東京掃除に学ぶ会

東京掃除に学ぶ会

ひとつ拾えばひとつだけきれいになる

令和3年6月4日金曜日

 

東京は1日中雨

まだ梅雨入り宣言は出ていません。

 

緊急事態宣言は20日まで再延長され、飲食店には引き続き営業時間20時までの時短要請、酒類販売禁止の要請が出ています。

 

その中、先日新宿へ出向いてみると

早朝、酔っぱらた若者が大勢見かけられました。

TOHOシネマズ広場周辺には、酒類の空き瓶、空き缶、プラごみが散乱していました。

凄まじい状況でした。

この状況に堪り兼ねたホテルの従業員や商店街の方が掃除をしてる姿も見えましたが、

自分のホテル、店前を掃除するので手一杯のようでした。

 

「この状況は、見過ごしていい状況ではない」

「しかしながら、緊急事態宣言中でもある」

 

街頭清掃をやりたいが、やっていいものなのか?

葛藤していましたところに吉報が届きました。

 

 

 

歌舞伎町の街頭清掃を始めた当初より、今日まで支援をしてくださっていた

杉山元茂様(新宿すずや 代表取締役)が歌舞伎町商店街振興組合の新理事長に就任されました。

 

 

 

 

コロナ禍、商店街は大きなダメージを受けています。

その中、大変な舵取りを強いられることを承知の上でこの大役を引き受けて頂いたことに、

感謝をするとともに応援をさせて頂きたいと思いました。

 

これで、葛藤していた気持ちは決まりました。

 

関係各所には、緊急事態宣言の中、ご理解、ご協力をして頂けることにもなりました。

 

この信頼に応えていけるように

①感染予防対策

②事前登録制

を厳守して開催させて頂きます。

 

限定25名です。

 

不安定な気候ですので、体調管理に気をつけて

無理のないようにご参加していただけることをお願い致します。

 

 

東京掃除に学ぶ会

波多野 勝彦

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年5月30日 日曜日

 

『ごみゼロ運動』の日です。

 

東京は、緊急事態宣言中なので、東京掃除に学ぶ会として、一同に会しての活動はできませんが、

それぞれができる範囲で、できる掃除をさせて頂きました。

 

家の周辺を掃除するひと

いつもの公園を掃除するひと

通い慣れた駅までの道を掃除するひと

などなど・・・・

それぞれの『ごみゼロ運動の日』を過ごされたかと思います。

 

一緒に掃除ができなくても

SNSによって、全国の様子もわかり

元気、勇気を頂けています。

 

活動報告ありがとうございました!

 

 

 

関東ブロックでは

昨年に引き続きZOOMを活用して『ごみゼロ運動』を企画しました。

今回は、便教会の高野修滋先生をお招きしての講演会でした。

高野先生の実践、実践、また実践を積み上げてこられた

豊かな人生のお話でした。

この講演は、教育の現場だけでなく、職場や家庭でも活かせるお話でした。

 

高野先生の志は高く、大きく、未来に向けて輝いていました。

ありがとうございました。

 

 

 

「掃除は、どう生きるか?を気づかせてくれます。」

その気づきは、ひとそれぞれ、

それぞれの生きかたがあります

それぞれの輝きを消さないように

それぞれが認め合って

調和をとっていきましょう。

 

そんなメッセージを頂いたように思いました。

 

 

東京掃除に学ぶ会

波多野 勝彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

平成9年10月に創刊号が発行されて、22年が経過してきました。

 

時代の流れの中、コロナ禍で更に世の中が大きく変わり、ニューノーマルな生活様式、

リモートワーク等オンライン化が急速に進められています。

 

「清風掃々」も、WEBサイト『ONE by ONE』として見られるようになりました。

https://www.souji.jp/webmagazine/

 

 

 

 

ここからは私見ですので、お時間のある方はお付き合いください。

 

私は、時代の流れだけでWEB化されただけではないのだと思っています。

 

今までは、『日本を美しくする会』、鍵山相談役と言う大きな会と個人の柱に支えられ、導いて頂いてきました。

 

今の時代は、誰もがSNSを通じて発信できるようになりました。

日本中、世界中の人と繋がっていくことができるようにもなりました。

 

「WEB、SNS オンライン」

と聞くと「便利、簡単、効率的」のイメージがあり

馴染みにくいかもしれません。

 

「手間を惜しんではいけない」

「大事なことは遠周りするものだ」等の声もあるかと思います。

 

しかし、実際には、誰もが発信できるようになったので

情報が溢れすぎて、何を選択していいのかが分からないほどです。

フェイクニュースもあります。

その中で目に留まり、信用してもらい、繋がっていくことは、至難の業です。

 

コツコツと地道に発信し続けることが必要になってきます。

 

「箸よく盤水を回す」

SNSを投稿することは、子供でも誰にでもできることです。

大きな力や費用が掛かるものでもないです。

最初はアクセスが少ないかもしれませんが、

継続していくことで、大きな広がりを生んでいけるものと信じています。

 

ひとりひとりが、主役となり発信し、繋がっていく

その繋がりが、また他のひとと繋がり、

縁が広がっていくのだと思います。


 

オンラインもリアルも同じで、

知り合いと繋がり、

何かあれば、知らない人に頼むより知り合いにお願いしたいです。

私は、Google検索やぐるなびより、知り合いからの情報を信用します。

 

 

『コロナのお陰で、変化するチャンス』

 

ONE by ONE

 

一歩一歩

一人一人

ひとつひとつ

 

掃除を通じて学んできたこと

掃除で気づいたこと

日々の生活で活かしていること

このWEBマガジンを読んでの感想

などなど・・・・

 

ひとそれぞれあるかと思います

 

みんな同じでないからいいのです。

 

だからこそ、シェアする価値があるのです。

 

自分の心磨きの為にやってきてることが

多くの人にも気づきを与えることになります。

 

『ひとり光る みな光る 何も彼も光る』

 

掃除の力を信じて

激変の時代をチャンスにしてきましょう。


 

是非、発信してみてください。

 

上手くいかなければ、やりかたを変えてみればいいです

 

レッツ トライ!

 

東京掃除に学ぶ会

波多野 勝彦

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

令和3年4月18日、早朝の靖國神社は昨晩の豪雨から一転して雲ひとつない空となり、まるでこれからの掃除を応援してくれているかのようでした。




靖國神社は明治維新から近代日本の礎になられた方々がお祀りされており、平和な国家を建設するという思いが込められた神社です。そこを掃除させていただくということは安心平和な社会のお役立ちになる、そんな思いを込めて靖國神社掃除は続けてまいりました。


集まった有志は21名。掃除前にまずは全員で本殿を参拝させていただきました。




今回は駐車場出口の男女トイレを掃除しました。初参加は1名。その方には千種さんがご指導されて羨ましい限りですね。











約2時間かけてお掃除したトイレはまるで生まれ変わったかのような美しさです。鍵山秀三郎さんの「人は見ているものに似てくる」という言葉がピッタリで、本当に大事なことだなと実感しました。

コロナ禍ではありますが今年はあと4回行います。次回は6月27日です。どうぞお楽しみに!

令和3年4月15日(木)

 

今年初めての街頭清掃を開催させていただきました。

 

 

令和3年は、新年早々、新型コロナウィルス感染拡大により緊急事態宣言が発令され

街頭清掃活動も自粛させてただいてきました。

その間、ひとりひとりができる掃除をし掃除の灯、心の灯を燈し続けて頂きありがとうございます。

 

ようやく緊急事態宣言解除されたと思ったのもつかの間、

新規感染者は増え続け、新たに変異株による感染者も増えている状況から

今度は、東京は蔓延防止等重点措置法が適用となり、飲食店には再三の時短要請となり、

どこかやりきれない空気が街に漂っているのを感じました。

 

そのやりきれない気持ちが、渋谷道玄坂のゴミにも表れていました。

 

ビール、チュウーハイ、ハイボール等々アルコール類の空き缶が、

つまみのビニール製の袋やプラスチック製の容器がグシャッと潰されて捨てられていました。

チャンポンになったアルコールの臭いで朝から酔いそうなほどの量の多さでした。

前夜の雨で使われたと思われるビニール傘も壊されて無残に捨てられていました。

このゴミに、捨てた人の感情が透けて見えてきます。

 


 

 

「ひとは心で生きている」と言われます。

だから、どんな状況でも私たちは自分で思考して選択しています。

ひとは心で考えている通りのひとになっていくのだと思います。

私達の身に起こったことよりも、それにどういう風に反応したかで、良くも悪くもなっていきます。

 

毎日が新型コロナウィルス感染のニュースで戸惑うことも多いです。

怒ったり、妬んだり、イライラしたりして、暴言はいたり、物に当たり散らかしたり、批判ばかりしていたら、そんな人生になってしまいます。

それよりも、楽しんだり、喜んだり、清々しい気持ちになることを選べば、そのような人生になっていきます。

 

深呼吸して、今どういう感情を選ぶのか、そのためにどんな行動をとるのか、習慣とするのかを考えて欲しいと願う朝でした。

 

東京掃除に学ぶ会は、今後も掃除の力を信じて、できる活動を続けていきます。

 

皆様におかれましては、感染予防対策をし、免疫力アップに努めながらお過ごしください

そして、体調と相談しながら無理のないように参加をご検討してください。

 

 

 

『今後の予定』

4月27日(火)『第235回 新宿渋谷街頭清掃』(都立青山高校周辺)

5月9日(日)『第236回 新宿渋谷街頭清掃』(都立青山高校周辺)

5月25日(火)『第237回 新宿渋谷街頭清掃』(都立青山高校周辺)

5月30日(日)『第238回 新宿渋谷街頭清掃』(新宿東口周辺) ごみゼロ運動の日

 

いずれも、朝6時~7時実施 

 

東京掃除に学ぶ会 

街頭清掃責任者

波多野勝彦