坂本繁二郎展 練馬区立美術館 | あおきゅーのぶらぶらアートブログ。

あおきゅーのぶらぶらアートブログ。

東京近郊の展覧会、美術館を巡る旅について、アートを本音でゆる~く綴るブログ。

今回の展覧会は、現在、練馬区立美術館で開催中の“没後50年 坂本繁二郎展”

《会期2019/7/14-9/16》

 

 
今回の展覧会は日本人洋画家、坂本繁二郎

没後50年を記念して開催される展覧会で、同郷の画家、青木繁の作品と併せて約140点を展示するという展覧会。

 
 
 
早速ですが、
坂本繁二郎ってだぁれ?うーん
坂本繁二郎(1882-1969)は福岡県久留米市出身の洋画家で、同郷の画家の青木繁(1822-1911)とは非常に親しい間柄であった。
 
20才の時に上京、39才の時にフランスへ留学。
するも、名だたる巨匠やアカデミックな画家とは一線を引き、ゴーギャンが過ごしたことでも知られるフランス北西の街、ブルターニュ地方で作品を制作した。
 
帰国後は東京へは戻らず、家族の住む久留米へ。
 
以降も中央の画壇とは一線を引き、久留米に程近い八女にアトリエを構え生活した。
 
その作品の主題は牛や馬を描くことが多く、戦後は身の回りの日用品や民芸品などの静物画、晩年は月を多く描いている。
 
平凡な主題が多いが、温かみのある穏やかな色彩が特徴。
 
という坂本繁二郎なのですが、個人的には結構好きな画家だったりします。
 
 
 
展覧会は全部で5章に分かれておりまして、以下の通りの構成となっております。
第1章 神童と呼ばれて 1897-1902年

 

第2章 青春 - 東京と巴里 1902-1924年

 

第3章 再び故郷へ - 馬の時代 1924-1944年

 

第4章 成熟 - 静物画の時代 1945-1963年

 

第5章 「はなやぎ」 - 月へ 1964-1969年

 
まず、第1章では、周囲から神童と呼ばれる程、絵の上手かった坂本繁二郎の若き日の作品を紹介。
 
 
 
第2章、ここでは故郷を離れ、東京、そしてパリ留学時代の作品を展示。
また、それと併せ、同郷の画家、青木繁の作品8点を展示。
 
その中には印象派、特にモネの影響が色濃く感じられる《海景(布良の海)》や、
 
青木繁《海景(布良の海)》 1904年 石橋財団アーティゾン美術館

 

28才という若さで亡くなった青木繁の絶筆《朝日》など、貴重な作品も展示。

 

青木繁《朝日(絶筆)》 1910年 佐賀県立小城高等学校黄城会

 

この頃の坂本繁二郎はと言うと、やたらと牛の絵だったり、ブルターニュ地方の田舎の景色をよく描いています。

印象派の影響が色濃い作風ながら、その後の坂本繁二郎作品の特徴である、温かみのある穏やかな色彩も少しずつ垣間見れます。

 

 

 

第3章では、パリから再び故郷へ戻った後の作品について。

 

ここで坂本繁二郎は自身の作風を決定づける馬の作品を多く描いています。

 

今回の展覧会パネルにもなっている↓の馬は、この後の第4章で紹介されている作品ですが、

 

 

こうしたパステルカラーの幻想的で温かみのある馬が多く描かれ始めたのが、このパリから帰国した後のこの時期。

 

 

 

第4章は戦後の1945年から20年余りの坂本繁二郎について。

 

この頃になると、書物や植木鉢、果物や野菜、そして能面といった身近な日用品や民芸品を描いた静物画が多くなります。

本人は、「描きたいものは目の前にいくらでもある。」と語っていたそうです。

 

こちらは第5章に紹介される作品《達磨》を元にした案内板↓ですが、

 

 

こうした、“ゆるほっこり”とした画題がやたら増えてくるのがこの頃。

 

ちなみに、この達磨をモチーフとした作り物が、美術館の入り口付近に何故か大小合わせて6体も置かれておりました↓
 

(何の為に6体も・・・!?)

 

最後の第5章では晩年の作品について。

晩年になると、月を主題に描くことが多くなります。

 
 
僕の中の坂本繁二郎作品というと、やはり馬や牛のイメージばかりしか無かったのですが、
こうした月や静物画が純粋にスゴくいいんです。
 
展示室には坂本繁二郎の映像も流れていたのですが、こうした絵に象徴される様な温和そうな人柄が垣間見れます。
晩年の温和で達観した様な姿は、ほとんど同時期を生きた画家、熊谷守一(1880-1977)と、個人的には重なる様にも感じました。
 
 
 
こちらの展覧会、派手さこそほとんどない展覧会かもしれませんが、有名アーティストの大型の展覧会に疲れた方は、こちらでゆったりのんびりとしてみるのは如何でしょうか。
 
個人的には結構おススメの展覧会です。