日頃より東京23FCオフィシャルブログにお越し頂きありがとうございます。

先日行われた関東サッカーリーグ1部前期第9節ヴェルフェたかはら那須戦(2-0)を終えて、監督・選手のコメントです。


★土屋慶太監督

会場まで駆けつけて応援してくださった皆さま、暑い中、最後まで熱い応援ありがとうございました。

前半の立ち上がりは相手の攻撃に対応できず、ボールを奪っても効果的な攻撃ができませんでした。その中でまず失点しないことを優先しつつ少しずつ修正して、最終的には勝ち点3を取ることができてよかったです。

日立ビルシステムの皆さま、関係者の皆さま、たいへん暑い中試合運営にご協力くださいましてありがとうございました。

リーグ戦前期を終え、順位は3位で失点数は2番目に少ない成績で、全力を出し切ってくれた選手たちや応援し続けてくださった皆さまに感謝しております。

まだ厳しい状況ですが、やることは目の前の一戦一戦に集中して、できる限り多くの勝ち点を積み重ねていくことです。

引き続き応援の程よろしくお願いいたします。





★渡邉敬人選手

途中出場となりましたが、相手のボランチもかなり上手い選手だったのでそこをしっかり元気(MF/4)と一緒にケアしながらチャンスが来たら攻め上がっていこうというベンチからの指示を受けて試合に入りました。それを我慢強く実行できて得点や勝ちという結果に繋がったと思います。

リーグ戦残り半分ですが僕たちはもう勝ち続けるだけで、順位を気にするのは最後の1試合だけでいいかなと思っているので1試合1試合チャレンジャー精神を持って目の前の相手と戦って勝っていくしかないと思っています。

これからも厳しい戦いが続きますがサポーターの皆さんの応援が必要なので引き続き熱い応援をよろしくお願いします。暑いので水分補給はしっかりやってください。今日はありがとうございました!





★佐藤建太選手

前半はすごく流れが悪く押し込まれる場面も多かった中、そこで耐えて0で抑えることが出来て、後半2点獲ってくれて守備は無失点で終えられ結果勝つことが出来て良かったです。

ピンチも多くあった中で自分の前の全員が頑張ってくれて最後は自分が止めるだけだったのでみんなに感謝です。

個人的にも去年の93日以来の公式戦だったのですが、今日は皆さんの応援もあって落ち着いてプレーすることが出来ました。このままひとつひとつ目の前の試合を戦っていきたいと思いますので、サポーターの皆さん引き続き応援よろしくお願い致します。






TOKYOPRIDE
〜都民の誇りとなれ〜