10月になり、段々と秋めいてきました。
機構が涼しくなるにつれ、コロナの再流行、インフルエンザの流行など
懸念されます。マスク着用、うがい、手洗いを心がけましょう。

 

東京ヴェインクリニック(池袋本院)のブログを更新しました。

今回は29例目の患者さんです。

今回の患者さんは女性で62歳の右下肢静脈瘤の患者さんです。

下肢静脈瘤によるボコボコが気になり来院されました。

手術は右大伏在静脈の下肢静脈瘤血管内塞栓術(ベナシール:カテーテルによる接着剤治療)を行いました。

術後の経過はとても順調でした。この治療はまだ施設限定ですが、ほぼ無麻酔で行なえ、術後の制限も全くありません。

体に優しい、最新治療になります。

 

詳しくは院内ブログで!!

 

下肢静脈瘤は豊島区池袋の東京ヴェインクリニック

シャント治療も豊島区池袋の東京ヴェインクリニック

院内ブログは豊島区池袋の東京ヴェインクリニックブログ

下肢静脈瘤の特集ページは東京ヴェインクリニックLP

 

医療法人社団KRMG

東京ヴェインクリニック

東京都豊島区東池袋1−7−5池袋イースタンビル5F

現在、新型コロナウイルスが猛威を振るい、

首都圏や主要都市で緊急事態宣言が出されて、

自宅での待機が強く勧められています。

この感染症を克服するためには、今は三密を避け、

極力他人との距離を取り、家でじっとしていることが

必要であると考えます。

下肢静脈瘤という病気は緊急性は特に要しません。

ですので、この時期に無理をして、病院やクリニックで

診察を受ける必要はありません。

ただ、やはり下肢静脈瘤で悩んでいる患者さまは沢山いると思います。

早く、医者の診察を受けたいけれども、コロナが心配で

病院に行けないというご相談も多数受けています。

幸い厚生労働省から期間限定ですが、初診の患者さんもオンラインで

診察が受けられるようになりました。
それにしたがい、私どものクリニックでも、

下肢静脈瘤のオンライン初診を開始することとしました。

ラインや、スカイプを用いて、オンライン上で、

足の診察をさせて頂きます。超音波などの検査はできませんが、

下肢静脈であるかどうかや静脈瘤の程度・範囲を診察させて頂きます。

超音波などの検査が必要であれば後日行っていきます。

自宅待機の時間を有効に使って頂くためにも、

是非オンライン診察をご検討下さい。
こちらから予約ができます。
https://www.tokyo-veinclinic.com/reservation/

とても暖かくなり、春めいてきました。
先日桜の開花宣言も出ました。
とても過ごしやすい季節で、私はとても好きな時期です。
 
子に時期は暖かくていいのですが皆さん薄着になってくるので手の血管の浮き出しが気になる季節です。
そんな患者さんのためにハンドベイン治療というのがあります。
今回はハンドベインの症例報告になります。

今回の患者さんは女性で44歳の女性です。

カテーテルを使ったレーザー手術と、硬化療法を組み合わせて行いました。

術後の経過はとても順調でした。

 

詳しくは院内ブログで!!

 

下肢静脈瘤は豊島区池袋の東京ヴェインクリニック

シャント治療も豊島区池袋の東京ヴェインクリニック

院内ブログは豊島区池袋の東京ヴェインクリニックブログ

下肢静脈瘤の特集ページは東京ヴェインクリニックLP

 

医療法人社団KRMG

東京ヴェインクリニック

東京都豊島区東池袋1−7−5池袋イースタンビル5F