最高のデザインに TCBの二重術埋没法 | 東京中央美容外科・美容皮膚科 青木剛志 美容革命

テーマ:

こんにちは!

…いや、こんばんは!な時間ですね今回は。

 

気付けば11月も1週間が経過、またまた時間が空いてしまいました…。

本日11/7は2017年の立冬だそうで。肌寒さ的にはとっくに冬になっていた気がしないでもないですけどね。

 

それと、11/7は「鍋の日」でもあるそうです。

 

あったか~いお鍋、寒い季節にはたまりませんね。

 

かつお節やめんつゆでおなじみの食品メーカー、ヤマキが制定したもので、その理由は「11/7が立冬になることが多いことから」だそうな。

 

…まいったな立冬の話に戻ってしまった。

まぁ、冬の鍋が素晴らしいことには何ら変わりはないからいいでしょう!

 

 

はてさて気を取り直して、今回はTCBの人気施術、二重術埋没法の症例写真をご紹介します。

 

20代女性 二重術埋没法 エタニティパーフェクト(平行)

 

術前 正面

 

術後 正面

 

術前 左

 

術後 左

 

術前 右

 

術後 右

 

素晴らしい変わり様ではないでしょうか。

 

今回行った施術は、二重術の中でも平行型と呼ばれるものです。

そもそも二重まぶたというのは、目頭から目尻にかけて二重が広がっていく「末広型」と、全体に二重幅がある「平行型」に分けることができます。

 

本来日本人は末広型が多く、また日本人に最も似合うのは末広型であるといわれています。

対して平行型は、末広型以上に目を大きく見せることができるため、ハーフのような印象となり、若い方々に好まれる二重です。

時代の流行りというものですね。

 

 

TCBの二重術は、単に二重を作り出すものではなく、患者様が理想とする二重を創り上げる、自信をもっておすすめできる施術です。

 

 

《 施術についての詳細 》

◆二重術埋没法◆
まぶたの数ヶ所を専用の糸で結び留めることで二重まぶたをつくる施術です。切開する場合に比べて傷は目立たず、腫れも少ないことが特徴です。施術は15~30分ほどで終了します。

 

◆価格◆
施術プランにより異なります。
両目 4,440円~578,880円(税込)

 

◆想定されるリスクなど◆

・腫れ

術後から腫れがありますが、数日~1週間でほぼ落ち着きます。
周囲に馴染み自然な感じになるまでには1ヶ月ほどかかります。

・内出血

稀に内出血が生じ、まぶたが赤紫色になる場合があります。
大抵の場合はメイクで隠せる程度で済み、時間経過で必ず消失しますのでご安心ください。

・左右差

元々の骨格や目の形により、左右差が生じる場合があります。

・角膜損傷

糸がほどけるなど、何らかの要因で結膜側へ糸が露出する場合があります。
まばたきするとチクチク痛む、涙が止まらないなどの症状が現れた場合、露出した糸が眼球に影響を与えている可能性がありますので早急に再診してください。放置すると角膜が傷つき、不可逆的な視力低下を引き起こす恐れがあります。

・術後

洗髪、シャワーは当日から、洗顔、入浴、化粧は翌日から可能です。ただし、痛みがある場合は2~3日様子を見てください、また、コンタクトレンズの着用は2日後からとなります。

 

 

症例写真をご覧になってピンときた方は、ぜひ下記バナーからお気軽にお問い合わせくださいね。

 

↓私が院長を務める郡山院の方はコチラから↓

 

↓その他の地域の皆様は、コチラで最寄りのクリニックをご確認ください↓

美容外科医 青木剛志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります