精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

前回で書き足りなかったことを、追加で書いておきます。

 

 

夢の叶え方には、コツがあるようです。

 

これは、叶えたことのある人には、実感としてわかるのですが、なかなか言葉で表現したり、伝えたりできないというのも、事実みたいです。

 

 

ある本に、いいことが書いてありました。

 

その本によると、


「引き寄せの法則が、実現できない人は、引き寄せの法則が、間違っているのではなく、引き寄せ方を、間違えている」

というのです。

 

 

本の詳しい内容は、省略します。

ここでは、私の体験談を、中心に書いてみます。

 


「棚から牡丹餅」

 

という表現がありますね。

略して、

 

「たなぼた」

 

とも言います。

何もしないで、寝ているだけで、棚の上に置いてあった牡丹餅が、地震などの拍子に、突然落ちてきて、口の中に、ポトンと落ちてくるという話です。

これは、実際にあった出来事なのかどうかは、わかりません。
もし、あったとしても、なかなか起こらない出来事だと思います。
まあ、ただの例え話だと、考えておいたほうがいいでしょう。


こういうたとえ話は、誤解を招くことが多いです。

辞書などで、意味を調べると、

「思いがけない好運を得ること、労せずしてよいものを得ることのたとえ」

と書いてありました。


世の中には、この中の「労せずして」というのが、好きな人が多いです。

つまり、

「何もしないで、おいしい思いだけしたい…」

と考える人です。


しかし、この世界は、大原則として、何もしないで、成果を出したり、成功できることは、ほとんどないと考えておいたほうがいいです。

なぜならば、私たちが、この世に生まれてきた、大きな目的の一つに、

「感動したい!」

というのが、あるからです。

何もしなければ、仮に成功したとしても、感動できないのです。

やはり、ある程度汗水流して、がんばらないと、成功して感動することは、できないのです。



何もしない人に限って、「棚から牡丹餅」を、期待するのですが、悲しいことに、神様のような存在は、そういう人には、牡丹餅を落とすことは、ほとんどないというのが、現実みたいです。

 

どうやら、

「神様は、本気の人にしか、夢を叶えてあげない」

という大前提があるようなのです。

つまり、本気じゃない夢は、神様が、わざと叶わないようにするようなのです。

これは、意地悪でやっているわけではなくて、本気じゃない人に、うっかり、中途半端な夢を叶えてあげると、その後が、大変になったりするからです。

たとえば、学力が十分ではないのに、カンニングや裏金で、いい高校や大学に、入学できたとしても、その人は、入学した後に、授業についていけなくなり、とても苦しむと思います。

だから、本気で受験勉強して、難関を乗り越えた人だけを、入学させたほうが、本人も学校側も、うまくいくのです。
 

 


「本気だったら、夢は叶う」

というよりは、

「叶った夢は、本気だった」

と、後から、わかるものかもしれません。


自分の人生を、ちょっと振り返ってみてください。

叶わなかった夢は、本気じゃなかったんじゃないですか?
どこかで、手抜きをしたり、中途半端な努力だったのではないですか?

反対に、叶った夢は、本気だったのではないですか?
死に物狂いで、命懸けで打ち込んだから、叶ったのではないですか?

 

 


神様が、何を基準に、その人の「本気度」をチェックしているかというと、

「その夢を叶えるための準備が、できているのか?」

だそうです。

「準備」ができていない人は、ダメだそうです。

「本を出版するのが、夢なんです!」

という人で、

「原稿は、まだ書いていないんですけど…」

「タイトルは、まだ決まっていません…」

と言う人は、ダメだということです。

こういう人には、神様は、引き寄せの法則の力を起こさないし、仮に起きたとしても、すぐに、そのチャンスを逃がしてしまいます。

「引き寄せたとしても、この人には、現実化できないので、意味がない」

と、神様が判断するようなのです。


本を出版するという夢が叶う人は、出版社の編集者に、どこかで偶然会ったりした時に、

「ちょうどよかった。私は、本を出版したいと、ずっと思っていたんです。よかったら、この原稿読んでいただけませんか? タイトルは、これで、どうでしょうか?」

すぐに、さっと、鞄から原稿を、取り出せる人なのです。
 

 


現実化できる準備が整っている人に、引き寄せは、起こるようです。

引き寄せは、努力しないで、成功する類のものだと勘違いしている人が多いようです。

そうではなく、

「引き寄せの法則は、すでに努力が、完了している人のためにある」

ということです。

これは、とても大切なことです。

叶えたい夢がある人は、最重要事項だと思ったらいいです。




私は、1996年に、アメリカ留学に行けることになりました。

その時には、どう考えても、宇宙からのサポートとしか思えない奇跡が、次々と起こり、夢だった留学が、実現できました。

いろいろな人から、

「その時のことを、もっと詳しく教えてください。どうすれば、そんな奇跡が起こせるのですか?」

と訊かれるので、そのつど、いろいろ話すのですが、話しているうちに、気がついたことが、たくさんありました。


まず、たしかに、宇宙からのサポートもあったのですが、

「自分一人では、実現不可能な夢の場合、他人が、サポートしてくれないと、実現できない」

ということです。


この場合、家族や友人などに、自分の叶えたい夢を話、実現するためのサポートを、お願いしてみるのも、いいと思います。

その時、周囲の人たちは、

「この人は、本気で、その夢を叶えたいと思っているのか?」

というのを、重視しているのです。


そして、神様と同じように、周囲の人たちも、その人の「本気度」を、

「夢を叶えるための準備は、できているのか?」

ということで、チェックしているのです。

やはり、「準備」ができていない人は、相手にされないのです。


私の場合、アメリカに留学するための目的が明確でした。

「アメリカで、最先端のウエイトトレーニングを学んできたい!」

というハッキリした計画がありました。

すでに、行きたいジムも、決まっていました。


さらに、ここからが大事なのですが、私は、20歳から、「パワーリフティング」の競技を始め、国内の様々な大会で、優勝していたのです。

つまり、日本において、学ぶべきことは、ほとんど終わらしていたのです。

日本でのその分野における学びは、卒業していたということです。

とことん本気で打ち込んで、

「あとはもう、アメリカに行って学ぶしかない」

というレベルまで、自分を高めていたのです。

いつ、アメリカに留学に行っても、大丈夫な状態だったのです。
準備が、できていたのです。

周囲の人たちは、こういう本気度を評価して、認めてくれたのだと思います。

 

言うまでもないことですが、一度も、バーベルを持ち上げたことがない人が、

 

「アメリカで、ウエイトトレーニングを、学びたい!」

と言っても、誰からも相手にされないということです。


ここも大切なのですが、私は、当時、このアメリカ留学という夢が、実現した時には、

「棚から牡丹餅だ!」

と思っていました。

つまり、

「何もしていないのに、勝手に夢が実現した!」

と本気で感じていたのです。


なぜかというと、「バーベルを持ち上げる」という行為は、私にとって、最高に楽しいレジャーだったからです。

本当に、ワクワクしながら、毎回ジムで、バーベルを持ち上げていたので、

「とっても努力をした…」

という実感が、まったくなかったのです。


「パワーリフティング」という競技に関しては、私は、周囲の人たちからは、大変な努力家に見えていたようです。

しかし、私自身は、自分のことを、「努力家」なんて思ったことなど、一度もありませんでした。

「こんな楽しいことに、出会えて幸せだな~! 毎日、バーベルを持ち上げることができて、嬉しいな~!」

と思っていました。
 

 


夢を叶えたければ、死に物狂いの命懸けで、本気で、がんばればいいのです。

そういう本気度を、周囲の人たちは、認めてくれるのです。

そして、本気になりたければ、本当にワクワクすることを、やればいいのです。

すると、いつのまにか、簡単に準備が整い、神様からのチャンスがきた時に、そのチャンスを、捕まえることができるのです。

さらに、チャンスを捕まえた後、努力した覚えがないので、

「棚から牡丹餅が、落ちてきたようだ!」

と思えるのです。

これが、「引き寄せの法則」でもあるし、「棚から牡丹餅の秘密」なのです。
 

 


棚から牡丹餅が、落ちてくることは、ごくまれにあります。

でも、まずは、牡丹餅が置いてある棚を、探さなくてはいけません。
そもそも、牡丹餅がなければ、落ちてくることはないのです。

そして、棚の下までは、自力で歩いて行って、そこに、横たわらなければいけません。
しかも、顔を下にして、うつ伏せでは、ダメです。

顔は、天を見上げていなくてはいけません。
口も、閉じていてはダメです。
横たわりながらも、口は、大きく開けていなくてはいけません。

さらに、せっかく、牡丹餅が、口に入っても、歯や歯茎が悪かったり、胃腸などの消化器系が弱いと、牡丹餅を、栄養として、身体に吸収することが、できません。

だから、普段からの健康管理も、大切なのです。
 

 


どうですか?

棚から落ちてくる牡丹餅を、口に入れるのって、思っていたよりも、大変だということが、わかったのではないですか?

もし、大変だと思いたくなければ、本当にワクワクすることを見つけて、それを、努力だと感じないようにすればいいということです。(笑)
 

 

 

さて、旅行記の続きです。

 

 

今回の茨城県の旅でも、いろいろな神社で参拝しました。

 

 

たとえば、ここです。

 

貫禄のある鳥居でした。

 

気が付いたのは、茨城県内の神社には、しめ縄の「テルテル坊主」のような存在が、一つだけ下がっている鳥居が多いということでした。

 

これは、どうしてかな?

 

この神社も、真ん中に、一つだけ下がっていました。

 
image
 
 

「艫神社」という所です。

「ともじんじゃ」と読むそうです。
茨城は、なぜか、読むのが難しい名前の神社名が、けっこうあるようです。
 
image
 
 
境内は、こじんまりとしていました。
 
image

 

 

拝殿です。

参拝しました。

 

image

 

 

これは、旧字体だと思いますが、難しい文字ですね。

文字の中に、「雨」のような文字が入っていますが、この文字は、「天から降ってくる」の意味で、

 

「宇宙からやってきた」

 

という意味が、本来の意味だそうです。

 

そういえば、「霊」という文字にも、「雨」が入っていますね。

私たちは、元々は、宇宙から地球にやってきた存在なのです。

 

image

 

 

茨城県には、このように、「宇宙からやって来た」という意味を含んだり、「星神」と言われるような「宇宙神」を祀っている神社も多い所みたいです。

 

それについては、これから、この旅行記で、ゆっくり紹介していきますね。

 

 

 

神社での参拝のやり方には、いろいろな方法が、あると思いますが、私が、好きなやり方は、以下のやり方です。

まず、最初は、

「報告」

するです。

今までの出来事を、神様に報告するのです。

 


次は、

「感謝」

するのです。

これは、今までの出来事を報告しているうちに、運よく助かったことなどを思い出したら、自然に出てくる感情みたいです。

 


最後は、

「宣誓」

するのです。

今までのことを感謝した後に、自分が、これからやりたいことを、神様の前で、誓うのです。

 


この三つをやるのがいいという話を、何かの本、読んでから、これを、実行しています。

コツは、最初に、「報告」をやるのだそうです。

そうすれば、後の「感謝」と「宣誓」は、自然に、できるみたいです。



数年前に、伊勢神宮に行った時に、いつもは、やらないのですが、珍しく、神様と呼ばれる存在に、質問をしてみました。

「どうすれば、人間は、幸せになれますか? もし、誰もが、確実に幸せになれる方法があったら、教えていただけますか?」

すると、短い言葉で、メッセージを受け取りました。

頭に、浮かんだ文字は、

「自力」

でした。

最初は、何の意味か、わからなかったのですが、だんだん、わかってきました。

意味がわからないときは、反対語も考えてみれば、よりわかるものです。

反対語は、

「他力」

ですね。

つまり、

「幸せになりたければ、他力本願はいけませんよ。何事も全て、自力でやりなさい」

というメッセージだということに、気がついたのです。

 


これは、同時に、

「神様などに頼らずに、自力で、全てやりなさい」

という神様からのメッセージだと、理解しました。



昔、ある成功したビジネスマンの講演を、聴いたことがあるのですが、そのビジネスマンが、こういう話をしていました。

「私は、世界中の億万長者や大成功した人物に会って、いろいろな話を、聴きました。そこで、全員が言ったことがあります」

こう言った後に、一呼吸おいて、

「どういう人が好きか? という質問への答えは、皆、バラバラでいたが、どういう人が嫌いか? という質問の答えは、皆、一致していました。それは、タダ乗りしようとしてくる人でした」

こう話していました。

「タダ乗りしようとしてくる人」

というのは、言い換えると、

「自分では何もしないで、楽をして、成功しようと考えている人」

なのだそうです。

 


億万長者や成功者は、皆、一人残らず、血の汗を流すような、死ぬほどの努力をして、現在の地位を築いています。

そういう人たちが、何よりも嫌うのは、

「自分では何もしないで、楽をして、成功しようとしてくる人たち」

なのだそうです。

金持ちになりたかったら、金持ちと知り合いになることは、とても効果的な方法です。

でも、その時に、

「金持ちの人脈を利用して、助けてもらおう」

と最初から、計画しているような人は、一番嫌われて、助けてもらえないということです。

逆説的に考えると、

「もし、金持ちになりたければ、誰もアテにしないで、自分の力だけで、頑張ったほうが、結果的に、金持ちたちに好かれて、助けてもらえ、金持ちになる確率が高くなる」

ということです。



そういえば、私も起業して、そろそろ、17年くらいになりますが、それまで、ほとんど、誰もアテにしないで、独力で頑張ってきました。

ほとんど自力でした。

 


そうやっていると、金持ちの人や成功した人が、自然に声をかけてきました。

「君のやり方は、間違えっているよ。もっと工夫したらいいよ。たとえば、こう考えてみたらどうだい?」

そんなふうに、ヒントをもらったり、いろいろと可愛がって、もらいました。

中には、口に出さなくても、

「君は、私の若い頃に、ソックリだ…」

と、言いたいような目で見つめながら、ニコニコしながら、話してくれる方もいました。



もしかしたら、神様も、こういうかんじなのかもしれません。

「幸せになりたかったら、神様なんかに頼っては、ダメですよ。自力で、頑張りなさい。そういう人が、神様は、好きなんですよ」

数年前、伊勢神宮では、神様から、こういうメッセージを、もらったような気がしたのです。



日本人は、もともと真面目で勤勉なのです。

日本の高度経済成長は、いろいろな要因が、ありますが、一番は、私たちの両親や祖父母が、真面目に、コツコツと頑張ったから、急成長したのです。

それが、1980年代後半のバブルが、弾ける頃から、

「真面目に、コツコツやるのはカッコ悪い。もっと効率よく、合理的でスピーディーに、楽をして、金儲けをやることが、カッコいい」

という風潮が、でてきました。

 


アメリカの真似をしてしまったのですね。

でも、そのアメリカが、それで行き詰まりました。

日本も、行き詰っています。

 


これを、突破するには、もう一度、原点に戻ることも、大事なような気がします。

「楽をして、成功しよう」

というよりは、

「楽しいことをして、成功しよう」

のほうが、いいのです。

「楽する(らくする)」と「楽しむ(たのしむ)」は、用いる漢字は、同じですが、ニュアンスは、かなり違います。

「何もしないで、楽をして、成功しよう!」

ではなくて、

「ワクワクするような楽しいことを、コツコツと、真面目に、頑張って、一生懸命やっていたら、気がついたら、成功していた!」

これが、やはり理想なのです。

 

 


神様に助けてもらいたかったら、「神頼み」を、やらないようにする。

「棚から牡丹餅」を期待したかったら、牡丹餅を期待しないようにする。

人から、助けてもらいたかったら、人をアテにするのをやめる。

こういう姿勢が、幸せになる近道みたいです。

「自力」

これが、数年前に、私が、伊勢神宮で受け取った、メッセージです。
 

 

 

思い出します。

 

 

「パワーリフティング」の選手だった頃、普段は、猛練習していました。

 

努力だけがすべてだと、思ってやっていたのです。

 

あらゆる練習法を試してみて、食事やサプリメントも、とこことん研究しました。

 

そして、自分にピッタリだと思った練習法や食事法が、見つかったら、それを、ひたすら愚直に続けるだけです。

 

 

試合の当日、自分の出番になり、名前が、コールされたら、それから、試技までの1分間は、何もやることができません。

 

そこで、初めて、お祈りしたりするのです。

 

「神頼み」は、何もかも全てを、自力でやりつくした最後に、やったのです。

 

 

「天は自ら助くる者を助く」

 

ということわざが、昔からありますが、まさに、そのとおりなのだと思います。

 

 

 

この神社の裏の方には、「トトロ」に出てきそうな大きな木がありました。

 

image

 

 

茨城県の旅行では、4名の方々が、途中から合流してくれました。

お疲れ様でした。

いろいろ語り合って、楽しかったですね~!

 

image

 

 

image

 

 

 


「棚から牡丹餅」の面白い体験談があったら、ぜひ聞かせてください。(笑)

人生において、「棚から牡丹餅」を体験すると、神様や宇宙からのサポートを信じることができ、全てに感謝することができるようにもなります。

{223265F7-D36C-4F6A-A8ED-703273E88CE2}

 

 

 

 

昔、アメリカのラスベガスで開催された、パワーリフティングの世界大会で、優勝した時の写真です。

本当にやりたいことが、見つかったら、人生の全てが輝きます!

 

そして、それをワクワクしながら、自力で本気でやった時に、宇宙からのサポートが来るし、神様も助けてくれるのです。

 

 

 

○「バシャール編」です。

まだ読んでいない方、ぜひ読んでみてください。

 

http://www.tomaatlas.com/bashar.htm

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas



☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。


http://www.tomaatlas.com/soul.htm

 

 



☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓

 

 


人気ブログランキング

 


にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

 


ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上



♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。