強い風の中

まぶしいくらい蒼い空を見上げると

そこには真っ白な月が
真ん丸なフランの瞳のような月が浮かんでいた


$フラン、月に行く-DVC00253.jpg

フランの大好きなボールのような真ん丸さだ


わかったよ


これからは、そこにいるんだね?


ノエルとの散歩のときにも、空を見上げよう


月が出ている時はフランも一緒に歩いているって
ノエルにもおしえてあげよう


$フラン、月に行く-091011_072811_ed.jpg
AD
秋の日、

蒼く澄み切った空がとても高く
どこまでも高く


強い風が吹いていた

前夜、
たくさんの雨が降った
とても激しい雨が降った



いつまでも悲しんでいたら、
フランが気遣って僕の足もとを離れられないから


風は


決して、後戻り出来ないように
強く吹いては、フランを乗せて空へ昇っていく


蒼く澄み切った高い空へと
AD
「さみしいよ・・・・」

一度だけ心の中でつぶやいた

「いや、さみしくない」
     すぐに打ち消した

「楽しかった、楽しかったよ、たくさん、楽しいことがあったね
一緒にいることが出来てしあわせだった・・・フランもそう思ってるかい?」

そう胸の中で言う
AD