精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

茨城県には、いわゆる、「星神」と言われる神様が、祀られている神社も多いみたいです。

 

 

今回の旅では、「大甕(おおみか)神社」にも、立ち寄りました。

場所は、日立市大甕です。

 

最寄駅からは、わりと距離があったので、タクシーで行きました。

 

 

着きました。

 

image

 

 

なぜか、「ドラえもん」の石像もありました。(笑)

 

image

 

あとは、「カエル」の石像もありました。

これは、「キリスト」のシンボルです。

「蘇る(よみがえる)」の意味だそうです。

 

image

 

 

 

ここには、「天津甕星(アマツミカボシ)」という神様が、祀られているということで、有名みたいです。

 

またの名を、「香香背男(カガセオ)」といい、日本書紀に登場する星の神様だそうです。

 

この神様は、土着の国つ神ではなく、ヤマト王権に繋がる、天つ神の一人で、同じ天つ神の「武葉槌(タケハヅチ)」に討伐され、ここ大甕の地に、封印されたとのことです。

 

なぜ討たれたかというと、これも諸説あるそうですが、「香香背男」が、政争に負けた物部氏であるという説も、有力みたいです。

 

 

 

拝殿で参拝しました。

 

こちらに祀ってある神様は、討伐した側の「武葉槌」だそうです。

 

image

 

 

キラキラと金色に光っていました。

 

image

 

 

 

拝殿の裏に、「宿魂石」という岩山があります。

 

この岩山に、「天津甕星」を封じ込めたと云います。

 

image

 

 

 

ここで、「星神」について、書いておきます。

 

 

ご存知のように、「神道」は、「天照大御神」を主神とする、「太陽信仰」がメインです。

 

したがって、夜の星は、アマテラスの弟、「ツクヨミ」は、陰に隠れているように、あまり目立ちません。

 

しかし、日本各地には、昔から、北斗七星を神格化したといわれる、「妙見菩薩」を信仰する、「北辰妙見信仰」もあり、星を信仰する人々も、多くいます。

 

また東日本には、縄文時代からの「アラハバキ信仰」があり、それも、ふかいところでは、全部繋がっていると思います。

 

 

宇宙考古学的には、日本を含め、世界中の全ての神様は、大元は、宇宙の別の星から来ていると、解釈できますが、特に、明らかに、別の星から来た神様を、「星神」と呼んだりすることもあるようです。

 

 

それらの大半は、やはり、「アヌンナキ」の一族に、関係しているようです。

 

太古の時代、「アヌ王」が、地球の最高神だったようです。

 

この王様は、いろいろな姿に、シェイプシフトしたり、タイムトラベルしたり、分身の術のように、様々な存在に、分け御霊として、出現したりと、まさに、神出鬼没だったようです。

 

日本では、「神武天皇」も、そうだったと思います。

 

いろいろ調べると、地球上の全ての神様が、この一人王様の分け御霊なんじゃないかと、思う時もあります。

 

 

この王様の息子が、「エンリル」と「エンキ」です。

 

神社の境内に置かれてある、二体の狛犬が、その二人の兄弟です。

 

 

日本では、「エンリル」は、「不動明王」だったりします。

 

「エンキ」は、「恵比須様」だったり、「宇賀神」だったり、「龍神様」だったり、息子たちも、様々な存在に、シェイプシフトしていたようです。

 

彼らは、人間と違い、時空間の束縛を受けないので、どんな存在にもなれたようです。

 

 

この二人の共通の孫娘が、「イナンナ」ですが、彼女も、「卑弥呼」や「聖母マリア」、「楊貴妃」など、様々な人物に、変身していたようです。

 

そして、「イナンナ(聖母マリア)」の息子が、「キリスト」なのですが、「キリスト」も、「大国主命」、「聖徳太子」、「景行天皇」など、様々な人物に、変身しているようです。

 

 

このファミリーが、主に、管理したり、サポートしながら、地球の歴史は、進んでいったようです。

 

 

 

太古の昔から、夜になると、人々は、星空を眺めていました。

星空の下で、いろいろなことを、語りあったと思います。

 

世界中に、星占いがあることからも、夜空の星々が、私たち人間に、とても大きな影響を与えていることを、知っていたのだと思います。

 

 

 

古代エジプトでも、星は崇められていたようです。

 

エジプトの神殿や王墓などの天井には、「星」を表す絵文字が、たくさん描かれています。

 

{4655F233-3C02-49C8-AE42-23FCC17A7788}

 

 

{7CAF98A7-6C90-41CB-93D4-A1984CB16A30}

 

 

興味深いのは、「☆(星)」を表現する絵文字が、漢字の「大」に、そっくりだということです。

 

{E6903442-B51C-4E74-A5C0-B36314024102}

 

 

いわゆる、「五芒星(☆)」が、「星」の代名詞であり、日本語では、「大」という漢字になったようです。

 

昔、日本のことを、「大和(やまと)」と呼んでいましたね。

 

「大」は、「星」の意味。

「和」という文字は、「禾」は、「設計」、「口」は、「国」の意味。

 

合わせて、

 

「星から来た神々が設計した国」

 

という意味だったそうです。

 

 

「日本」という国は、現在は、国旗の「日の丸」に代表されるような、「太陽信仰」が、メインの国ですが、太古の昔、ある期間は、「星信仰」の国でもあったようです。

 

全国で行われている、「大文字焼」は、「星から来た神々」に、感謝の祈りを捧げる祭りだとも言われています。

 

つまり、「アヌンナキ」の一族のための祭りだということです。

 

{FB499527-A358-459E-8815-7F12AB120858}

 

 

 

「大甕神社」の拝殿と裏山のすぐ側にも、何かの社がありました。

 

ここが、封印された側である、「天津甕星」を祀った社だそうです。

 

image

 

 

ちなみに、「甕」という漢字は、「土器」や「壺」で、

 

「食物や酒を保存するもの」

 

という意味だそうです。

 

「食べ物」に関わっていた神様だから、祀られている神様の正体は、「イナンナ」かもしれませんね。

 

 

興味深い文字やシンボルが、描かれていました。

 

image

 

 

屋根のあたりを見て、感動しました。

 

image

 

 

星の神紋です。

初めて見ました。

 

image

 

 

 

国道側にも参道があり、ここには、立派な大鳥居があります。

 

image

 

 

image

 

 

image

 

 

大鳥居の近くには、「伊弉諾と伊邪那美」だと思われる石像もありました。

 

image

 

 

道路を渡った向かいにも、神社がありました。

ここも、「大甕神社」の敷地内だそうです。

 

「久慈稲荷神社」というそうです。

 

ここには、「お稲荷さん」が置かれていました。

「イナンナ=稲荷神」ですね。

 

image

 

 

 

その側には、「祖霊殿」という社がありました。

ここは、先祖を祀っている場所だと思います。

 

image

 

 

興味深いと思ったのは、入っていく時に、石灯籠に、「十字架」のシンボルが、刻まれているのが、目に入ったことです。

 

image

 

 

image

 

 

こちらの拝殿でも、参拝しました。

 

image

 

 

image

 

 

帰りの参道を通ろうとしたときに、ビックリしました。

 

image

 

 

なんと、帰り道では、石灯篭のシンボルは、「×」が見えるようになっていたのです。

 

「×」は、「アヌンナキ」の一族のシンボルマークです。

 

image

 

 

シュメール文明の粘土板に描かれている、「アヌンナキ」のファミリーの「エンキ」の絵です。

 

左が、下半身が蛇の「エンキ」です。

 

「エンキ」が、人間たちに、占星術を教えている場面だと言われています。

 

右側の家具のような物の中に、「×」のマークが、三つありますね。

 

この「×」というが、「アヌンナキ」のファミリーのシンボルマークなのです。

 

{F7E6C4EA-ABFA-4C41-B29A-58165C976557}

 

 

こういうのを、ただの偶然で、サラリと流す人が多いと思いますが、私は、何かのサインやメッセージを感じました。

 

ただ、それを、文字で表現するのは、難しいので、省略しますが、私と同じように、この写真を見て、何かを受け取った人もいるかもしれませんね。

 

 

 

このように、日本には、「星神」を祀っている神社が、けっこうたくさんあるのです。

 

こういう視点で、神社巡りをしても、面白いと思います。

 

 

 

 

次回に続きます。

お楽しみに!

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。