ボルボ新型 当社デモ車輛登録待ち | 東京自動車興業株式会社のブログ

東京自動車興業株式会社のブログ

軽・小型・普通乗用車から大型・特種車輌に至るまで全ての車輌の
「車検・点検・整備・鈑金・塗装」を受け入れております!!

あけましておめでとうございます。

千葉のえびちゃんです。

今年もよろしくお願いします。

 

さて!

2018年8月をもちまして、日本の車に対する法規が一部改正になりました。

それに合わせて、ボルボトラックも新型になりました!

当初、計画では2018年9月新型切り替えという事で、

8月までには新型入荷。9月から登録開始。としていました。

ところが!

ここ年末になりまして、ようやく当社到着。

フロントグリルは「FH16用」を取り付けました。

スライドカプラーも装備!

300mmの移動が可能! 連結する台車に合わせて対応できるようにしました。

デモ車輛ですが、普段はお客様の台車を引いて活躍しています。

車検、定期検査、登録業務などの引取り納車時などですね。

 

ところで、車両法規。何が変わったのか!

ディーゼルエンジンの排気ガス基準の変更

    ボルボはユーロ6の基準でこれをクリア。

    DPFと言われる排ガスを綺麗にする装置も大型化しました。

安全措置の標準装備化

    追突低減装置、車線逸脱装置など安全装置を標準化しなさい。

    ドライバーさんの運転を助け、事故を最小限にする装置ですね。

安全措置にスイッチも増えました。

・車線変更時、左隣に車輛がいた場合の警告ブザー

・ウインカーを出さないでの車線変更警告ブザー(居眠りなどの車線逸脱も兼ねてます)

・車間に合わせての警告。前方追突の低減ブレーキ

 

プラス!

・クルーズコントロールに車間センサーが作動する事で、前方の車間を維持。

 追従装置付きです。(乗用車みたい!)

・ダイナミックステアリング装置  従来のパワーステアリング(油圧)にプラス!

 電気モーターによるパワーステアリング装置を追加。

 とてもトラックとは思えないハンドルの軽さ。ドライバーさんの疲労低減につながりますね。

・I-パークール(アイパークール)  エンジン停止時の冷房エアコン。

 進化したパーキングクーラーも標準装備。当然パーキングヒーターの装備はそのまま。

 車内での待ち時間に無駄なアイドリングが無くなり、燃料消費の低減。環境に優しい車になりました。

 取引先様にもきっと良い印象を与える事でしょう。

その他。

馬力も上がりました。

  エンジンの音が小さくなりました。

    乗ってわかる。よりスムーズな走りになりました。

紹介しきれない新型ボルボ。

是非、デモ車に乗りに来てね。

     出張デモランも受付中! ご相談ください!    

                                      では!

 

HP見に来て下さい!!!東京自動車興業株式会社