精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

玄武洞の後は、私たちは、丹後半島のあたりをまわりました。

 

まわった所を、いくつか紹介しますね。

 

 

 

「神谷(かみたに)神社」という所にも行きました。

貫禄のある鳥居ですね。

 

{3CFE3D92-4128-4FA5-B52A-76409F3CC9C2}

 

 

なぜか、下の文字が地面に埋まっていました。

 

{7FD152D8-B44D-4513-BB26-D62DE7D9F719}

 

 

案内板です。

 

{98871537-962E-4B51-9D37-8E4D090EAF0A}

 

 

参拝しました。

 

{421217A0-4AF6-4085-A08B-23C113C0285D}

 

 

道を挟んだ所にも、摂社のようなものがありました。

「神社の森」という名前だそうです。

 

{4322EEBD-3205-4B46-A7A8-2189CE42991F}

 

 

階段を登って、こちらでも参拝しました。

 

{C909932E-3CB5-4A20-B035-FC4D9125E4E6}

 

 

この辺りには、いくつかの磐座もありました。

巨石の前で、記念撮影しました。

 

{1058DC3C-B839-4C46-A0EE-580A8A5D3E39}

 

 

最近は、こういう磐座も、もともとは、超巨木だった化石のような気がしてきました。

模様を見ていると、「岩」というよりは、「木」に見えませんか?

 

{37C899C5-B345-4947-B4E7-A858E4B460BD}

 

 

磐座の上に生えている植物を見ると、植物というのは、水や養分がなくても、エネルギーだけでも、生きていけるような気がしました。

 

{D670D28B-C458-4B35-9B23-66D1E2998BFB}

 

 

 

「女代(めしろ)神社」にも、立ち寄りました。

 

{5CAB3077-E347-4822-8636-FA7C005CF69F}

 

 

{6B051ED7-6F9B-46B4-A7C0-F2417695DA79}

 

 

鳥居の横に、「舟」が置いてありました。

 

神社の中に、「舟」があったら、それは、「ノアの方舟」の意味も含んでいることが多いそうです。

一説によると、「ノアの方舟」は、当時、世界中に、50隻くらいあったとも言われています。

 

{1A2CA57C-CA41-4C46-BE89-96CBE0B4EC68}

 

 

そう思いながら、案内板を読んだら、「揚舟一艘」、つまり、「揚がった船」という表現がありました。

 

ここの説明では、昔、この近くで、洪水があった話が書かれていました。

 

私は、この舟には、太古の昔に、丹後半島にも、「ノアの方舟」が上陸した話も、含まれているような気がしました。

 

{794832D0-2582-4AA4-997B-34AE3B3A15CB}

 

 

神社の彫刻にも、「ウサギが波に乗っている絵」が彫られていました。

これも、「洪水」を表現しているのかもしれません。

 

「ウサギ」は、「シュメール神話では、「イナンナ」の象徴ですね。

 

{4396739F-DFA5-4B28-B37E-3B76F5D6D0DC}

 

 

参拝しました。

 

祭神は、「高御産巣日神:」だそうです。

シュメール神話の「エンキ」ですね。

 

{1B7E8E24-A103-4B9E-BDEA-F90D51AB20FD}

 

 

やはり、鳥居と拝殿を組み合わせた形が、「プロビデンスの目」になっていますね。

気が付きましたか?

 

150819_180722.jpg

 

 

そして、小さな神社なのに、さりげなく、天皇家のシンボルである、「菊の紋章」がありました。

凄い神社なのですね。

 

{17B6C5B0-774C-426A-842E-2F15A057B1CA}

 

 

 

「由良(ゆら)神社」にも、立ち寄りました。

 

{D14E476E-C8C8-42B7-A916-C21AECB98F78}

 

 

{67C4AAE6-C3E8-4823-99F2-3E7E770E5EB0}

 

 

こちらでも、参拝しました。

 

{FA4D76E6-44C2-496D-A9EE-C69DDFD03780}

 

 

拝殿に置かれた鏡が、やけに印象的でした。

「鏡」は、「かみ」+「が」だと言われています。

つまり、「神」と「人間」の融合のシンボルだそうです。

 

{37CA9DFE-C2F1-475B-B6B1-A0D2D4813F43}

 

 

ここでも、記念撮影しました。

 

{083B26D8-DF75-4DDC-A22E-DC9A642DEB7D}

 

 

 

初めて読む方もいると思うので、ここで、再度、「シュメール神話」に登場する、二人の兄弟の話を書いておきます。

 

「エンリル」と「エンキ」の話です。

 

太古の時代、地球の王だった、父の「アヌ王」は、「エンリル」のほうを、地球の王様にして、「エンキ」を、日陰のような存在にしたようです。

「エンリル」=「表の王様」=「空と陸の王様」

「エンキ」=「裏の王様」=「海と地底の王様」

太古の昔に、地球には、こういう二人の王様が、ある時期から支配者として君臨したようです。

 

 
二人の息子は、仲が悪かったそうです。


左の人間の姿の宇宙人が、「エンリル」です。
右の下半身がヘビの姿の宇宙人が、「エンキ」です。

 

この絵でも、喧嘩していますね。

 
{094C5547-6A77-4BCE-9B3E-C9E938E5A728}
 
 
身体の下半分がヘビだった、「エンキ」が、聖書の中で、「アダムとイブ」に、知恵を授けた、「ヘビ」です。

当時、「エンリル」のほうが、父親である「アヌ王」から、「エデンの園」と言われている場所で、「アダムとイブ」の管理を任されていたようなのです。

「エンキ」のこの行為に対して、「エンリル」が激怒したようです。


それで、「アダムとイブ」を、エデンの園から、追い出したようです。
「追い出した神」が、「エンリル」です。

その頃から、人間の姿をした「エンリル」という宇宙人が、半分ヘビの姿をした「エンキ」という宇宙人を、「悪魔」にしたそうです。


つまり、聖書に出てくる「神」は、「エンリル」で、「悪魔」が、「エンキ」ということです。

「エンリル」の価値観に合わない「エンキ」を、悪者にしたということです。

真ん中の木に巻き付いているのが、「エンキ」です。
「蛇(龍)」の神様です。
「アダムとイブ」に、知恵の実を勧めている場面です。

 
{583BB5B7-DE3A-4D25-9D6C-7B674F052D9A}
 
 
その後も、人間の歴史は、この二人の兄弟の喧嘩の影響を、受け続けます。

「アダムとイブ」の10代目の子孫である、「ノア」の時代に、二人の喧嘩が、一度頂点に達するみたいです。

「エンリル」は、自分たちの姿に似ていながら、中途半端に知恵をつけた人間たちを、嫌悪していたそうです。

天変地異を起こし、人間たちを、全員殺そうとしたようです。
それが、「ノアの大洪水」の話です。
しかし、結果的には、「エンキ」が、「ノア」を含む、一部の人間たちを助けたみたいです。
 
 
 
このように、地球の宇宙人グループには、「エンリル派」と「エンキ派」という二大グループができて、両者が争いながら、歴史が展開していったようです。
 
 
「人間を、奴隷にしたままにしておこう」

という価値観のエンリルが、つくったのが、「ユダヤ教」や「キリスト教」、「イスラム教」などの「宗教グループ」みたいです。

一方、

「人間は、知恵をつけながら、いつかは自立するべきだ」

という価値観のエンキが、つくったのが、「ゾロアスター教」や「ミトラ教」、「グノーシス主義」、「フリーメーソン」や「イルミナティ」などの各種の「秘密結社」という流れみたいです。


地球の歴史の様々な出来事に、この二人の宇宙人兄弟の価値観の違いが、間接的に遠因として、影響を与えてきたと、ゼカリア・シッチンは、主張していたようです。

特に、ヨーロッパの歴史での酷い虐殺などには、特に、この二つの神々の喧嘩が、影響しているようです。

宗教戦争などの虐殺の遠因を辿っていくと、最終的には、

「エンリル VS エンキ」

の喧嘩に行きつくことが、多いのです。


もう一度、まとめますね。

エンリルの宇宙人グループは、

「人間に、あまり賢くなってもらいたくない」

と思ってたみたいです。


エンキの宇宙人グループは、逆に、

「人間に、はやく賢くなってもらいたい」

と思っていたみたいです。


これは、単純に、

「どっちが、正しいか?」

という簡単な問題ではありません。


たしかに、人間は、バカなままでも、戦争をしますが、賢くなっても、もっと高度な戦争を、やるからです。

特に、エンリルのグループは、太古から現在まで、

「時代を先取りしすぎる天才は、地球を全面核戦争に、はやく導きやすくする」

と考えて、賢すぎる天才は、一時的に拉致して、軟禁したりするとこともあったようです。

大きな戦争を回避するための誘拐を、やっていたらしいのです。
 

どうですか?

どちらの意見も、正しかったのです。

だから、これだけの長い期間、対立していたのです。
 
 
 

もっとわかりやすい話をしましょう。

 

 

人間には、大きく分けて、2種類のタイプがいると思います。


ハッキリ分かれているわけではなく、あくまでも、便宜上の例え話です。
実際には、ほとんどの人が、この二つが、複雑に混じっています。

 

 

前述したように、太古の時代から、地球を支配していた、二人の宇宙人兄弟は、二つのタイプに分かれています。


「エンリル」は、人間を、規律などで縛り、なるべく、一緒にして、全員を、平等に扱うほうがいいと思っていたようです。


一方の「エンキ」は、人間を、なるべく、各自の個性を生かして、自由にしたほうがいいと思っていたようです。

 


これは、どちらがいいという話ではありません。
好みの問題です。

 


「団体旅行がいいと思うのか? それとも、個人旅行がいいと思うのか?」


または、

 

「団体競技がいいと思うのか? それとも、個人競技がいいと思うのか?」

 

くらいの違いだと思います。

 

 

仕事でも、例えてみましょう。

 


「エンリル派」の人たちは、公務員や大企業の正社員などの「安定」を好む傾向があります。

 

「皆と、一緒に行動するほうがいい!」

 

こう考えるのです。


「エンキ派」は、個人事業主や起業家が、向いているようです。

 

「自分らしく生きたい!」

 

こういう姿勢ですね。

 


他にも、「エンリル派」は、宗教団体に属し、教義などで、生き方を律するのが、向いていると思います。


ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、それから、仏教などは、どちらかというと、ここだと思います。


一方の「エンキ派」は、神社などに、参拝しに行きます。


ご存知のように、神社には、教義もなく、まったくの自由な空間です。
精神世界も、そうだと思います。

 


「エンリル派」は、 決まりに従いながら、競ったり楽しんだりする、 ルールのある、スポーツみたいな生き方です。

「エンキ派」は、 決まりなどなく、ノールールで、ブラブラする、野山のハイキングみたいな生き方です。

 

 

 

旧約聖書に登場する、「モーセ」は、「エンリル派」だったと思います。

 

この人物が、このグループのリーダーだったような気がします。
もしくは、「エンリル」の生まれ変わりだったかもしれません。
 
 
、「モーセ」について、少しだけ説明しておきます。


ご存知のように、「モーセ」は、「出エジプト記」に書かれているように、追ってから逃れる時に、海を真っ二つにしたことで、有名ですね。

 

{EAB1F022-B697-4531-83EA-7F757658D925}

 


歴史というのは、学者が、どんなにがんばっても、その時点での知識の範囲でしか、解釈できません。

ですから、どんな解釈も、その時点での仮説であり、発展途上のものだという謙虚な姿勢は、失わないほうがいいと思います。

科学が進んで、新しい事実がわかったら、他の学問にも影響を与えるし、それまでの定説が、ぜんぶひっくり返るということは、よくあることです。


たとえば、前述したように、旧約聖書の中に、

「モーセが、海を真っ二つに分けた」

という記述があるのですが、以前は、これの解釈を、聖書学者たちは、

「これは、モーセが、その当時、干潮の時期を知っていて、それを利用して、奇跡を演出したのだ。もしくは、そんな事実はなく、その記述は、なにかの象徴として、記述されているのだ」

と言っていました。

そういう学者が、賢い学者だと思われていたのです。

私も、そう思っていました。


この常識の中には、

「水が、真っ二つに分かれるわけはない」

という、思い込みがあったのです。


しかし、1996年に、科学者たちが、ビーカーの中にある水に、特殊な電磁波を与えることで、この水を真っ二つに分ける実験に、成功したのです。

「水って、真っ二つに分かれるんだー!」

私は、このニュースを聞いて、驚嘆しました。

 


このニュースを、簡単に説明しますね。

 


磁場によって水が分かれる現象を発見したのは、九州大学工学部・生体情報システムのグループだったそうです。


彼らは、


「磁場が、生体にどのような影響を与えるのか?」


ということを調べる実験の最中に、全くの偶然で、この現象を発見したそうです。


その実験内容とは、長さ1メートル、幅10センチ、深さ5センチの細長い水槽に、水を入れて、そこに、水平方向から、特殊な超伝導マグネット装置で、磁気断層撮影装置、MRIの4~8倍、磁束密度8テスラ以上の強磁場をかけるというものだったようです。


すると、磁場を中心にして、水が、両側へ押しやられるように変形し、ちょうど、磁場のある所だけを避けるように、水の壁が、両側にできたそうです。


その時、その場にいた人たちは、水の壁で分かれた真ん中に、水槽の底が見えて、大感動したそうです。


「モーセ」が、紅海を割った奇跡が、小規模ながら、実験室の中で、それを再現できたということです。

 


もう少し科学的な説明を、追加します。

 

通常では、水に磁気はないと考えられていますが、分子レベルでは、わずかながら磁気を持っているそうです。


しかも、これが特殊な磁気なので、外部から強い磁場をかけられると、それに、反発するような方向に、磁場を作り、N極ならN極に、S極ならS極に、磁場をつくるそうです。


そうなると水は、かけた磁場の強い方から弱いほうへ向かって動き、結果として、水が両脇に、分かれるとのことです。

 

 


この実験の後、聖書学者たちは、今までの常識を改め、今では、

「モーセは、その当時、なんらかのパワーを利用して、海を真っ二つに分けたのかもしれない」

と考えるようになっているようです。


現象が、「事実」だとわかったら、あとは、出力や規模の問題だからです。


このように、聖書や神話の中には、それまで、荒唐無稽だと思われていたのに、後から、真実だとわかったことが、たくさんあるのです。

それまで、「非常識」だった考えが、「常識」になったりしているのです。

 

 

 

ちなみ、現在では、

 

「水を、真っ二つに分ける」

 

どころではなく、特殊なバイブレーションを使って、空間上で、いくらでも、好きな形に、水の形を変えることができるようです。

 

 

螺旋状に、ねじ曲げられた、水道水です。

 

{8743096E-C43C-4F9B-B471-9E02B27A940C}

 

 


他にも、「モーセ」は、日中は雲の柱、夜は火の柱となる、不思議な「光」に導かれ、約束の地・カナンへ向かっていったそうですね。

 

{FA10D13C-9925-407B-A03D-9F818CAEC5C6}

 


これも、現在は、

 

「それは、UFOだった」

 

と考えたほうが、しっくりくると思います。

 

{FAD39188-F0BD-48B9-BC39-2AD5D375493D}

 

 

昔のヨーロッパの絵画には、「モーゼ」が、「十戒の石板」を、UFOから貰ったと思わせる絵も、あります。

 

遠くのUFOたちに、何かを叫んでいる様子だと思います。

 

{561412CD-1355-423B-BF04-7F79F4097BBF}

 

 

 

今年の2月に、京都市右京区の「太秦」という街にある、「広隆寺」に行ってきました。

 

{60BF8652-AFC8-42CE-833A-C50A3396B853}

 

 

{56069981-957E-420D-9AB1-59559D7DEF5B}

 

 

ここには、「モーセ」が滞在していたと思われる痕跡が、たくさん残っています。

 

「十善戒」と言われているものです。

 

{F917EEE2-4B06-4BC0-8D55-FA40ED8D61A9}

 

 

「モーセの十戒」です。

 

{8B67EFA3-A071-48ED-9E87-9B7F4CDE8CDC}

 

 

そっくりですねー!

誰が、どう考えても、偶然とは思えません。

やはり、「モーセ」は、日本にも来ていたのです。

 

 

ここで、

 

「モーゼは、どうやって、日本語を学んで、しゃべったんですか?」

 

という質問は、無しにしましょう。

 

「モーセ」は、人間以上の存在である、「神様」なのです。

 

そういう、人間のモノサシで測るのは、そろそろ、やめにしましょう。(笑)

 

 

 

「広隆寺」にある、「弥勒菩薩半跏思惟像」です。

 

なんとなく、被っている帽子から、二本角が出ているようにも、見えます。

 

{E39EC0AC-A974-4B1F-95FA-54735423A9BE}

 

 

これは、奈良県の「中宮寺」に置かれている、「弥勒菩薩像」です。

 

「髪形」と言われていますが、一説によると、

 

「二本の角が、頭から生えていた」

 

と言われています。

 

{BA2825E8-E451-4542-B92A-1B26C4233225}

 

 

そうです。

 

「弥勒菩薩」は、頭に二本角が生えた、「鬼」だった可能性があるのです。

 

私は、「エンリル」が、シェイプシフトした姿かもしれないと、推測しています。

 

 

さらに、この写真を見てください。

 

ミケランジェロが、彫刻したといわれている石像です。

「モーセ」の姿です。

二本角がありますね。

 

{5B7D8C4B-F06B-4A87-B9C0-A7E8D22C3C8B}

 

 

ハイ!

 

「エンリル」が、シェイプシフトした姿、もしくは、分け御霊です。

 

「エンリル」=「モーセ」=「弥勒菩薩」

 

こういう可能性が、出てきましたね。

 

面白いですね~!

 

 

丹後半島の近くの福知山市大江町には、「鬼の交流博物館」という博物館もあるくらい、昔から、「鬼伝説」が、たくさんある土地です。

 

もしかしたら、これらの鬼たちも、「エンリル」のグループが、深く関わっていたのかもしれません。

 

{27B9BCC0-D76D-45A8-806F-0F40B479CE47}

 

 

 

私個人は、「エンキ派」なのですが、別に、「エンリル」が嫌いというわけではありません。

 

「エンリル」には、彼なりのポリシーがあったのだと思います。

 

 

前述したように、「エンリル」は、、「モーセ」に生まれ変わったのだと、思いますが、その時にも、別に、

 

「人間たちを、戒律で不自由にしてやろう!」

 

なんて、思っていなかったような気がします。

 

 

「何がなんでも、10の教えを守りなさい!」

 

と、言いたかったわけではないような気がします。

 

人間の側が、ねじ曲げて、解釈したような気がするのです。

 

彼が言いたかったのは、

 

「この10の教えだけは、必ず守ってください。でも、逆に言えば、これ以外のことだったら、何をやってもいいですよ!」

 

こういうことだったと思います。

 

 

 

「日本人」と「アメリカ人」は、生き方の発想も、まったく違うという話を、どこかで聞いたことがあります。

 

 

日本人は、

 

「自分は、何をしなくては、いけないんだろうか?」

 

と、やることを、義務的に考える癖があるそうです。

 

 

それに対して、アメリカ人は、まずは、

 

「何をしては、いけないのだろうか?」

 

と、禁止されていることから、把握するそうです。

 

そして、その禁止事項を把握したら、

 

「よし! これ以外は、自分は、何をやってもいいんだな! よーし、何からやろうかな?」

 

と、やることを、権利として考えるそうです。

 

そして、手当たり次第に片っ端から、行動しまくるのだそうです。

 

 

どちらの考え方が、自由度が大きいと思いますか?

 

もちろん、アメリカ人の考え方ですね。

 

こういう生き方のほうが、人生を何十倍も楽しめるのです。

 

 

人生というのは、基本的な考え方として、

 

「人様に迷惑をかけなければ、何をやってもいい!」

 

ということです。

 

 

正しいかどうかは、ともかく、少なくとも、私の人生哲学は、そういうものです。(笑)

 

 

 

丹後半島には、「モーセの墓」もあります。

次回は、そこを訪れた話です。

 

お楽しみに!

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。