、助け合います」

 

というのが、その誓いの言葉だったそうです。

 

現在でも、天皇が結婚する時にやる、「大嘗神祇祭」という儀式では、これをやるそうです。

 

{A31A943A-346D-43B4-8FB4-FDB4B2341FBA}

 

 

この誓いの言葉の理由は、最初の人祖である、この二人が、「人間の元」の状態で、地球に来る前に、その宇宙の根源のような世界、前回書いたような、宇宙の子宮である、「障壁賀」の中が、とても調和がとれていて、争いごとの全くない、素晴らしい世界だったために、必然的に、この理想の世界を、この現実世界でも、再現しようと思ったようです。

 

考えてみたら、現在の日本の「平和憲法」は、この時に、すでに出来上がっていたのですね。

 

 

「イザナギ」と「イザナミ」は、結婚したあと、滋賀県に向かったそうですが、その滋賀への旅の途中、現在の三重県いなべ市にある、「饗庭神社」で、人類初となる、最初の妊娠に気がついたそうです。

 

それから、イザナミは、自分が子供の頃に住んでいた滋賀県犬上郡多賀町のあたりが、とても気に入っていたので、そこでの定住を決めたようです。

 

やはり、「多賀大社」のあたりなのですね。

 

 

二人は、老化もせず、若い身体のまま、数千年生きたそうです。

 

そして、その間に、子供を、たくさん産んだようなのです。

 

子供たちは、男女合わせて38人いたそうです。

男児が19人、女児が19人だったそうです。

 

38人の子供たちの話は、また後ほど、ゆっくり書きますね。

 

 

 

38人の子供たちが、ある程度育ち、それから、さらに、その38人も、たくさんの子供を産み、大勢の子孫に恵まれたそうです。

 

それで、ある程度、落ち着いた頃を見計らって、二人は、元来た天に、戻ることにしたそうです。

 

その場所は、滋賀県米原市にある、「醒ヶ井」という所にある、「武奈山」と「比婆山」を、二人のお墓に決めたそうです。

 

この二つの山は、距離にして、3キロくらい離れているそうです。

 

 

最初に、「イザナギ」が、「武奈山」の頂上にある墓に入り、肉体は、そこに埋めたようです。

 

それから、本質である霊体は、

 

プシュー!

 

と、天高く飛びあがり、そのまま、「金星」に向かって、天に飛んでいったそうです。

 

それから、しばらくして、今度は、「イザナミ」が、「比婆山」の頂上にある墓に入り、肉体は、そこに埋めたようです。

 

それから、また、霊体が、

 

プシュー!

 

と、「イザナギ」の後を追うように、同じく、「金星」の方角に飛んで行ったそうです。

 

 

 

この話を知ったので、さっそく、この二人の墓まで、行ってみることにしました。

 

それにしても、「人祖」である、「イザナギ」と「イザナミ」のお墓があったことすら、知りませんでした。

 

本当の古代史というのは、本当に、巧妙に隠されてきたのですね。

 

私の友人たちに訊いても、知っている人は、とても少なかったです。

 

 

 

さて、この滋賀県の旅では、二人の方が、同行してくれたのですが、3人で、そのお墓に向かいました。

 

しかし、途中から、道が狭くなり、時間も夕方になっていたので、途中で行くのを諦めました。

 

 

この写真は、「比婆山」にある、「イザナミ」の墓を目指した時に、諦めて引き返した時の写真です。

 

私の服を、夕日が、オレンジ色に染めているのが、わかりますね。

 

{5074C0AF-1CC3-4E81-AB30-EBEF10BE4D7A}

 

 

後から、詳しい人から、教えていただいたのですが、この先は、ヒルやマムシなども生息していて、とても危険だそうです。

 

また、四輪駆動の車じゃないと登れない坂道もあり、素人が行けるような所ではないそうです。

 

たしかに、ここから先は、大変そうでした。

 

{74505ACF-C9D2-4A17-B34B-2D6E366061F1}

 

 

「家相」などを見るときに、「丑寅」の方向、すなわち、「東北」を、「鬼門」にしたり、「未申」の方向、すなわち、「南西」を、「裏鬼門」として、トイレなどを配置しないように工夫したり、お祓いしたりしますね。

 

これは、元々は、この「イザナミ」と「イザナミ」の二人の墓、つまり、「人祖の墓」を、「貴門」と呼び、ここを日本の基準点にしたことから、始まっているのだそうです。

 

凄い場所だったのですね~!

 

 

 

私たち3人は、この山の頂上に行くのは、諦めたのですが、山から下りてきたら、道路も走っていて、橋が架かっている、素敵な神社を見つけました。

 

後から知ったのですが、この神社の拝殿が、「イザナギ」と「イザナミ」の二人の墓を向いていて、山の頂上まで行かなくても、ここから、参拝できるようになっているとのことでした。

 

 

「調宮(ととのみや)神社」という名前で、多賀大社の御旅所として、知られているそうです。

 
{7318158F-0DC3-4009-9A7F-6FF92552E353}
 
 
{E3503A36-4EC7-4976-BBF2-B340B0E3F89C}

 

 

境内には、大きな木生えていました。

 

{0DF31A82-B60E-4DC3-BFB9-F9C3C519B405}

 

 

拝殿で参拝しました。

 

{00CADBA2-1072-48CA-83E8-CF2A9E2A8845}

 

 

「人祖」の墓に手を合わせることができる、素晴らしい神社です。

 

{A31555BC-3D6C-46A5-949C-AA7B725B4A8F}

 

 

「調宮大明神」と書かれていました。

 

{5A73A47D-28D0-4D44-A614-F858331122E9}

 

 

 

拝殿の奥のほうに、巨石がありました。

 

{D398DD25-0D70-4EEF-85E9-C5899E0DE4B8}

 

 

記念撮影しました。

 

{505BAAE5-3ACA-48B5-AE8F-34BD332F2E7A}

 

 

 

この日は、夜から、急遽、懇親会を開催しました。

滋賀県大津市にあるホテルでした。

 

いろいろな話題で、大盛り上がりでした。

 

楽しかったですね~!

また、いろいろ語りましょうね。

 

{AE997936-623B-46A5-B1AE-A4A5D8ED2E9D}

 

 

ホテルのロビーでも、記念撮影しました。

 

{F453B840-CD6E-473E-B278-90D8E1772607}

 

 

 

次回は、「イザナギ」と「イザナミ」が産んだ、38人の子供たちの話です。

 

彼らの痕跡を辿ってみると、凄い史実が、どんどんわかってきたのです。

 

 

そろそろ、古代史の秘密の扉を、また、少しだけ開けますね。

 

ギッ、ギギギギ…

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。