「愛なんていらない/アオゾラブルー」発売しました!さえ | Tokyo Rockets オフィシャルブログ

Tokyo Rockets オフィシャルブログ

新メンバー朝日花奈、白石彩妃が加入!
過激に、キュートに、しなやかにパワーアップしたTokyo Rockets


テーマ:


「ねえねえ、昨日のオリコンデイリーランキングあなたは見た?」

「ううん、僕は見てないや」

「見て!こんな感じだったのよ」


{29FB45C6-961B-4DDB-85D2-5E0A6FFE3341}


「へぇ、16位だったのか!おめでとう」

「ありがとう!私もとても驚いていたのだけれど、もっと驚くことが今日起きたのよ」

「なんだい?」


{D7E17DF0-53AC-4E78-ABA0-D6638AAF645F}


「1/24付で11位になっていたの!」

「な、なんだって!?」


ーーーーー




風が寒いね、今日も。
さえです。



改めまして、1/24 Tokyo Rockets「愛なんていらない/アオゾラブルー」発売いたしました!


今回は、AからDまでの四パターン展開、
そして両A面です。



{D0A348DF-81AE-44C5-8FC0-0EA3E1E9F1A4}

{958E2502-DF46-4BA7-ADA0-443338749C48}

{172B2F7E-901A-4F1B-A8C4-1FC68514A73F}

{FC2661A6-493E-4443-9A6E-932A7DDB68A4}


「アオゾラブルー」はこの5人になって初めてMVを撮りました!もう見てくれましたか?


私は2回目のMV撮影だったのですが、前作との雰囲気が180℃違ったので、まるで初めて撮影する気持ちで挑みました。


「アオゾラブルー」の作曲は植松一家大ファンの三宅英明さん、作詞は2015年にAAAさんの楽曲でレコード大賞優秀作品賞受賞のKAJI KATSURAさんなんです!実は、実は。



三宅さんの曲は「三宅さんって魔法使いなのかな?」と毎回思ってしまうくらい、どの曲も本当に素敵で、LIVEをする度に・メロディを聞く度に、曲をまた好きになります。魔法です。

そして、KAJIさんはLIVEにも来てくださったことがあって!とても優しい方でした。私なんかでは到底思いつかないような繊細で素敵な歌詞…


{3F6AE9E3-2B51-44D3-932E-2942E0C2E76C}

(メンバーにサインもらいました笑)



「アオゾラブルー」のMVでは、メンバーそれぞれの歌詞の解釈が見て取れると思います。


希望、葛藤、悩み……

もちろんグループでも歌詞の意味をみんなで考えましたが、やっぱり最後は自分の解釈を伝えることが正義だとを私は思います。





ちなみに、私はこの曲に〈希望〉を感じました。

だから、LIVEやMVでも、いろんな所で私なりに踊りや表情で希望を表現できたらいいなといつも思っています。


{72336882-F50F-4211-AB0E-2A77F3C21EAA}



悲しいことや辛いことがあった日の夜は、明日のアオゾラのことを考えることが非常に難しいことになってしまいます。

たとえ、夜中のニュースで綺麗なキャスターのお姉さんが「明日は快晴です」と笑顔で言っていても、曇っている心では、それを自分に関係のある世界だと考えることは困難になります。



そんな時に「アオゾラブルー」を聴いて、『明日も頑張ろうかな』とか……ううん。

頑張ろう!とまで思わなくても、


『とりあえず今日は寝て、明日考えよう』

『明日のアオゾラを見たらなんとかなるかな』


って、少しでも前を向くきっかけの歌になれば私は幸せだなあと思って、明日のアオゾラに向かってまた頑張れます。



「愛なんていらない」についてはまた今度!


おやすみなさい。
明日も晴れますように。



さえ

{12E23A14-4B57-447F-BFBC-F0DEA559B463}




Tokyo Rocketsさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス