無性に見たくなる時がある

テーマ:

それは「昔見たアニメ
高校生・大学生の頃、斬新で驚異的なストーリーのアニメが乱立していた。

それまでのロボットアニメとは一線を画することで有名になった「機動戦士ガンダム」を始めとして、その後に放送された「イデオン」などもそう。
富野由悠季さんの監督作品は、何故かしら琴線に触れる内容が多かった。
イデオンは特に印象が強く、ガンダムもそうでしたが映画館でしっかりと見ましたね。通常のテレビでは流せなかった内容が映画で映しだされるのを見て感動したことも覚えております。
あ、そうそう。この「イデオン」の映画。
そのころ付き合っていた彼女(高校生の頃です)がいて、「一緒に見に行こうか」とか誘ったのはいいのですが、当日彼女が遅れまして見つからずじまい。そしたら何と!ニィナ・カンナの元男親とそこでばったり会ってしまって、そいつと映画観た(イヤな)記憶もダラダラと残っておりますw
その後、映画が終わってから彼女を見つけて飯食いに行きましたが。

閑話休題:
毛色が違うところで言えば「超時空要塞マクロス」なんかも自分がハイティーンの頃だったと思う。
これで私はリン・ミンメイ役の「飯島真理」と遭遇することになります。
「飯島真理」のことについては以前のブログのどっかに書かれていますので、必要とあれば探して読んでみてください。ページ探すのが面倒なモノでしてw

マクロスの次には「オーガス」そして「サザンクロス」とかも続けて見ていた(ような気がする、「オーガス」は記憶にあるが「サザンクロス」はおぼろげな記憶しかない)。
「オーガス」でヘンなキャラやってる銀河万丈さんの声だけが記憶の片隅に残っております。「シャイアさ~ん」というアレ(ワケワカンネ

タイムボカンシリーズ」はタツノコプロの代表作品。金太郎飴ギャグアニメとして有名だが、あれはあれで良かった。安心感とでもいうのだろうかw
でもタツノコプロの作品といえば、「キャシャーン」か「科学忍者隊ガッチャマン」が好きです。

子どもたちが主人公の作品で記憶に残っているといえば「バイファム」というのがあった。オープニング曲が斬新だったので強烈な記憶がある。それまでは日本語でアニメタイトルを連呼するような曲が多かったのだがこの曲は歌詞が全編英語。しかもカッコイイ(感じがした)。

ロボットアニメで「男の」ストーリーを感じさせる作品であれば、「装甲騎兵ボトムズ」を挙げるだろう。主人公キリコ・キュービの声を当てたのは、あの頃急上昇だった「怪物ランド」のメンバー、郷田ほづみだった(かな?すごく中途半端な記憶)。これがうまくマッチしていたんだな。つまり素の郷田と記理子役の郷田のギャップ。今でいえば「ギャップ萌え」w

魔法使いものも見ていた。現代で言えば「ラブライブ」にハマるようなもの(か?譬えが悪いかもねw)。
もう35年前の話なので記憶違いもあるかもしれない。
あれ、日曜にの午前に放送していたと思うが。詳細を知りたければWikiなどでチェック!
最初は「ラブラブミンキーモモ♪お願いきいて~~」な「魔法のプリンセス ミンキーモモ」を見ていたな。というのも弟が見ていたのを横目でちらり状態だったのだが、途中からガップリ四つに組んでw率先してみてました。
次に、小学生が魔法で大人のアイドルに変身するといったシチュエーションに萌えたw「魔法の天使 クリーミーマミ」。これはヤバかった。何せキャラを描いていたのは高田明美さん。マジにドストライクな画でしたね。
そういや以前、クリーミーマミを車体に描いていた「痛車」を見かけました。
しかし、写真のフォルダーを探してみても見つからず。
代わりにこんなモノをスキャンしていましたので

クリーミーマミのOVA宣伝ポストカード。

なぜこんなモノが手元にあったのかは極不明


そして今。
何を見たいか。
その頃にトリップするなら「ゴーショーグン」は外せません。なぜかしらあの破天荒なキャラとストーリーをもう一度なぞってみたい。
ボトムズ」も本編・OVA・スピンオフ含めてすべて見てみたいような気がする。
それから「モスピーダ」という作品。歌ありバイク変形あり両性具有ありの、しかも砂漠を疾走するとか歌手がそのオトコオンナだったり(書いてる自分も記憶が滅茶苦茶だったりするw)。
そんな楽しく実験的なアニメが80年代は山ほどあった。

現代のアニメはというと。
私なりの感想を一つ言わせてもらうと。

完成形

可もなく不可もなく。
安定が主体で、実験・冒険の類は少なく。
いかにグッズ販売を成功させるかといった二次(副産物)主義になっているような。
そういった「商業アニメ」かな、と。
良い悪い/好き嫌いは別として、我々ティーンエイジの頃は、粗削りでしかも作成者が楽しく世に出していた、と感じるモノが多かった。
もう一度、あの頃に感じた感動を味わいたいと思うのは、ジジィゆえの郷愁か。

 

AD