精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

今回の旅行では、久しぶりに、福井県にも立ち寄りました。

私の場合、人生の転機に、この土地に行くことが多いです。

 

 

「世界樹」に興味があるので、「東尋坊」にも行きました。

ここも、やはり、太古の昔、超巨木が生い茂っていた場所みたいです。

 

 

着きました。

 

この日は、天気も良く、素晴らしい景色でした。

 

{065D592C-5FA6-484F-81D1-417D3C60730B}

 

 

{A3F6BFF3-A1A0-41F0-9521-6EEB4FA2283F}

 

 

すぐに、船に乗り、海から海岸線を眺めました。

 

{A9BB7F29-9836-4D58-B334-A3ACA88F5668}

 

 

「雄島」という島です。

 

{836D327D-DB49-450F-B8A6-F4A3A90650FE}

 

 

この島も、全体が、超巨木の化石だと思います。

 

{6A9BD294-02BE-4F21-AB58-4B655287963D}

 

 

島の上のほうに、鳥居がありました。

歩いて行けるのかな?

 

{89211651-2CE6-43B2-9462-D771B6ACE839}

 

 

「東尋坊」の海岸線です。

 

{FB4A17BA-AD06-4B28-880B-558B171E84DC}

 

 

洞窟みたいなものがありますね。

 

{A7C42ACD-E313-4462-B064-3E79907C74D0}

 

 

明らかに、植物の細胞の跡ですね。

 

{512D3C62-637F-4A17-9FCA-7D6E7A3B620E}

 

 

{0A60DE83-76FB-45F0-A753-82BF40928875}

 

 

太古の昔、ここに超巨木があり、今は、その「切り株」の上を歩いていると思ったら、大感動します。

 

{58FDD3AF-C61A-470F-B0BB-20FD65B1D299}

 

 

{364C00B1-BA8E-46F6-9486-41EAF110A08B}

 

 

記念撮影しました。

 

{4F3979E6-0E8A-4120-B022-BC2D05D64B17}

 

 

こういう奇岩も、植物の化石だと思ったら、その形状に納得します。

 

{D36D7754-DDA9-4D04-AA96-05012BF7B9BA}

 

 

これらの形は、細胞壁の痕跡だと思います。

 

{53C11DA9-A0D5-4971-BA37-C6DD5691819D}

 

 

学者の方たちは、火山活動や溶岩で説明していますが、違うと思います。

 

{DDC4167A-D45C-4296-9EB5-F089013892E9}

 

 

 

駅にあった、恐竜のオブジェです。

 

{5AB4AC27-29B5-4D43-B7F6-956C239E204D}

 

 

福井県は、「恐竜王国」と言われていますね。

日本で発見された化石の70%は、福井県からみたいです。

 

どうして、福井県に恐竜が、たくさんいたのでしょうか?

 

それは、ここが、もともと、「龍神様」の拠点だったからです。

 

あとは、地形的なことも関係しています。

 

「ヤマタイカ」というマンガのワンシーンです。

151017_130712.jpg


わかりましたか?

現在でもそうですが、日本列島というのは、西は、「福岡県」、東は、「福井県」の間に、「ほとんど火山のない地帯」が、存在しているのです。

神社でいえば、「宇佐神宮」と「伊勢神宮」の間のエリアみたいです。

つまり、火山噴火の脅威のない地帯が、ここなのです。

逆に、熊本県あたりから南西、そして、静岡県あたりから北東は、火山の噴火に、さらされる地帯なのです。

恐竜たちは、地上の王者だったために、いわゆる、「天敵」が、いなかったようです。

あれだけの大きさの身体だから、襲われる心配も、ほとんどなかったでしょう。

しかし、唯一の心配は、天変地異だったみたいです。
その中でも、「火山」や「雷」などは、恐れていたようです。

だから、最初に、アジア大陸から渡ってきた彼らは、この火山のない地帯に、住み着いたのかもしれません。

どれくらい前かは、わかりませんが、その後で、すこしづつ、哺乳類たちも、住み着いたのだと思います。

それから、しばらくの間は、猿のような人間たちと、恐竜たちの間で、攻防戦が、あったかもしれません。

理由は、わかりませんが、だんだん人間のほうが優勢になり、恐竜たちは、この「ほとんど火山のない地帯」の隅っこのほうに、追いやられていったのかもしれません。

それから、とうとう、琵琶湖のあたりまで、追い詰められたのだと思います。

彼らからすると、琵琶湖は、塩分のない淡水なので、飲み水にも、適していたために、どうしても、この水際からは、移動したくなかったのだと思います。

そこから東は、「火山のある地帯」だからです。

琵琶湖の北のあたりの土地は、どうしても死守したくて、必死になって、戦ったのかもしれません。

彼ら恐竜が、火山の脅威からも逃れられ、たっぷり水が飲めて、人間たちも、あまり近寄ってこないという、三つの条件をみたした土地が、琵琶湖の北だったのだと思います。

現在の「滋賀県」と「福井県」ですね。

もちろん、仮説ですが、そう考えると、なんとなく辻褄があうのです。
 

 

 

JR福井駅の前は、恐竜の模型や絵で、いっぱいです。

 

ここに展示してある恐竜たちは、皆、太古の昔、実際に、福井にいた恐竜たちだそうです。

 

{DB03D3C3-7216-4D4E-8659-CC6B6DD43E68}

 

 

{5602A95F-C012-4519-BF98-7992B2436A53}

 

 

{65FDEB4E-85D7-4FB1-8907-F52FB3DE8F12}

 

 

{8200508F-CA3E-49D3-9B55-CD805B1C3BF0}

 

 

これらの恐竜たちも、現在の「東尋坊」にあった、超巨木の上で、小さなトカゲのように、木に登って、動き回っていたんじゃないかな?

 

こういう話を、友人のはるなさんに話したら、さっそく、そのイラストを、描いてくれました。

 

あまりにも、可愛くて素敵なので、こちらでも、紹介させていただきますね。

 

{1F4E5637-CA40-4CA6-B189-75BA8E88F5D6}

 

 

 

初めて読む方もいると思うので、また再掲載します。

 

 

ご存知のように、世界中、どこに行っても、龍の神話、伝説、壁画などが、存在しています。
特に、日本には、龍を祀った神社も多く、神話も山ほどあります。


不思議なのは、これほど、身近な存在でありながら、ほとんどの人が、

「空想上の動物だ」

と思っていることです。

たとえば、

「干支の中でも、龍だけが、空想の動物であり、架空の存在だ」

というのは、よく聞く話ですね。


しかし、世界中に、龍に関する話が、たくさん存在していること自体、簡単に、空想だけで終わらせてはいけないと思います。

「龍は、実在の動物だ」

と考えたほうが、自然なのです。


これは、チャネリング情報ですが、ある本によると、宇宙が誕生して、しばらくしてから、神様は、自分の姿を、ある程度、形作ろうと思い、試行錯誤したそうですが、いろいろとやってみた結果、二つの形が、好きになったようです。


全知全能の神が、好んだ姿は、

一つは、龍の形。

二つ目が、人間の形。

理由は、この二つの姿が、オシャレで機能的、そして、いろいろな体験を、楽しめそうな形だったからみたいです。


それで、しばらく、この二つの形のまま、宇宙空間を、旅していたそうです。

いろいろな神話で、龍の上に人間が乗って、一緒に飛んでいる場面がありますが、それを、イメージしてくださいね。

「まんが日本昔話」のオープニングのアニメーションが、一番わかりやすいかな?

image


この時点では、どちらかというと、物質的な肉体ではなく、非物質な霊体だったみたいです。

存在している次元も、現在の私たちが、暮らしている3次元ではなくて、もっと自由度の大きい、5~8次元くらいだったようです。



これは、南米の壁画です。

龍の形の宇宙船に、人間型の宇宙飛行士が、乗船して、操縦しているようにも、見えます。

もしかしたら、霊体から肉体に、変化している最中の様子かもしれませんね。

151017_223830.jpg


長いこと、いろいろな宇宙や惑星を、旅したそうですが、しばらくして、この地球を、見つけたそうです。

それから、この惑星での体験を、楽しもうと思って、物質化しようと思ったらしいのですが、その頃は、まだ、地球ができたばかりだったので、少し環境を、整える必要があったみたいです。




環境が、過酷だったために、最初は、人間の姿の神様ではなく、龍の姿の神様から、地球に降り立って、生態系のバランスなどを調整したようです。

最初に、地球に降り立ったのは、「龍神」のほうだったのです。

さらに、その時には、霊体の龍の姿ではなく、3次元の過酷な地球の環境に、適応するために、振動数を落として、物質化して、「恐竜」という姿になったそうです。




その恐竜も、大きく三つの姿に分かれたそうです。

空を飛べるようになったものが、「天龍」で、地面を走れるようになったものが、「地龍」、海を泳げるようになったものが、「海龍」みたいです。


それから、環境が整った時点で、次に、いよいよ、「人間」が誕生したそうです。

中南米の古代遺跡の壁画などには、その時の様子が描かれている絵も、いつくか残っているようです。

これは、龍の口から、人間が誕生する様子を描いた絵です。
ちょっとわかりにくいかな?

151017_223944.jpg


これが、本当だとしたら、人間は、サルから進化したのではなく、龍から生まれたということになります。

これが、高次元で、霊的な龍神から、人間が創造された様子なのか、それとも、物質的な次元で、実際に、恐竜の口から、人間が出てきたのかは、わからないようです。

解釈によっては、当時の神様が、人間を創る時に、恐竜の遺伝子を、主に使ったことを、象徴的に描いたものかもしれません。


考えてみれば、

「人間が、サルから進化した」

という進化論が、一般的ですが、これなどは、150年くらい前に、ダーウィンが、言いだしただけで、もし、それが、本当ならば、世界中に、それらしい神話や伝説が、あってもいいのに、どこにもありません。


しかし、

「人間と龍が、戦った」

「人間と龍は、仲良しだった」

というように、人間と龍との関わりを残した神話や伝説は、世界中に、山ほどあります。

このことから、やはり、人間の誕生には、龍が関係していたと考えるのは、自然なような気がするのですが、どうでしょうか?


特に、日本の神話には、龍に関する話が、たくさんあります。

有名な「因幡の白うさぎ」の物語などにも、「ワニ」が、登場しますが、学者たちが、

「その時代に、日本の海には、ワニなどいなかったから、サメだったのだろう」

と解釈していますが、これも、そのまま、海の恐竜である「海龍」だったと解釈することもできます。


他にも、大昔の書物で、日本の天皇の姿を、書きしるしているものがあるそうですが、それなどを読むと、初代から16代くらいまで、龍の姿、もしくは、龍と人間の混血を思わせるような姿だったようです。

初代の神武天皇などは、

「身長が3メートル以上あって、角が二本あって、体には鱗があった」

と記述されているようです。
 

 


他にも、最先端の科学でも、アメリカの大学などで、人間の遺伝子を、徹底的に調べると、

「爬虫類的な水生動物の遺伝子が、一番多く、他にも、サル、ネズミ、コウモリなどのありとあらゆる動物の遺伝子情報が、人間には、含まれている」

という調査結果も、出てきているそうです。

「サルから進化した」

というのも、間違いではないそうです。


ここでいう、「爬虫類的な水生動物」という表現は、現在の動物に、当てはまるものが、見当たらいから、こういう表現をしてるそうですが、一説によると、強いて当てはめるならば、

「タツノオトシゴ」

みたいな動物らしいです。

「龍が、落とした動物」

ということですね。

やはり、龍が、遺伝子的にも、関係しているようです。
面白いですね。(笑)

 


人間と龍に関する、世界中の神話や伝説などが、ぜんぶ本当の話だったかもしれないと思ったら、ワクワクしてきませんか?

学問の世界では、頭の堅い学者が多いみたいので、なかなか表のメディアでは、ニュースとして報道されませんが、マンガやアニメ、映画、ゲームの業界では、現在、龍に関わる話が、たくさん出てきていますね。

 

 

数百年前までは、世界中の海で、わりと普通に目撃されていたようです。

 

下記の絵は、大航海時代に、アメリカ大陸の付近の海に出現した、首長竜の生き残りだそうです。

151017_134014.jpg


古い世界地図には、ドラゴンの絵が、たくさん描かれていますね。

私は、こういう絵を、素直に解釈します。

「この時代には、世界中の海で、海竜が目撃されていたんだな~」

というかんじです。
そのまんまなのです。


北海道などで、「熊に注意」という看板があるように、この地図では、

 

「このあたりの海域には、ドラゴンに注意」

 

という意味だったと思います。


 

 

私の感じてるところでは、龍たちは、地球の環境が、ある程度、整ったのを見届けて、表面上は、「大洪水による恐竜の絶滅」という姿で、3次元の世界からは、消えたのだと思います。

高次元といってもいいし、パラレルワールドと表現しても、いいかもしれません。
とにかく、役割を終えたから、地上から去ったのです。


しかし、現在でも、高次元の世界で、「龍神」として、地上にいる私たち人間を、サポートしていると思います。

霊感がある人たちには、それが見えるようですが、無い人たちにも、しばしば、雲を龍の形にした、「龍雲」として、自分たちの存在を、そっと教えたりしているみたいです。


「龍雲」が、空に現れたら、人間と龍の大昔からの関わりについて、いろいろ想像してみると、楽しいと思います。

太古の大昔に、一緒に宇宙空間を旅していた時のことも、思い出すかもしれませんよ。
 

 

 

2年前に、福井県勝山市にある、「恐竜博物館」に行った時、「南アジアの恐竜時代」というテーマで、特別展が行われていました。


しばらく、見て回っていると、興味深い地図を見つけました。
中国で、恐竜が発掘された場所が、示されていたのです。
この地図の北のあたりで、私の目は、釘付けになりました。

151012_124820.jpg


なんと! 

「黒竜江省」と書いてあるではないですかー!

この土地を見て、ある話を思い出したのです。

尊敬する秋山眞人先生が、ある本に、こう書いてあったのです。

 


簡単にまとめますね。

 


太古の時代に、隕石や大洪水などで、恐竜が滅びるときに、生き残った恐竜や卵は、現在の人類の祖先たち、ネズミやサルなどの哺乳類に食べられたそうです。

その時のことを恨んだ恐竜の霊体が、存在していたそうです。

それらの霊体は、長い時間の間に、どんどん集まってきて、「怨念の集合体」のようになったそうです。


その怨念の集合体は、とてもネガティブな集合意識になり、なぜか、現在の中国の「黒竜江省」のあたりに、山のような形で存在しているそうです。

太古の昔から、ずーっと、ネズミやサルなどの哺乳類たちに、自分たちの子供である卵を、食べられたことを根に持っているそうです。

もともとは恐竜だった、その怨念の集合体は、「ブラックドラゴン(黒龍)」の姿の霊体になり、私たち人間を敵視しているそうです。

彼らの死骸である、石油やシャールガスなどにも、その怨念の波動が、まだ残っているそうです。

だから、石油で争う戦争も多いし、石油で作られた製品は、アレルギーになる人が、多いのだそうです。

「いつか、哺乳類や人間たちを滅ぼして、また、自分たち恐竜族が、地球の支配者に、なってみせるぞ!」

こんなふうに、その集合体は、思っているそうです。


誤解のないように、ねんのために、断っておきます。

「ホワイトドラゴン(白竜)は善で、ブラックドラゴン(黒龍)は悪」

という単純な構図ではなく、ホワイトドラゴンにも、善いやつもいれば、悪いやつもいて、ブラックドラゴンのにも、善いやつもいれば、悪いやつもいるそうです。

実際には、このように、もっと複雑な関係みたいです。

黒竜江省にいる存在は、人間に悪さをする、ネガティブな「ブラックドラゴン」みたいです。

151020_001206.jpg



これは、別のチャネラーさんから、聞いた話です。

「黒竜江省」という場所は、ちょうど、「中国」と「ロシア」と「北朝鮮」の三つの国の国境近くにあるのですが、このネガティブな「ブラックドラゴン」は、具体的な行動として、歴代の北朝鮮のトップに、常に憑依しているのだそうです。

「北朝鮮のトップを使って、地球に、全面核戦争を起こしてやろう!」

と、企んでいるのだそうです。

このブラックドラゴンに、憑依された人間は、感情が、瞬間的に切り替わるという特徴があるそうです。

それまで機嫌がよく、ニコニコ笑ってたと思ったら、いきなり、意味もなく、カーッと怒り出し、

バーン!

と拳銃で、目の前の部下を射殺したりするそうです。

そして、殺した後に、また慈愛の表情を浮かべ、ニッコリ微笑んだりするそうです。

周囲の人間は、感情や思考が読めないので、恐怖を覚えるそうです。

周りの人間に心を読ませないことが、独裁者の条件みたいです。

だから、北朝鮮の歴代のトップは、独裁政治になりやすいそうです。



この展示会では、「黒竜江省」で発掘された恐竜の化石が、展示してありました。

ネガティブな「ブラックドラゴン」の怨念というのは、恐竜の集合意識なので、あらゆる種類の恐竜が、その正体だとは思いますが、

「どうして、この土地に住み着いたか?」

というと、やはり、一番根に持った恐竜が、ここに住んでいたからだと思います。

だから、ここに住んでいた恐竜が、根に持っている恐竜たちの親分なんだと思います。


「黒竜江省」で発掘された恐竜が、動き回っている想像画が描かれていました。

151012_125541.jpg


最初、前にいる肉食系の恐竜かと思ったら、いろいろ調べたら、違うみたいです。

なんと、後ろの巨大な草食系の恐竜が、黒竜江省で、発見された恐竜だそうです。

一頭だけの絵もあったので、紹介します。

151012_131655.jpg


コイツです!

この恐竜が、ずーっと、人間のことを、根に持っている恐竜たちの親分みたいです。

人間に対して、逆恨みをしている恐竜が、コイツなのです。

「ティタノサウルス」という名前が、つけれているそうです。

思っていたより、おとなしい顔をしていのが、意外でした。

もっと、悪魔のような凶暴な形相をしているのかと、思っていました。

しかし、後から、

「人間でも、普段、ほとんど怒らない、おとなしそうな人にかぎって、根に持つような… 恐竜も、そうだったかもしれないな…」

と、思いました。


この恐竜の化石も、展示されていました。

151012_125625.jpg


骨が黒いのが、気になりませんか?
通常の化石の骨って、茶色か白ですよね。

どうして、黒いんだろう?
もともと、黒かったのか、後から、黒く塗ったのか、そこらへんは、わかりません。

この恐竜の脚の骨だそうです。

151012_131914.jpg


その日、同行していた、Tさんと二人で、

「もしかしたら、コイツは、骨の髄まで黒かったんじゃないかな?」

と言って、大笑いしました。


その後で、この恐竜に向かって、

「もう終わった話だよ。そんなに恨まなくてもいいんだよ。そもそも、龍と人間は、地球に来る前は、仲良しで、一緒に宇宙を飛び回っていたんだよ…」

心の中で、こう呟いて、彼らが成仏して、光の世界に帰っていくことを、祈りました。

ぜひ、この恐竜に、愛と光のパワーを、送ってあげてくださいね。

 

中国は、このブラックドラゴンのパワーを、弱めたり、封じ込めるために、「黒竜江省」に、「龍塔(ドラゴンタワー)」を、建設したようです。

 

 

 


実は、日本にも、このドラゴンのネガティブなパワーを、弾き返したり、迎え撃つための防衛基地が、福井県にありました。
 

 

その名も、ズバリ、「黒龍神社」です。

 

ここには、2年前にも行ったのですが、今回も立ち寄りました。


地元の友人、Yさんに、連れて行ってもらったのです。


着きました。


場所は、福井市です。

 

{B20F37D3-E29E-43A2-9BD8-E833F54BF3D0}

 

 

「毛谷 黒龍神社」と書かれていました。

 

{123B0E5B-86EA-4BEC-A941-5D258FEFA0D4}

 

 

拝殿です。

 

ここでも参拝しました。

 

{B9415B5E-E94B-48B0-9D99-8824A194B916}

 

 

{7C385816-45E1-48EA-92B0-F16FBA176892}

 


大迫力の黒龍の絵が、神社の入口付近に、置かれていました。

 

{13FAAE51-E581-48E7-BDAC-858489B0AB0F}



この神社に、一歩足を踏み入れたら、直感的に、すぐにわかりました。

「ここだ… ここが、中国の黒竜江省にいる、ネガティブなブラックドラゴンを、迎え撃ったり、封印したりする、日本のポジティブなブラックドラゴンが、住んでいる拠点だ…」

こう思いました。


「黒龍」の絵が描かれた太鼓です。
この音で、魔を払い除けるのだと思います。

151011_162848.jpg


興味深いのは、日本の自衛隊も、この神社のパワーを、もらっているそうなのです。

海上自衛隊の最新鋭潜水艦、「こくりゅう」です。

この神社のご祭神が、この潜水艦の艦内の神棚に祀られているそうです。

「世界平和のために、活動されるように…」

という願いを込めた、この神社のエネルギーが、入っているそうです。

151011_162641.jpg


ほとんどの神社からは、「やさしさ」や「愛」だけを感じるのですが、この神社からは、この二つのエネルギー以外にも、「厳しさ」や「強さ」も、感じました。

「強さ」を伴った「やさしさ」が、本物の「愛」だと思っている私には、理想の神社だと感じました。

中国のネガティブなブラックドラゴンに、対抗するためには、やはり、「強さ」も、必要なのだと思いまいました。


部屋の片方の隅っこには、「槍」が置かれていました。

151011_163239.jpg


もう片方の隅っこには、「盾」が置かれていました。

これだけ、戦闘モードになっている神社は、初めて見ました。

やはり、ここが、エネルギー的に、中国からのブラックドラゴンを、防ぐための防波堤のような場所なのだと思いました。

151011_163254.jpg



これは、その部屋の天井に描かれている絵です。

凄いパワーが、出ていました。

この絵からは、どちらかというと、「戦闘」ではなく、相手を、「愛」で包み込むようなエネルギーを感じました。

「和龍(世界の平和)」という題だそうです。

この「和」の絵は、世界の平和、幸福、繁栄の思いを込めて、画家の高橋聡氏という方から、贈られたものだそうです。

「黒龍」と「和」が、合わさったような絵ですね。

写真では、わかりにくいのですが、この龍が握っているのは、「地球」です。

やはり、人間の歴史には、「龍族」が、深く関わっていたようですね。

151011_162529.jpg



次回は、いよいよ、日本人の始祖であり、「龍神様」である、「エンキ」の話です。

 

これから、旅行記は、一気に佳境に入ります。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。