成長と新しいはじまりと | ヨギーニ tomoko☆ オフィシャルブログ

ヨギーニ tomoko☆ オフィシャルブログ

ヨガティーチャーtomoko☆ OfficialBlog

しばらく前に、

ものすごく時間がかかって発芽した、うちのアボカド。

 

 

ここまで大きくなりました。

お水を入れ替えているだけなのに、

すごく成長している。かわいいハート

 

(このあと、土に植え替えた方が良いのでしょうか?

詳しい方、このあとの育て方について教えてください。)

 

 

 

植物を育てることは、だいすきなのだけれど、

いま一番驚いているのが、これ。

 

 

なんだか、わかる?

 

 

ちなみに、数日前まではこんな感じでした。

 

 

そう、今朝になってついに身につけていた種を脱いでいたんです。

ものすごく成長しているの...!

 

 

 

こちらの正解は...

 

 

 

これ。

そう...ドリアンです。

 

食べ終わった種を興味本位で発芽させてみたら、

 

 

まさかの、すくすくと育ってしまってしまいました。

 

 

このあとどうなっていくのかはわからないけれど、

まだまだ育ててみたいと思っています。

 

ドリアンの育て方...て調べてもあまり出てこなくて、

(そりゃそうだよね。日本では食べる機会すらもほぼないのだから、

それを育てる...の情報があるわけがない)

 

手探りでやるしかないのだけれど。

 

 

きっと植物は、自分の育ち方を知っているのだろうから、

その声を聞きながら、人間(であるわたし)は必要なサポートをしてあげるだけのつもりで見守りたいと思います。

 

そのあたりの手法は、やっぱりヨガとおなじです100点

 

 

 

 

 

 

植物のおかげで「成長」というものを身近に感じつつ...

 

街にはだんだんディワリのデコレーションが増えてきて、

「はじまり」も強く感じています。

 

 

 

dewali(北インド的な言い方) ディワリ

deepavali(南インド的な言い方) ディパバリ

 

 

どっちでもいいけれど、

インドのお正月みたいな祝日。

 

今年は11月4日です。

(月の暦に合わせて制定されているので、

毎年グレゴリオ暦での日付は変わる)

 

 

インドではこの日に、新しいお洋服をおろしたり、

新しい会計帳やノートを開いたり、します。

 

まさしく「はじまり」的な日。

 

 

 

 

 

UMAくん

 

 

 

 

 

それで、なんだかわからないんですけれど、

 

わたしもちょうどこの10月終わりから11月にかけて、

変化があって、また新しいはじまりがあります。

 

 

狙ったわけではないけれど。

なんだかわからないいけれど。

 

 

暦に合わせたかのように、

自分自身の動きもそうなる。

 

それはきっと、

流れや、大いなるものの一部として自分が動けているという、

証なのだと思います。

 

 

だから、

それを感じられることはうれしい。

 

 

 

ここ数年、特にここ1年の体験を通して、

わたし自身とても成長したと感じています。

 

それは、

こんな資格を身につけた、とか、

こんなスキルを身につけて、という

 

物質社会においてわかりやすい「スコアが見える成長」ではないから、

もしかしたら他人からは見えづらいのかもしれないけれど。

 

 

自分の在り方、とか、

自分がやるべきこと、とか、

力の配分、とか、

 

そういうものを、これまで以上に「適切に」使えるようになったという、

 

「自分のことをさらに詳しく知ることができた」成長です。

 

 

 

 

それで、

 

成長した自分で、

はじまり、をはじめることにしました。

 

 

 

 

 

UMAくん

 

 

 

 

 

もうしばらく、あまり表の場には出現していなかったから、

 

ヨガの先生としては引退したのかな?

 

なんてことも思われていたかもしれませんけれど。

 

 

全然!そんなこと!ありません!!

ちょっと成長に時間を注いでいただけ。

 

そしたら、引退どころか逆に、

めちゃくちゃヨガが深まって...!キラキラ

 

 

それで、ようやく表の場に帰ってきまして。

 

 

 

11月から、ヨガ哲学やインド神話を一緒に学んでいく講座をはじめます。

 

そう、

 

ヨガの座学

 

です。やります。はじめます。

 

 

 

学んでいく、といっても、

単語を覚えたり、名前を覚えたりするソレではありません。

 

ヨーガ・スートラに書いてあることを、わかりやすい現代の言葉と事例を使って解説したり、

その教えを実践すると現実に何が起きるの?を実証したり考察したりする講座です。

 

 

 

ヨーガ・スートラって、TT(教師養成講座)でも必ず学ぶものだし、

読んだことのある人も多いはずなのに、

 

「よくわからない」

「むずかしい」

「意味はわかるけど、現実に落とし込めない」

 

という人がたくさんいるみたいなんです。

 

 

 

...「みたい」というのは、

逆にわたしは、好きが高じているせいか、

「わかる」し「実践できる」んです(自慢じゃなくて事実なのでまぁ聞いてください)。

 

 

で、「ふつうにやればいいじゃん」だし、

「実践するとこうなるよ」だし、

「なんでやらないの?」と思ったり言ったりしてたんですけど、

 

 

そもそも「わからない」で「むずかしい」らしい、ということが、

最近ようやくわかったんです。

 

 

 

それで、

「わからない」の部分を解説することに決めました。

 

 

だって、

こんなに便利で、

こんなに現実的に効果のあることなのに、

 

「むずかしい」から、できない。やらない。

って言う人がいたら、もったいない!!のだもの。

 

 

 

わたしはヨガがやっぱりだいすきだし、

 

まじですごい!まじで便利!

 

と思っている、ただのヨギーなので、

その効果をもっと多くの人にモノにしてもらいたいな、と思うんです。

 

 

だけど、既存の、

単語をおぼえる、言葉をおぼえる、

だけの学びでは、おもしろくないし、

全く実践にならなくて意味がないから。

 

 

だから、ちゃんと実践しようよ?!

という、実践型の座学をします。

 

 

 

11月から、講座スタートです。

 

 

 

それに先立って。

 

プレ講座をやることにしました。

 

 

いきなり「ヨガ哲学って???」と言われてもピンとこない人もいるだろうし、

「実践ってどうやってすすめるの?」もわからないだろうし。

 

あやしいーーーーと斜に見ちゃう人もいるだろうし。

(気持ちはわかる)

 

 

 

そしてまた、

本講座にすすむ前に、そもそも、

 

・ヨガって何なの?

・なんでやってんの?

 

という、超ーーーーーー基本!な話もしたいんです。

その超ーーーーーー基本がないと、

そのさきにすすみようがないので。

 

 

 

なので、プレ講座を用意しました。

 

 

星プレ講座は無料です!

 

 

なぜなら、超ーーーーー基本の部分で、

そこがないと本講座にすすめないから。

 

あやしいーーーーーと思っちゃう人も、

無料なら「試しに...」で参加できると思うので。

(だって無料なら損ないじゃん)

 

 

まずはそこで、

ヨガ座学楽しいじゃん!

 

 

と気づいちゃう人が増えたらいいな、と思っています。

 

 

流れ星日にち:10月28日(木)

 

流れ星オンラインにてクラス開催します。

 

流れ星参加費は無料です。

 

流れ星11月からはじまる講座に必要な基本講座です。

 

流れ星録画も残しますので、都合があわなくても大丈夫。

 

流れ星無料だけれども、お申し込みは必須です(お申し込みの方のみに配信先をお知らせします)

 

 

 

 

星お申し込みは、AdhyatmaYogaスタジオにメール、もしくは、

 公式LINEにメッセージをください。

 

 

 

 

 

UMAくん

 

 

 

 

そういうわけで、

 

成長したわたし、と、

成長したAdhyatmaYoga、が、

 

「はじまり」ます。

 

 

時世柄、しばらくおやすみしていたリアルでのヨガクラスも、

実はしれっと、先週から再開しておりますキラキラ

 

(え?いつのまに?)

(お知らせ出せよ...だよね。その気持ちわかる笑)

 

 

 

リアルクラスは11月も開催してゆきますOK

 

 

 

 

とりあえず、

 

成長とはじまり

 

のご報告でした。

 

 

 

植物も、

暦も、

宇宙も、

流れも、

わたしも、

 

みーーんなおなじ。そういうこと。

 

 

 

 

星プレ講座のお申し込みは、

 AdhyatmaYogaスタジオにメール、もしくは、

 公式LINEにメッセージをくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Adhyatma公式LINEはこちらですー!クラッカー

 

 

 

下矢印