精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

旅行記も、だんだん佳境に近づいてきました。

 

ここからは、宇宙考古学の話が多くなります。

 

 

「大洗磯崎神社」にも行って来ました。

ここにも、ようやく行くことができました。

場所は、茨城県大洗町です。

 

ひたちなか市にある「酒列磯前神社」と深い関係にあると言われていて、2社で1つの信仰を形成しているそうです。

 

 

着きました。

 

境内は、けっこう広いです。

 

image

 

 

門をくぐって、中に入ります。

 

image

 

 

門には、「ウサギ」が彫られていました。

 

こういうところに、さりげなく、シンボルを刻むのが、神社なのです。

 

「ウサギ=イナンナ」ですね。

 

image

 

 

「鳥」も彫られていました。

「アヌンナキ=鳥」ですね。

 

image

 

 

拝殿です。

参拝しました。

 

image

 
側には、「カエル」の石像がありました。
 
「カエル=キリスト」ですね。
「蘇る=よみがえる」です。
 
image
 
 
「拝殿」には、いろいろな絵が描かれていましたが、あとから調べると、これは、「絵」に意味があるわけではなく、「色」に深い意味がありました。
 
鮮やかな色が、たくさん混じった、「玉虫色」に注目してください!
あとから、この色の謎解きをやっていきます。
 
image
 
 
しめ縄です。
 
image
 
 
「あれっ? いつものテルテル坊主がいないな?」
 
と思いました。
 
こういうやつですね。
 
{568964A7-963E-4E95-8095-EE5CBDAD621E}
 
 
すると、横に降りてきていました。
お祓いをする棒に、巻き付いていました。
 
image
 
 
 
これは、日本に来ていた、若い頃の「キリスト」の姿だそうです。
「テルテル坊主」に似ていませんか?
 
{FA982BEF-7A2E-4EDA-B39F-EEACE8288199}
 
 
これは、フランスのファティマに現れた、「聖母マリア」です。
「イナンナ」ですね。
これも、「テルテル坊主」の姿ですね。
 
{C3EADB05-BA98-45FB-99F6-5D949C418BA5}
 
 
もしかしたら、このお祓いの棒は、この二人の姿を模したものかもしれませんよ。
 
 
この神社は、主祭が、「大巳貴命」で、この神様は、「大国主命」の別名だそうです。
 
国造りを行うため、境内前方の岬の岩礁に、降臨したとされています。
 
配祀神が、「少彦名命」だそうです。
 
 
「大国主命」の肩の上に乗っているのが、「少彦名命」です。
「一寸法師」のモデルとも言われています。
 
{835B462A-1B6A-4532-A109-E590084A8137}
 
 
宇宙考古学的な解釈では、「大国主命」は、「キリスト」だとも言われています。

だとしたら、「少彦名」は、そのツインレイでもあり、母親でもあった、「イナンナ」だったかもしれません。

 

彼らは、いろいろな姿に、変身できるのです。

 

ここは、「キリスト」と「イナンナ」の二人を祀った聖地だと思います。

 

 

「大黒天」と「恵比須様」も、祀られていました。

 

image

 

 

「キリスト」と「エンキ」ですね。

 

image

 

 

「白馬」も祀られていました。

これも、「キリスト」のシンボルです。

 

image

 

 

この階段を、海に向かって、おりていきました。

絶景です。

 

image

 

 

階段で、皆で記念撮影しました。

 

image

 

 

image

 

 

 

途中に、「神池」という池もありました。

 

image

 

 

こちらでも、参拝しました。

「清良神社」と書かれていました。

 

image

 

 

昔、この池で、「キリスト」が、人々に洗礼をやっていたのだと思います。

 

そういえば、「大洗」という漢字も、

 

「宇宙から来た神様が、洗礼をした場所」

 

という意味ですね。

 

image

 

 

 

いよいよ、今回の目的地の一つだった、「神磯」の鳥居に向かいました。


ここが、祭神の降臨地だったと言われている所です。

 

 

見えてきました。

この鳥居見えただけで、感動しました。

 

image

 

 

行ける所まで、歩いて近づきました。

 

image

 

 

鳥居の前に、また、「モノリス」がありました。

 

やはり、人類創世に関わった、「アヌンナキ」の一族が、降臨した聖地みたいです。

 

image

 

 

いいですね~!

絵になる風景です。

 

image

 

 

 

この鳥居を見た後、皆で、美味しい魚料理を食べました。

 

image

 

 

その時に、窓から空を見たら、「龍」の形の雲が、ハッキリ現れました。

ここまでクリアな姿は、珍しいと思いました。

 

皆で、

 

「うわ~~!」

 

と叫びながら、写真を撮りました。

 

「龍神」だから、「エンキ」ですね。

 

image

 

 

「鳳凰」の形の雲まで出てきました。

最高でした。

 

image

 

 

 

さて、ここからが、本題です。

 

 

神道には、「一霊四魂」という考え方があるそうです。

 

諸説ありますが、一般的な解釈は、神や人には、「荒魂」、「和魂」、「幸魂」、「奇魂」の四つがあり、それらを、「直霊」という一つの霊が、コントロールしているというものです。

 

この神社に祀られている、「大国主命」の「奇魂」が、「少彦名」なのだそうです。

 

そして、「少彦名(イナンナ)」が、海からやってきて、「大国主命(キリスト)」を助けるという話があるそうですが、そこが、この鳥居のある場所だったみたいです。

 

 

さらに面白いのは、ある伝承によると、どうやら、「少彦名(イナンナ)」が乗って来た乗り物が、

 

「石が20個の輪になっていて、それらの石が光っていて、真ん中には、さらに大きな石が一つあった」

 

とい表現されているそうなのです。

 

この表現は、明らかに、UFOですよね。

 

 

 

フランスで目撃されたUFOです。

 

こういう「玉虫色のUFO」は、世界中で、たくさん目撃されています。

 

image

 

 

こちらは、ニュージーランドで目撃されたUFOです。

 

image

 

 

 

もう一度、神社の拝殿にあった彫り物の写真を、再掲載しますね。

 

image

 

 

ハイ!

 

わかりましたね。

 

「玉虫色のUFO」ですね~!

 

 

昔、この地に、「玉虫色のUFO」が、着陸したのだと思います。

 

そして、そこから、「大国主命(キリスト)」と「少彦名(イナンナ)」が降りてきたのだと思います。

 

こんなかんじですね。

 

image

 

 

 

えっ?

 

まだ、信じられませんか?

 

では、この話も追加しておきます。

 

 

「大洗磯崎神社」の御神体は、なんと、「アワビ」だそうです。

 

これは、メキシコ産の「アワビ」です。

「玉虫色のUFO」じゃありませんか~!

 

image

 

 

こちらも見てください。

 

「大洗磯崎神社」で行われている、「お磯下り」という神事です。

 

image

 

 

水戸市有賀町の「有賀神社」から「大洗磯崎神社」まで、この御神体を運ぶのだそうです。

 

平安時代から受け継がれているそうです。

 

 

この御神体は、間違いなく、「玉虫色のUFO」ですね~!

 

image

 

 

 

さらに、興味深いのは、このあたりには、知る人ぞ知るの「うつろ船」の話があります。
 
いろいろな意見があり、偽物も多いようですが、本物もあったようです。

 

 

「八芒星」のようなシンボルマークが、UFOの表面に描かれています。

「イナンナ」ですね。

頭から、布を被っていますね。

 
{73B1404D-2B43-43F3-AADA-29B8135D08D9}
 
 
この怪事件は、当時、たくさんの絵で描かれていますが、「十」と「王」の文字のようなものも、書かれていますね。
 
「十字架の王」と言ったら、一人しかいませんね。
 
「キリスト」ですね。
 
image
 
 
その女性が、何かの光線を発している場面だそうです。
おそらく、「イナンナ」が、何かの武器を使ったのかもしれません。
 
image
 
 
武器といっても、「アミ 小さな宇宙人」に出てくるような、「ハッピー光線銃」だったんじゃないかな?(笑)
それで撃たれると、ハッピーになって、愛の人に変身してしまうという光線ですね。
 
 
 
記録によると、1803年(享和3年)、常陸国の海岸に、UFO(未確認飛行物体)のような奇妙な物体と、1人の女性が、漂着したというこです。
 
江戸時代の伝説、「うつろ舟奇談」に関する史料に、その漂着地の実在地名も記されています。
 
地名は、「常陸原舎り濱」で、現在の「神栖市波崎舎利浜」だったようです。
 
「大洗磯崎神社」から近いですね。
 
おそらく、このUFOに乗っていたのが、「イナンナ」、もしくは、「キリスト」だったのだと思います。
 
何かの用事で、江戸時代に、この地を再訪したのだと思います。
 
 
 
オマケの話です。
 
 
「茨城県」
 
この県名の漢字を見て、何かに気が付きませんか?
 
 
「茨の冠を被せられた人物」といえば、一人しかいませんね。
 
ハイ!
 
「イエス・キリスト」です。
 
{A7991DC0-2903-4392-B6AB-0CE1A8FC42F6}
 
 
そうです。
 
「茨城」の土地は、
 
「昔、キリストが、お城を築き、拠点にしていた聖地」
 
だということです。
 
「茨城」というのは、そのままの意味なのです。
 
 
「茨城=キリストの聖地」
 
これが、茨城県の秘密だったのです。
 
これが、私が、今回の旅をしながら、「宇宙考古学」で読み解いた、「茨城」の秘密です。
 
面白いでしょう?
 
 
 
次回、「茨城ワクワクツアー」、感動のフィナーレです。
 
 
 
 
 
☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。